« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月14日 (月)

オサルの新ブログのお知らせ

Yunit Robotics Blog

もうすぐ作る、つくる、できる、と、ほとんど「オオカミが来るぞー」のごとく言い続けていたオサルの新しいブログが、やっと立ち上がりました。


これで思う存分、自分のやってることをアピールできるでしょう(笑)
もともとオサルのものづくりは、小さいころから

「こんなの作りましたあ」→ハハが面白がってネットに上げる→反応を頂く→情報を頂いてイベントを知って出ていき先輩ロボットビルダーに会う→うれしくなってさらに作って見せる→反応を頂く→うれしくなって・・・

の繰り返しを回してきて今がありますので、
思いつきだろうが考えが中途半端であろうが、彼は「こんなのやってまあす」と今の考えをワアワア周りにアピールしながらものを作ることしか、できないようであります(笑)

ですからツイッターでもブログでも、怪しげなことを書いているかもしれませんが、悲しいかなど素人のオサルのハハではどうしようもありません。

幸い、オサルには技術的におかしなことをいったらびしっと突っ込んで下さる諸先輩方がたくさんいて下さいます。皆さまありがとうございます。
特に、オサルのハハが勝手に「東西の大御所」とか「ご意見番」とか呼ばせて頂いている関東のカンタンクさんと関西のZakさん、おふたりともオサルが不用意なことをつぶやこうものなら間髪入れず指摘して下さり、大変ありがたく思っております。ありがとうございます。

皆様にご指摘頂くお陰さまで、随分修正ができているとオサル本人も感謝しております。
新しいブログができて、またオサルが不用意にワアワア言う場所が増えたわけですが、もしお時間などありましたら諸先輩方からも突っ込みを入れて頂ければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 6日 (日)

NESTロボコン2015と、オサル近況

P1080715_4

2015年8月30日、都立高専にて開催された「NESTロボコン」の各競技開催前に、「ロボカップ2015中国合肥世界大会報告」の時間がありまして
オサルがロボカップジュニア・サッカーについて報告するというので、これは見ておかねばとオサルのハハも都立高専まで出かけました。

↑画像はプレゼン前の会場の様子。参加者は小学4年から高校生くらいまで。そしてほとんど男子。オサルの小さいころを思い出しますな。

オサルのプレゼンの動画はこちら→ 世界大会レポート・プレゼン
あとからオサルに聞いたところでは、かなり年齢層が上向けの内容になっているそうで。会場の小学生は飽きたんじゃないかな。彼らにもわかりやすい内容があるとよかったんだけどな。


さて、世界大会まで行ったオサル参加のロボカップジュニアチームは、今はもうありません。世界大会後、解散となったそうです。オサルから聞いたところだと、お互いやりたい方面に進んでいく上でチーム解散になったとのこと。でも、Kp氏とオサルのいい仲間としての関係は続いているようなのでよかったと思っています。Kp氏、Kbys氏本当にどうもありがとうございます。これからも馬鹿ザルをよろしくお願いします。
また、オサルが高専入学後に入ったロボカップジュニアチームグループ「Gcraud」も、解散となりました。チーム本家の先輩二人がジュニアの年齢制限を超え、またほかのチームもそれぞれの事情で解散となったため終了となったそうです。Gcraudの先輩方、オサルが大変お世話になりありがとうございました。

と、いうわけで、只今オサルはまた一匹に戻ってしまいました(笑)
ずっと「同じ年の仲間が欲しい」と言い続けていたオサル、今まで念願の同い年チームを組み他のメンバーと組んで何かを作ると言う貴重な体験をさせて頂きました。が、早々にまた一人になってしまった(汗)
ロボカップジュニア次大会のための新しいメンバーはもうお願いした人がいるそうですが、うまく進めて行ってもらえたらと思います。

只今オサルは活動名を新しくunit(ユニット)として、再びロボカップジュニアの世界大会(今度はドイツ?)に向けて活動開始しています(今も新しいセンサーにトライし、てこずっているらしく、盛大なボヤキが聞こえてきます)。今のところロボカップジュニア世界大会でドイツに行きたいらしく、そこまでは彼の方針は決定してるらしいです。その後は二足歩行ロボット(あるいは多足)をやると言っていますが、言うことがころころ変わるので先はわかりません。
本人は今後YunitのTadaで行くつもりのようですが、「オサルくん」で知っている方はどうぞ「オサル」で呼んでやって下さい。今でも、変わらずオサルさんです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »