« オサルのロボットができるまで・その1 切り出し | トップページ | オサルのロボットができるまで・その3 研磨(騒音注意) »

2011年10月 3日 (月)

オサルのロボットができるまで・その2 穴あけ

隣のオサルの作業部屋から、
「あああ!!サーボの向き反対だった!!」
「あれえええええ、どうして動かないんだよぉぉぉぉ!!!」

などと半分悲鳴のような声が聞こえてくる今日このごろ、
みなさまはいかがお過ごしでしょうか(笑)

昨日の「その1」に引き続き、
今日は「その2」として穴あけの様子をご紹介。
小学生のとき、お年玉を使って買った、大事なmyボール盤が大活躍。
myボール盤だけあって、手つきも手馴れたものですな。

|

« オサルのロボットができるまで・その1 切り出し | トップページ | オサルのロボットができるまで・その3 研磨(騒音注意) »

ロボット・こんなの作りました(中1)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは◎
このブログは私と同じクラスの○○ ○○○○くんと見ます※

君って画像加工できる!?!?

良かったらレスお願いします_**

投稿: 1年A組32番 | 2011年10月 3日 (月) 21時48分

オサル

@32番さん

誰でしたっけ?
ごめんなさい

明日学校で。。
では

投稿: オサル | 2011年10月 3日 (月) 22時13分

なんか、ボール盤が奇妙な音を出してますねぇ。今回の製作と大会が終わったら、一度グリスアップした方がイイかもですよ。

たぶん、主軸のグリスが切れかかってる感じがするんですが....そのまま使っていると、ベアリングが摩耗してジエンドですぜ(^_^;)。

投稿: Zak | 2011年10月 3日 (月) 23時10分

こんにちは!!
はじめまして
「見てみなすごいから!」っと言っていました
友達が
すごいですね!
ロボットを作れるなんて!!
尊敬します!

投稿: 通りすがりの47 | 2011年10月 4日 (火) 17時45分

動画からの回転数と音の鳴り具合から見て
ボール盤の損傷個所可能性リスト

1 駆動用のベルトテンションが緩くてカバーにぶつかってる

2 駆動用プーリを固定しているセットスクリューが緩んで来て 内部で暴れている。

上記2点が考えられるので、一度上部カバーを開けて、
プーリにグラつきが無いか、ベルトが緩すぎが無いか確認した方が良いですね。

グリスキレの可能性もありますね。
グリスは適当に安いシャーシグリスを定期的に供給するのが良いです。間違ってもモリブデングリス(極圧添加剤入りの)は使わない方が良いです、逆にボールベアリングの損傷がひどくなります。

投稿: カンタンク | 2011年10月 4日 (火) 23時27分

カンタンクさん

5-56さしたら良くなりました

5-56で大丈夫ですよね?
やばかったり
しませんよね

モリブデングリスは使おうとしてやめました
なんとなく思い出したので

投稿: オサル | 2011年10月 5日 (水) 16時35分

あー
オサル君
5-56はあまりメンテナンスしないベアリングの天敵です・・・
簡単に分かる方法があるので一つ、
板にグリスを少し塗る、5-56を吹きかける
するとどうなる?
5-56によってグリスが流れて、油だけになると思います。
その状態で数日放置すると油も殆ど飛んで油分が無くなるので、ベアリングが傷みやすくなります。
グリスは余程やわらかい物で無い限り残ってるはずです。

大会終了後で良いので、ベアリングにはグリスを入れてあげてね。
入れ方は、100円ショップで適当な注射器とかを買ってくる(スポイトでも大丈夫かな? 後、接着剤の注射器とかね)
それでベアリングの隙間から入れればOKです。

ベアリングはその場所に留まって常時油を供給する事に意味がある物で。
5-56はサラサラなので、その時、その場所に一時的に油を供給する物なので、使い分けには注意しましょう。
ちなみにグリスはホームセンターに行くとジャバラで500g位入りが200~300円程度で売ってます。

最後に
毎回使用前に油を差すならば、グリスより油の方が優れてますよ。5-56は色々混ぜ物があったり、スプレーによって水滴が出るので逆に錆びる可能性があるので良く無いですが、
油の方がベアリングの回転負荷が少ないので良いんです。

投稿: カンタンク | 2011年10月 5日 (水) 23時02分

556......ぐああ、アレは全ての工具/機械の天敵ですだよ(^_^;)。基本的には「使ってはいけないケミカル」の代表みたいなモンですな。

556を使って良いシーンというのは非常に限定されていて、例えば錆びた機械のネジを外す時とかぐらいなんですよね。

それ以外は、場所によって油脂類(オイル/グリス)を使い分けるのが大切です。樹脂系にはシリコングリス、一般機械系には一般グリス、歯車関係にはモリブデングリスって感じかな....と。

投稿: Zak | 2011年10月 7日 (金) 10時31分

私が使ってる油を紹介。

http://www.monotaro.com/g/00142289/
http://www.monotaro.com/g/00010730/

何処のホームセンターでも売ってる普通の機械油と
普通の油差しで、旋盤、フライス等の機械全てをメンテナンスしてます。
旋盤だと長く使わない時は、ウエスに油を染み込ませて機械全体に塗ったりね。

http://www.monotaro.com/g/00245104/
私の愛用しているウエスです。
キッチンペーパーやテッシュでも良いんですが
油の吸い込みと丈夫さから使ってます。
ボロ布でも可です。

グリースは

http://www.monotaro.com/g/00169250/
これまた何処のホームセンターでもある
リチウムグリスです。
http://www.monotaro.com/g/00169251/
歯車や、極端な荷重がかかる所用にモリブデングリスも買ってありますが、まず使わないです。


http://www.fok.jp/sale/siliconeoil/em30l.html
プラステックには、専用の工業用グリースを買ってあります、これは小売りしてないので仕方なく1kgを買ってありますが、ほぼ一生分です・・・・
正直自分としては50g単位で小売りして欲しい物の代表です。

投稿: カンタンク | 2011年10月 8日 (土) 12時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オサルのロボットができるまで・その2 穴あけ:

« オサルのロボットができるまで・その1 切り出し | トップページ | オサルのロボットができるまで・その3 研磨(騒音注意) »