« オサル7号!! Making..Ⅵ | トップページ | 気が付いたら中学三年生(゚д゚;)! »

2013年3月23日 (土)

オサル7号!! Making...Ⅶ

Ⅰ=1
Ⅱ=2
Ⅲ=3
Ⅳ=4
Ⅴ=5
Ⅵ=6
Ⅶ=7

だから、この記事は「オサル7号! Making..Ⅶ」である。
慣れない記号使うと訳わかんなくなりますね、注意しましょう(笑)

さて、前回の記事に沢山のコメントありがとうございました!
一度に3回ほど、お叱りの言葉を頂きました(#・Д・)ノ

前回の記事をUPし、その日の次の授業。
丁度、社会科の授業中にあの板金の曲げ方に疑問を抱く(授業はちゃんと受けた

そう、前回の
4_2
※前回の記事にUPした画像

コレですね、展開図を書こうと思った時に、再現不可能な部品である事が判明w
明らかにフレームの一部を巻き込んでしまいそうな構造です。
(フィレットかける時になにか違和感を覚えたんですよね^^)

そして、早速修正を加える。
6
一見、上の部品と何も変わってないように見えるこの部品ですが、上の部品に比べて大分マトモになってます。
あとは、A4さんのブログなど参考にしながら、展開図を書いていきます。

P1070756
7

最終的に「オサル5号」の顔を受け継いだ「オサル7号」。
オサル7号のコンセプトは、オサル5号の「最終形態」を作ることだったので、お顔は引き継ぎます。
 
8
胴体の主な部品配置。

VS-RCをこの方向に配置するのは今回が初めて。
そして、VSRCを避けるように中央2枚のプレートが橋を作る構造です。

3DCADを使えるようになったから出来た設計の一つです。
使い慣れたら最強のツールですね3DCADは。

9
10
オサル6号の時にやりたかった「VS-RCを高床式にする」
今回やってみようと思います。

ちなみに、シルバーのパーツはt2のアルミを予定してますが、コレ位は手加工出来るので手加工したいと思います。
ただ、t2のアルミは多めの曲げ穴がないとかなり曲げるのが大変だった覚えがあるので注意したいですね。
カラーリングで「検討中」の枠に入っている事を示す「シルバー色」なので、ここから調整を加えていきたいです。

この部品、胴体のベースになるからそれなりの強度が欲しい!
一応、あと一箇所に曲げを加えて強度を稼ぐ予定でいます。
11
ROBO-ONE規定を当たり前のようにオーバーするオサル7号・・・

まぁ、ROBO-ONEは出る予定無いんですけど、一応ROBO-ONE規格の定規を作ってみました。
肩幅を小さくしたつもりですが、やっぱオーバーしましたね・・ (爪がデカイだけ

いくらなんでも爪がデカ過ぎた気がするので、少しカットしようと思います。
爪切りですね。

12
立体感☆
肘なんとかせねば肘・・・ (かなり前から言ってる

|

« オサル7号!! Making..Ⅵ | トップページ | 気が付いたら中学三年生(゚д゚;)! »

コメント

その絵の通りに加工は出来るけど、その絵の通りの形にはならないよ
角で曲がらないからね。
(伸びしろ計算してあげればいいけど)
普通の設計では、プレス加工品で無ければ
曲げ部の両側に逃げを付けて回りを引っ張らないように、かつ加工が簡単になるようにします。

http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1206/08/news008_2.html

こんな感じで最近は色々情報がネット上に上がってるから調べてみよう、

投稿: カンタンク | 2013年3月24日 (日) 02時16分

>3DCADを使えるようになったから出来た設計の一つ

当たり判定が画面の中でできるのって、ラクでっしゃろ(笑)。ヲイラが3D CADサマサマなのは、そのせいなんだよね。

あと、書き直した絵はたぶん問題なく製作できると思います。適切な曲げ代と曲げ穴さえ確保されてれば…(^_^;)。

投稿: Zak | 2013年3月24日 (日) 18時44分

@カンタンク先生

伸びしろを計算に入れているので大丈夫だと思います。
曲げを逃がす部分は設計するべきか考えたのですが、きちんと伸びしろを確保しておけば大丈夫だろうと思い、こんな形になりました。

>こんな感じで最近は色々情報がネット上に上がってるから調べてみよう
インターネットもよく使っているつもりですが、機械関係のサイトは極端に難しい場合が多いので普段はあまり使いませんでした。
でも紹介していただいたサイトは分かりやすかったです^^

投稿: オサル | 2013年3月26日 (火) 17時04分

@Zak先生

>当たり判定が画面の中でできるのって、ラクでっしゃろ(笑)
そうですね、やっと3DCADの本当の利点を使えたような気がしました。
2Dでやるとどうしても平面のつなぎ合わせたような部品が出来上がってしまうことが多かったのですが、3DCADは立体構造もカンタンに考えることが出来ますね。

干渉部分を無くしつつ、立体的に複雑な構造を考えることも出来るので設計の幅が広がりましたね。

>適切な曲げ代と曲げ穴さえ確保されてれば…(^_^;)。

展開図をしっかり書けるか不安です・・(´・ω・`)

投稿: オサル | 2013年3月26日 (火) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オサル7号!! Making...Ⅶ:

« オサル7号!! Making..Ⅵ | トップページ | 気が付いたら中学三年生(゚д゚;)! »