« 第20回ROBO-ONE オサル6号の第1回戦 | トップページ | これから先~ »

2012年3月26日 (月)

第20回ROBO-ONE終わり

***********************************

start:                        // ROBO-ONEを反省するためのプログラム

P1060510_2

オサルです。

第20回ロボワン参加してきました。
控え室の様子。

何で机も電源も無いのだぁ??
まぁいいや、前回と同じだ。
食事も床で済ませました(´・д・`) …

P1060514_2


出番ギリギリまで故障→ギア交換→モーション調整→断線→はんだ付け・・・ 続く

マシントラブルが多すぎたのが一番良くないですね。
バトルもマシントラブルで負けてしまいましたし・・・。

大きすぎ、重すぎ!
今回の経験を踏まえて、今度は小さいロボットも作ろうかな~と思っています。

Photo_2
チョーテキトーに書いた図面。

CADをキチンと使うと楽しい( ^∇^)

R付けるのとかメッチャ楽じゃん!?
削るのは大変だけどさ・・・。

円と円の接線なんて初めて知ったゼ!!
CADはメッチャ早くコンプリートできるのが自分の特技なのですが(え
間違って覚えたらダメですよね(´・ω・`)ショボーン

間違っては無いが、正しく使えてない。
多分オサル5号の図面CNCで切ってもらおうとしても1枚も手元に来ないな・・・。
全部つながってないもん(´・ω・`)

もうすぐ2年生ダー
頑張ろう。

END
***********************************

|

« 第20回ROBO-ONE オサル6号の第1回戦 | トップページ | これから先~ »

ロボットイベント(参戦)」カテゴリの記事

コメント

早くCADを仕上げてね。
みんなで『やさしく』添削してあげるからね。

たのしみたのしみ・・・・・・。

投稿: c4crono | 2012年3月28日 (水) 00時14分

>みんなで『やさしく』添削してあげるからね。
わ〜、ヲイラも混ぜて混ぜて〜(^_^;)。

投稿: Zak | 2012年3月28日 (水) 08時40分

@ちくわさん

>早くCADを仕上げてね。
改めて使うツールが多すぎて頭が混乱している所です(´・ω・`)
で、未だに曲げしろが理解できなくて困ってるんです。

例えばろぼとまさんにある曲げ機を使うとして、外の長さが20mmのコの字型フレームを1mmのアルミで作るとすると、折線から反対の折線までは18.8mm??

見たいな感じになるのですが、正しいんでしょうか??
教えてください ><
ワカリマセン・・・。

@Zakさん
>わ〜、ヲイラも混ぜて混ぜて〜(^_^;)。
え~(´・ω・`)
ちくわさんから分けてもらえるアルミの面積が減っちゃうからヤメテクダサイ・・・(笑)

投稿: オサル | 2012年3月28日 (水) 16時38分

えーと、この字型のチャンネルフレームの外幅が20mmってこと?

取り敢えず、内側の幅は18mmで良いんだよね。
折り曲げ線の間隔が欲しいっていうことで良い?

板厚1mmで折り曲げ線を引く(削る)前提なら
ろぼとまの曲げ機を使って90°曲げなら18.4mmで良いと思うよ。

曲げ機、曲げ方で数値変えなきゃイケないので気を付けてね。

投稿: c4crono | 2012年3月28日 (水) 17時26分

>曲げ機、曲げ方で数値変えなきゃイケないので気を付けてね。

当然、板厚でも数値変わりますからね〜。

投稿: Zak | 2012年3月29日 (木) 15時53分

@ちくわさん、Zakさん

いつも情報ありがとうございます。
1枚の加工券を大事に使おうと思います( ^∇^)

失敗したら、それもまた経験ってことで・・・。
やらないとわからないですからね。

投稿: オサル | 2012年3月30日 (金) 20時29分

>CADはメッチャ早くコンプリートできるのが自分の特技なのですが(え

3DCADを業務で使う場合、複雑な曲線が無ければ、
3軸CNC+段取り変えで対応出来るレベル
なら大体2~3週間位、本格的にやるなら2~3ヶ月って所で誰にも聞かなくても使いこなせる所に行きます。
本当の基本操作は2~3日で覚えます

2DCADなら2~3日が社会の普通かな↑である画像の構成位なら2日目には書ける程度にならないとねえーって感じ、

まあ、別に習得の速さを競ってるんじゃ無くて、中身での勝負だから操作が早かったりしても意味無いんだけどね。


板材の曲げ加工で精度を出したい場合は一度サンプルを作るのが一番、
曲げ機、曲げ板、曲げ角度全てが関わるので意外と難しい加工なのです。(そこそこの精度で作るならコストも安いし良い加工方法なんだけどね)

精度を欲しいなら板材加工の組み合わせが一番精度出しやすいし、調整もしやすいネジ止めの時調整が出来る、
板金は曲げで調整するからビシっとした形が出にくい、その辺の曲げ具合まで許容してあるならOK

大体板金で0.1前後は許容、板のCNC加工だったら0.05前後で収まる(私のCNCだと0.02程度)

投稿: カンタンク | 2012年4月20日 (金) 00時34分

カンタンクさん

オサルのハハですご無沙汰しております。
オサルがなかなかお返事しないので、ド素人のハハのレスですみません(汗)

オサルは塾へ行って、次回の数学の成績で5をとって、以前私が「数学で5をとったら買ってもいいよ」といった「アリブレデザイン」を手に入れる予定だそうです。3Dを入手しないと始まらない、と言っております。

投稿: オサルのハハ | 2012年4月20日 (金) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1059378/44656037

この記事へのトラックバック一覧です: 第20回ROBO-ONE終わり:

« 第20回ROBO-ONE オサル6号の第1回戦 | トップページ | これから先~ »