« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月30日 (日)

関東ロボット練習会 参加してきました

10月の29日(土) に、「関東ロボット練習会」があったので、オサル一人で参加してまいりました。

カメラは持っていってないので、写真はありません・・・残念(´・ω・`)

オサルは、なんかバトルをやりそうな雰囲気を感じたのでオサル5号を連れて行きました。

バトルやってないかもな~と思いつつも会場に入ると、G・サアガのものすごい足音が響き渡っていました。

近くで見るとやっぱりすごいです。。。G・サアガ

あとは、大学の学生さんたちがが、ロボットのミニイベントを開催するそうで、その練習も踏まえて、「大玉送り」とか、「玉入れ」などの競技が行われていました。

「大玉送り」 は、2台のロボットが押し合ってサッカーボールの「大玉」を相手の陣地に押し込む競技で、(で・かーる)や、(G・サアガ)と対戦するも、負けてしまいました。 はっきりいって、パワー負けかな~と思います。

「玉入れ」は、いわば「わんだほ~」の、「キューブ」 に近いルールで、三角形や四角形の形をしたサイコロを自分の陣地に運び込んで得点を重ねる競技です。 

はじめは小さい枠のなかに入れる競技だったのが、いしかわさんにアドバイスをもらったせいか、「キューブ」にかなり近づいた競技に変化しました(笑)

そのほかにも、ROBO-ONEバトルに近いバトル試合も行われました。 オサル5号は、アッガイの中身?! と対戦しましたが、一回目は勝ったものの。二回目にはカウンターを食らわされ、負けてしまいました。

くままさん怖いですっ! ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

個人的には「玉入れ」が一番面白かったのでは? と思います。

でも学生でロボットイベントを主催できるなんてうらやましいですね。 見ていてもカッコイイです。 

高専入ればできるかな~ わくわく(^^

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

続・ハハのボヤキ(オサルのレベル編)

ROBO-ONE終了後の、最近のオサルはだらけきっていて
毎日学校から帰るとネットばっかり見ているので
誠に残念なことに、ただいま、ロボットのネタがございません(;´Д`A ```

そこで、前回に引き続き残念な流れでございますが
オサルのレベルはこんなもんだよというお話を。

その1

ある日の夕食の席で、中学で習う歴史の話になり
誰かが
「日本の歴史を覚えるだけでも大変なのに、中国の歴史も習って、しかも、
日本のこの時代には中国はどの時代ですか、っていう質問まで、テストで出るからねえ・・・」
と言ったら
オサルがそのあと、まぢめな顔でこう言いました。

「うん、それに、時差もあるしねえ・・・」

???(u_u。)

その2

ある日の夜9時を過ぎた頃、オサルが、
「宿題を明日までにやらないと居残りになるから、アドバイスしてほしい」
と言ってきた。

「何の宿題?」と訊くと、「○○○○○○(宿題の内容)」
・・・ん、何か聞き覚えあるぞ、それは、もしかして・・・とオサルに再度訊くとやっぱり、
「夏休みに出てた宿題」。
オサルのハハは思わずキレて「お前、今、何月だと思ってるんだッ!!(#`Д´)」と叫ぶと、
オサル、慌てず騒がず、胸を張って

だいじょうぶ、オレの部屋のカレンダーは、まだ5月だ」

。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。(号泣)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

ハハのボヤき・中学1年半ばバージョン

ROBO-ONEでバタバタしていた10月の三連休前、
オサルの学校では中一の「前期」が終わり、通知表が出ました。

ご報告は一言で済みます。
「オール3」。

本人「2も、1もないんだよ!」といばっておりますが、
それって、5も4もないってことだよね・・・。

しかし、
成績的に絶対凸凹(というより、凹凹かな)が多いはずのオサルの成績がすべて「3」とは・・・中学校の成績評価システムは複雑らしい(^-^;

本人、中学卒業後は高専へ行きたいと言っておりますが、さてどうなりますことやら・・・(ρ_;)

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

第19回ROBO-ONE決勝戦 ハンマーヘッドvsガルー

第19回ROBO-ONE決勝戦です。
オサルが心底惚れ込んでいる、大先輩A4さんの操る「ハンマーヘッド」対
女性オペレーターくままさんの「ガルー」の対戦。

ところが、この対戦の直前、ガルーにトラブルが。
足の調子が悪くなってしまったらしく、くままさんのご主人くぱぱさんが修理を試みるもかなり難しいのか、急遽休憩を入れてその間必死の修復作業。
見ていると、とうとうガルーだけではどうにもならなくなったらしく、くぱぱさんのロボットクロムキッドを持ってきて、その足をガルーに付け替えるという大手術になっている模様・・・。

いくらロボットといえどもそう簡単に「足付け替え」というわけにはいかないのですが、
クロムキッドとガルーはどちらもくぱぱ&くままさんの制作のロボットなので、基本的な作りは一緒。だから足の付け替えもできるんだそうです。
それでも、すごく時間がかかっているぞ。かなり大変な作業を急ピッチで進めている様子。

P10509191

↑ハンマーヘッド(右)がお行儀良く待っている前で、必死で作業中のくぱぱさん(左中央)。
他の参加者も手伝っています。こういうときのロボットビルダーの連携の力は、いつ見てもすごいです。

P1050925

↑修理が長引き、とうとう休憩が入る。
休憩に入ってだいぶたった頃、やっとガルーが動いた!
(いつの間にか、くぱぱさんの後ろに座を占め、食いついてみているオサル(-_-;))

そして、クロムキッドの足をつけて無事動くようになったガルー対ハンマーヘッドの試合が行われ、ガルーが優勝となりました。
とてもいい試合だったと思います。

P10509281

最後に、参加ロボットで記念撮影です。
参加者の皆さま、スタッフの皆さま、見に来て下さった方々
どうもありがとうございました。

このブログへのコメントで、オサルを応援(というより叱咤激励)して下さった方々にも、御礼申し上げます。
どうもありがとうございました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

第19回ROBO-ONE決勝トーナメント G.サアガ vs クロムキッド

2日目、ロボワン決勝トーナメントの模様です。

残念ながらオサルは予選落ちしておりますので、2日目は出番なし。
そこで、
オサルのモーションの師匠イガア氏制作のロボット「G.サアガ」が、見事な投げを決めた一戦をご紹介。

対戦相手は、いつも関東組ロボット練習会でお世話になっているくぱぱさん制作の「クロムキッド」です。
このクロムキッド、途中で負けてしまい準決勝には進めなかったのですが、最後の最後に意外な形で再登場します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

ROBO-ONE懇親会に参加してみた。

第19回ROBO-ONE予選の日の夜の、懇親会に参加してきました。

懇親会はつまりは飲み会なので、オサルにはまだ早いかなあなんて思っていたのですが、
先日のロボットコロッセオの夜の懇親会で、もちろん我々アルコール抜きでしたがとっても楽しませて頂いたので、
今回ロボワン懇親会も、親子で参加させて頂きました(o^-^o)

P1050888

↑会場は夜景がとてもきれいに見える場所。
夜景を眺める散財さんと、なぜかカッコつけたポーズのオサル(笑)

会場は掘りごたつの席でカニづくし、という豪華な宴。
オサルはたまたま隣に憧れのA4さんが座って下さったので大喜び。おまけにA4さんのロボット「ハンマーヘッド」まで隣に座って下さったので(笑)
ロボットを観察したりいろいろな話を伺ったりしていて、
宴会、というより、普段のロボット練習会と変わらないのでは(笑)といった感じでした。

P1050896

↑宴会席上の「ハンマーヘッド」。
「オレもカニ、食べたい・・・」

P1050889

↑ロボット愛好家の宴会、やっぱり面白い。
カニ鍋のそばで光っているのは、コイズミさん自作のパーツ。

P1050898

↑うっちーさん、せっかくの芸術作品を、
カニのハサミと並べて撮影(しかも作者ご本人の目の前で)して、ゴメンナサイ(-_-;)

ロボワン会場では皆ロボットの調整で手一杯でゆっくり話せる時間もないので、懇親会に参加したことでいろいろロボットの話をきくことができ、
オサルは楽しい時間を過ごしたようです。
オサルのハハもいろいろな方と話ができて、楽しかったです。
皆さま、どうもありがとうございました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

第19回ROBO-ONE予選 9m走

記録は1メートル74で、予選落ちとなりました。
まあ、これがオサルの実力だと思います。

後から選手の方にお話をきいたら、
土台が微妙にどちらかに傾きかげんなところがあったり、
ステッカーが貼ってあるところが滑り具合が違って危険だったり(オサルのロボットも、見事にステッカーの上でこけている)とか、
実際に経験した方でなければわからないお話を聞くことができました。
万一、いろいろ危険なポイントがあったとしても、実力のあるロボットはきちんと微調整しながら最後まで渡りきっているわけですから、
やっぱりオサルのロボットが実力がなかったのですね。

予選においては、
実力者Dr.GIYさんのロボット「ヨコヅナグレート不知火二代目」が、すごい勢いで走って、わずかな距離で落下してしまったのは衝撃でした。
その後、司会の方が「不知火」が落下した点を「GIY点」と呼び始め、新しくロボットが予選で走るたびに、そこを超えたか超えないかのコメントが続くようになりました・・・それほど、みんなびっくりしたわけです。
実力のあるロボットたちも次々落下、結構難しい予選だったようです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

第19回ROBO-ONE・予選参戦記

P10508691

今回のオサルのロボット、「eagle-ZERO」。
繰り返しますが、「オサル5号」が巨大化しただけ、のデザインです(汗)
今回、オサルはパワーアップのため足にトリプルサーボを仕込み、
腰と肩の部分には、人形つかいさんから譲って頂いたKondoサーボを組み込んでいます。

しかし、ロボットの後ろにやや部屋の様子が写っていますが、
今回のロボワンの作業室、机がありません。皆、ピクニックのように床に座り込んでの作業です。
毎回そうなのかと思ったら、前回は机、あったらしいんだけど・・・。
まあ、オサルはいつも床で座り込んでの作業が多いので、慣れたものですが(笑)

さて、
会場で、ロボットの歩きの不安定さに悩むオサル。
Zak氏のご助言を頂き、「どうも重さに対して、強度が足りないらしい」と、慌てて駅の反対側のハンズまで、補強材料を購入に走る。
(オサル一人で走るのかと思いきや、「ハンズへの行き方がわからない」からと、道案内のためオサルのハハも巻き添えに・・・(ノ_-。)あー、ツカレタsweat02
ギリギリまで、ロボットの調整が続く。

さて、いよいよ、初めての「ROBO-ONE企画審査」。ドキドキ。

P10508721

↑重心チェック。
画像のようにロボットを置いて、重心が頭のほうにないと合格にならない。
(実は、オサルはこの重心規定は重々承知していたはずなのに、作っているうちに我を忘れたらしく、
直前になって「やばい!足のほうが重くなってる!」と騒ぎ出し、仕方なく頭におもりを一個、意味も無く余計に貼り付けるというおバカなことをしています)
eagle-ZERO、なんとか無事にチェックをパスしました。

P1050873

↑次に、体重測定。
オサルのロボットは軽くできている(その代わり強度が無い)ので、体重制限は難なくパス。

企画審査はこれで終了。
あれ?細かく決められている、手の長さのチェックは?足の裏の大きさのチェックは?
と思ったら、
「足裏、手の長さのチェックは、企画審査を円滑に進めるために、目視」なんだそうです。
というわけで、
思ったより簡単に手早く、企画審査が完了しました。
これで、ロボットの調整に時間がとれますね。

P1050871

ROBO-ONEオープニング。
ロボゴングのときみたいに、「ロボワン!」って叫ぶのかと思ったら、
いかに世の中にロボットを役立てることができるかというような話を熱く語りながらロボワンが始まりました。
同じロボットイベントでも、なかなか雰囲気が違いますね。

P1050887

会場の外には、協賛のサンライズブースが。
見たことのあるロボットたちがたくさん展示されていて、楽しい♪

さて、まずは「ROBO-ONE Light」軽量級のロボットのバトルトーナメントが、お昼休憩をはさんで午後3時過ぎまで行われます。
オサルの参加する、重量級「ROBO-ONE」の予選は、その後夕方4時ごろから始まります。
それまで、オサル、必死で最後の悪あがき(^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第19回ROBO-ONE eagle-Zeroの動き

オサルったら、ここで「オサル○号とは違うのだよ・・・」と思わせぶりを言って、あとは「公開禁止」にしておきながら、

出来上がった機体は、実はオサル5号の拡大版だったというオチでございました( ̄◆ ̄;)

そしてこの拡大版eagle-Zero、どうも動きがよくない。
歩きだしてみないとどちらに曲がるかわからないし、動きも酔っ払っているようですごく不安定。
オサル、今までのノウハウをいろいろ試してみるも、動きが改善しない。途方にくれつつも、問題なのは構造か?モーションか?間際まで悪あがきするオサル。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

オサルのロボットができるまで・その4 バリ取り

ROBO-ONE直前にのんびりとお送りしてきたオサルのロボット制作動画、
これでおしまいです。
パーツの切り出しと穴あけも済み、もう不要になったシートラベルをはがし、
穴あけの際に出たバリを取っています。

コメントを下さっている皆さま、オサルROBO‐ONE直前につき、お返事が書けなくて申し訳ございません。
せっぱつまっているオサルの様子を横目で見ていると・・・どうも、大きな機体は作り慣れないらしく、今までのような動きができずにかなり苦しんでいる模様です。
本人、以前ここの記事で新作ロボットについて大ぶろしきを広げていましたが、このままではナサケナイ結果に終わるかもしれず、今後の成り行きがどうなるかと思っているところです(;´д`)トホホ…

思ったような結果が出なかったとしても、これが最後じゃあるまいし。
やってみたかったアイディアを盛り込んで一生懸命作ったロボットは、結果へなちょこだったとしても、あとあと必ず本人の力に、なることでしょう。

というわけで、あすは皆さま、どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

オサルのロボットができるまで・その3 研磨(騒音注意)

当ブログではただ今、オサルのロボットの作り方をご紹介しつつ、
オサルの工具の手入れの悪さも全国的に大公開中です(^-^;
ご忠告下さいました方々ありがとうございます。
大会のあとでいいのに、オサル、ご指摘いただいてからすぐにボール盤の手入れをはじめ、音がだいぶ変わりました。よかったよかった・・・
・・・しかし、肝心のロボットの方は、週末に間に合うのかな、オサルくん?
オサル・・・・どうなんだろう・・・やば・・・(ノд・。)」

と、切羽詰ってるのはおいといて。(笑)
今回は、おおまかにノコギリで切り出したパーツの曲線部分をきれいに仕上げるための
オサルの秘密兵器、電動グラインダーのご紹介です。

こちらは、2009年11月の国際ロボット展でお会いしたSISOさんに譲って頂いたものです。
その日1日お話しただけで、その後お会いできていないのですが・・・

あの日SISOさんが、オサルのパーツを見て下さり、
「こういうものがあるんだけど、今使ってないから君に譲るよ」と言って下さり、、
そして実際に送って来て下さったものが、今もこうしてオサルのロボットのパーツを生み出し続けています。
たった1回お会いして、1回パーツを見て頂いただけで、ぱっと「こいつなら使うだろう」と思って下さったSISOさんの慧眼には恐れ入ります。

このグラインダーセット、あれからだいぶオサル流に改造されてはいますが、今も相変わらず元気に稼働中です。
回っているところは刃ではなく全面ヤスリ状態なので、オサルいわく、指が触れても
「爪は削れるけど、指は切れないよ~♫」だそうです。

注意としては、音がスサマジイので、稼働時間帯には注意が必要。あと、粉が飛ぶので、オサルは必ずマスク(防塵マスクっぽいもの)を装着しています。

SISOさんのHPバックナンバーは、オサルのロボット制作のヒントの宝庫です。
ここには、今回の電動ドリルも登場しています♫

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

オサルのロボットができるまで・その2 穴あけ

隣のオサルの作業部屋から、
「あああ!!サーボの向き反対だった!!」
「あれえええええ、どうして動かないんだよぉぉぉぉ!!!」

などと半分悲鳴のような声が聞こえてくる今日このごろ、
みなさまはいかがお過ごしでしょうか(笑)

昨日の「その1」に引き続き、
今日は「その2」として穴あけの様子をご紹介。
小学生のとき、お年玉を使って買った、大事なmyボール盤が大活躍。
myボール盤だけあって、手つきも手馴れたものですな。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

オサルのロボットができるまで・その1 切り出し

着々と?完成しつつある、ROBO-ONE向け機体「eagle-ZERO」ですが、オサルから、当日まで機体画像の公開禁止令が出てしまった(笑)ため
今回は、制作の様子をお伝えしたいと思います。

オサルはロボットのパーツに主にABS樹脂板を使っています。安価で、加工しやすく、かなり強度もあるそうです。オサルは厚さ2ミリから6ミリまでの板を使い分けてロボットに使用しています。
設計は2Dcad(オサルはsakura cadを使用)で行い、市販の「貼ってもはがしやすい」ラベルシートに印刷し、シートのラインに沿って切り出しを行います。

動画で切っているのは、厚さ2ミリの板です。このくらいなら切りやすいですが、厚さ6ミリともなるとちょっと大変みたいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »