« オサル7号!! Making...Ⅱ | トップページ | 関東練習会レポート & 期末試験-一週間前! »

2013年2月11日 (月)

オサル7号!! Making...Ⅲ

期末2週間前になって範囲が配られる前にロボット進められるだけ進める。

あと、今週中に社会科見学。

班長の中の代表になっている以上、しっかり計画立てないとマズイのでその辺もしっかりやる。
さて、オサル7号のメイキングの3回目。
今回は、手加工で部品がどんな感じで仕上がっていくかご紹介。

これを見れば、手加工でロボット作るのがどんだけ大変か分かると思います(笑)

P1070613
さて、コイツは足フレームのパーツの一部。
材料はポリカーボネイト、厚さ(t)は2mm

本当ならCNCで削るのを想定してたんだけど、コレ位頑張れば作れると思い、手加工する事になった。

P1070640
さて、手加工でロボットの部品作るわけなんだけど、よく僕のロボットを見てくれる人の中に「よく手加工でそんなに精度出せるね」といってくださる人がよくいます。
毎回ドヤ顔させてもらってるんですが(殴

その理由ともいえるのが「思い立ったが吉日」で、関東練習会などを主催されている石川さんから貸してもらっている「オプティカルセンタポンチ」。
イカツいネーミングですが、コレのお陰で自分のロボットは動いている、といっても過言ではありません。

コレを使うか使わないかで本当に部品の精度が変わってきます。
ロボットの設計では、基本的に部品同士のネジ止めで形をつくりますから、穴の位置の精度は非常に重要なんです。

なので、大げさに言えば、ニッパーで切って作った部品でも、穴の精度さえ良ければ二つの部品を精度良く固定出来る。
自分の設計するロボットも、基本的にはその考えに沿って設計されています。

精度を出せる意味では文句なしのオプティカルセンタポンチ。
ただ、、精度を極めたがために少し手間がかかってしまうのが欠点。
部品精度には変えられないので、自分はそれについても文句無いですが。

P1070641
「オプティカルセンタポンチ」のレンズを上から覗く。

ガラスに十字が引いてあって、その十字と図面に書いておいた仮点とを合わせる。
そしたら、レンズと金属ポンチを交換し、打ち込むという仕組み。
金属ポンチの先端は、このレンズの十字の真ん中に落ちるので、この写真の時点でしっかり位置合わせをすれば、まず狂わない。

P1070642
金属ポンチ。
金属って、当たり前か。(分かりやすいかな?!)
このポンチ部分、アルミを叩く事は殆ど無いので、全く消耗しない(笑)

(これを貸してくれた石川さん、本当に役に立ってます。 感謝してます)
P1070645
さて、全てのポンチ打ちが終わる。

ここまで6分

P1070646
両端の穴はΦ5なので、ドリルの刃が入りにくく、安定しない。

なので、センタードリル的なもの(面取りドリル)を使って5Φが空く予定のポンチ穴を広げる。
これによってドリルの刃が中央に入りやすくなる
P1070648
穴空けの前に切断加工に入る、オレ流のスタイル。

何故かって、穴あけた所で板の強度が下がって切断しにくいし。

アルミ加工する場合だと、穴あけを最初にやりますね。

使用するノコギリは塩ビ用のノコギリ。
直線の加工専用に購入しました、かなり使用頻度が高いノコギリです。
P1070650
一本切り込みを入れた時に撮影。
線に合わせてノコギリを走らせます。
この時、0.2mm程度の精度を保つのが自分の中での目安。

だが、一回の切断で0.05mm以下の精度が出せるCNC達とは肩を並べられない。
いいだろう、今回の機体で初CNC予定だからなッ!

精度良さげな感じに見えますけど、結構雑に切ってます。
大体線から少し外側を走らせるような感じ。
でも、ノコギリできった面をそのまんま材料として出す時もあるから、結構慎重に削る。
どっちだよヾ(゚д゚;)

P1070651
全部切り終えた。
直線だらけだからそこまで時間はかからない。

この作業で10分ぐらい。
ここからヤスリがけと穴あけ、バリ取りと仕上げに移っていきます。

P1070653
曲線部分をヤスリで仕上げる&ノコギリの加工面をヤスリ仕上げ。

まずはR部分の角丸め。
平ヤスリで丸めていきます、結構難しいです。

慣れれば簡単、以前グラインダーでやってましたが、それよりも精度UPと時間短縮が期待できます。

あらゆるヤスリを駆使して面を整えます。
特に、接着する面は、90度の直角を出さなければいけないのと、表面を少し荒らす必要があるので、少し苦労します。
角は、90度エッジを丸く削るのは力もいるし、大変なので、ある程度ニッパーで切り落としてからヤスリがけします。

P1070654
外側の加工終わり、バリは残したまんまです。

このヤスリがけ、地味な作業なんだけど、すごい大事な技術だと自分は思う
本当に奥が深い、自分の技術力がそのまんま形になる。

今は誰でもお金出せばCNCで加工されたピンピンのパーツが手に入るけど、手作りではそうはいかない、ヤスリがけの技術は金では買えない
だからこそ価値がある、大切な技術だと思うわけ。

まだ3年しかやってないけど、自分の中には三年間汗流して部品作ってきた経験が宿ってるハズ。

コレをやるんだったら、多分誰にも負けない...(´・ω・`)?

P1070656
その昔、お年玉全部つぎこんで買ってもらった卓上ボール盤。

未だに使用しております。
やはりチャックの精度が甘い、深く噛ませないと芯がブレるな...

チャックだけ良いやつ販売してないのかな?
規格とかあって面倒そう..
てか、まずどうやって外すんよチャックww
P1070657
樹脂に穴あけする時には、樹脂加工専用のドリル刃を使用します。

昔、SISOさんに教えてもらった、エッジを削った樹脂専用ドリル刃。
Φ7程度まで、下穴なしで穴あけが可能です。
(推奨しません、下穴は空けましょう、最近はちゃんと下穴空けてますw)

写真はシリコンスプレー吹くぜぇ って所。
シリコンは熱に強いのと、樹脂を痛めないので、樹脂加工の時にはノコギリ、ドリル刃問わず吹き付けます。

オススメの品であります
P1070658
今回、記事書く用に余った二つだけ加工してるけど、スゲェ効率悪い。

一回でコレしか穴あけしないのは効率悪くて仕方が無い。
まとめて製作すると、一つ当たりにかける時間が短縮できます。
(製品量産すると値段下がるのと同じかな?)

写真は、穴あけ終了したときの画像。
穴空けは、小さい穴から順に行いましょうw

穴あけは、ボール盤と言う名の便利さもあって、5分程度しかかからない。
ただ、部品の量によってはバカにならない時間になる。

P1070659
さて、このパーツの場合、肉抜きがあるパーツなので、中を抜かなくてはいけない。

中にボコボコあいている穴は、肉抜きの形状のRがかかっている部分。
だから、穴同士をつないでいけば、キレイに(?)くりぬくことが出来る。

穴の一つに糸ノコの歯を入れて、そのまんま材料をダイスに入れて固定。
ギコギコすること10分...

P1070660

P1070662
本当に「穴と穴をつなげた」だけ。

さて、ここからがメンドクサイ。
少ないスペースのあの窓をヤスリで整える、このパーツ作る中で一番ダルい作業。

たまに頭の中にこの中の窓に沿ってエンドミルが走っていく姿が思い浮かぶ。
どんだけ楽なんだろうな...

まあいい、俺は手加工で行く。

P1070664
ぬう、まだバリは残っているが、なんとか形になった。

ちなみに、この形状を作り上げるのに、7種類のヤスリを使い分けた。
ただのバカである。

P1070655
コイツを使ってバリを取る。

確か、すごい前にZak先生から頂いたものなんだけど、アルミ削んないから未だに生きてる...
Zak先生、ありがとうございます^^

P1070665
未だだ、まだ終わっていない!!
そろそろ終盤、バリも取ったパーツの接着する面をヤスリがけ。
使用するのは600番の耐水ペーパー。

ポリカーボネイトは表面がツルツル過ぎて接着が甘くなってしまうので、表面を荒らして接着剤の乗りを良くします。

これはABSでも同じですが、ポリカはABSに比べるとやはり接着材となじみ難いので、こういう事をしないといけない訳。

P1070667
その前に、まずシールを剥がす。

この作業が地味に大変だったりする。
ライター用のオイルとか使うの良いらしいけど、そんなもん買ってきたら親が黙っているわけが無い。

ってことで、熱めのお湯につけて糊が溶けるのを待つ。
あとは剥がすだけ。

紙クズうぜぇ(#・Д・)ノ

P1070669
The END

完成です!
ついでにシール剥がしの時に追加したABSのパーツも追加で記念撮影(*´∀`*)

ここまで約1時間ちょい。

いやぁ、ポリカーボネイトのパーツが、ヤスリでつや消しみたいになってるのが凄く好き。
部品が完成すれば、さっきまでの苦労は吹き飛びます。

手加工で出来上がった部品には「愛」が宿るんだぜ!
絶対に壊れないんだ!



さて、なぜこんなに気合入れて「手加工」に関する記事書いたかって・・・

残しとくため です^^
最後まで読んでくれた方、ありがとうございました!

|

« オサル7号!! Making...Ⅱ | トップページ | 関東練習会レポート & 期末試験-一週間前! »

ロボット・その他」カテゴリの記事

コメント

ありえん・・・そんな荒いノコギリで何故ぴったしGraze出来るんだ^^;
しかも驚くほど早いw

18歳のとき、初めて自分のロボットの部品をノコギリでぶった切って作ったときのこと思い出しました。
愛着沸くよねーホント。
NC使うようになっても、気に入った部品には愛着わくと思うよ。
初めて○○さんを倒したときの腕、とかww

投稿: A4 | 2013年2月13日 (水) 22時41分

>チャックだけ良いやつ販売してないのかな?
規格とかあって面倒そう..

普通のチャック。

http://www.monotaro.com/g/00004364/

そのサイズのドリルチャックだとJT.NO.6とかかな?

まあ上のはとりあえず安くておすすめのチャック、
自分の貧弱小型ボール盤にも付けてるけど、甘くチャックしてもビシッとセンター出る普通のチャック


キーレスドリルチャック

http://www.monotaro.com/g/00023474/
ブランド品。

http://www.monotaro.com/g/00004368/
日本ブランド

http://www.monotaro.com/g/00014826/
安物

旋盤で安物のキーレスドリルチャックを使ってるけど、手で軽く締めれば緩まないし、緩めるのも簡単、凄くお勧め、

ドリルにキーレスドリルチャックを使って無い理由は自分のボール盤6000円程度の卓上小型タイプ・ それに1万程度のチャックは勿体ないと思ったから。
おさる君が使ってるサイズのボール盤なら迷わずキーレスかな?

投稿: カンタンク | 2013年2月15日 (金) 23時21分

@A4先輩

>ありえん・・・そんな荒いノコギリで何故ぴったしGraze出来るんだ^^;
>しかも驚くほど早いw

ありがとうございます!
自分の一番極めた技術なので、そういっていただけると本当に嬉しいです(笑)
ここまで来るまでに、結構努力しましたから!

>初めて○○さんを倒したときの腕、とかww
確かすごい前(わんだほ~優勝された時?)に、A4さんがNAKAYANさんのレグホーンに勝って優勝が決定した時の笑顔・・・(笑)
あの頃はまだA4先輩とあまりお話した事も無かったと思うんですが、いまだに覚えてます。

自分もいつかああなりたいな~と思った一瞬でした^^

た今も、手元にあるHammre Head ALICIA のパーツを見て研究させて頂いています。

投稿: オサル | 2013年2月16日 (土) 10時23分

@カンタンク先生

自分は工作機械関係の知識は全然無かったので、とても助かります、ありがとうございます!

あ、キーレスのドリルチャック・・・
丁度気になっていて、いつか質問しようかと考えていたんですが、情報本当に助かります。ありがとうございます。

紹介していただいた物を全部見たんですが..

一番上の安物とはいえども、結構精度が良い様ですね。
少なくとも、ノーマルで付属してきたチャックよりかはいい物だと感じられました。

キーレスのチャック、少し値段が高いですね。
でも、値段相応のいい物であることは見て分かります、自分も実際に手で触ってみて、これはいいと思った覚えがあります。

自分は「キーレスの安物」
を考えています。

一つ質問なんですが、チャックを外すにはどうすればいいんでしょうか?お願いします。

キーレスタイプでは無いので、車軸を叩き込むことは可能なんですが、本体を分解せずに外す方法があればそっちを使いたいです。

投稿: オサル | 2013年2月16日 (土) 10時35分

まず、チャックとボール盤の接続がどうなってるかの確認、

ボール盤の型番等調べてテーパーでハメ合いなのか?
たまにあるのがネジ式

ハメ合いならばクサビを入れてぶっ叩く。
基本ハメ合い式はクサビ入れてブッ叩く以外の取り外し方法無いです。
(ちょっと考えてある物だと、チャック取り外し用のネジあったりしますけどね)

ネジ式なら素直にネジで外す。

その後テーパーならテーパーサイズの確認(メーカや型番によって違ったりするので要確認、説明書や、型番から確認出来ているなら)

チャックの購入、確認出来ているならはじめに買っとく。
で、テーパー清掃してはめ込むだけ。

投稿: カンタンク | 2013年2月17日 (日) 11時33分

@カンタンク先生

やはりブッ叩くしかないんですね。
説明書もとってあるので、確認したら直ぐに注文出来そうです。

本当に助かりました、
丁寧な説明、ありがとうございます。

投稿: オサル | 2013年2月17日 (日) 16時12分

つか、ウチのボール盤は購入時にチャック外れてて、自分でハメる式だったんだけど、そっちのは最初からチャックついてたのかな(^_^;)?

テーパーに何種類かあったハズなんで、違うの買うとハマらなかった気がしやす。お気をつけを…

投稿: Zak | 2013年2月19日 (火) 20時24分

@Zak先生

情報ありがとうございます。
説明書読みましたが、JT.NO.6という規格で大丈夫そうです。
自分のボール盤も、最初はチャック外れている状態だったのですが、チャックの取り付け方を見てビックリw
ハメ込むだけかい! って。

でも、結構ビシッっとセンター出ますし、落ちないんですよね、凄い。

あの頃、こんな固定方法で緩むんじゃないかと思って、結構硬めにハメ込んだ覚えが(´・ω・`)

投稿: オサル | 2013年2月20日 (水) 16時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1059378/49340350

この記事へのトラックバック一覧です: オサル7号!! Making...Ⅲ:

« オサル7号!! Making...Ⅱ | トップページ | 関東練習会レポート & 期末試験-一週間前! »