« 第19回ROBO-ONE eagle-Zeroの動き | トップページ | 第19回ROBO-ONE予選 9m走 »

2011年10月 8日 (土)

第19回ROBO-ONE・予選参戦記

P10508691

今回のオサルのロボット、「eagle-ZERO」。
繰り返しますが、「オサル5号」が巨大化しただけ、のデザインです(汗)
今回、オサルはパワーアップのため足にトリプルサーボを仕込み、
腰と肩の部分には、人形つかいさんから譲って頂いたKondoサーボを組み込んでいます。

しかし、ロボットの後ろにやや部屋の様子が写っていますが、
今回のロボワンの作業室、机がありません。皆、ピクニックのように床に座り込んでの作業です。
毎回そうなのかと思ったら、前回は机、あったらしいんだけど・・・。
まあ、オサルはいつも床で座り込んでの作業が多いので、慣れたものですが(笑)

さて、
会場で、ロボットの歩きの不安定さに悩むオサル。
Zak氏のご助言を頂き、「どうも重さに対して、強度が足りないらしい」と、慌てて駅の反対側のハンズまで、補強材料を購入に走る。
(オサル一人で走るのかと思いきや、「ハンズへの行き方がわからない」からと、道案内のためオサルのハハも巻き添えに・・・(ノ_-。)あー、ツカレタsweat02
ギリギリまで、ロボットの調整が続く。

さて、いよいよ、初めての「ROBO-ONE企画審査」。ドキドキ。

P10508721

↑重心チェック。
画像のようにロボットを置いて、重心が頭のほうにないと合格にならない。
(実は、オサルはこの重心規定は重々承知していたはずなのに、作っているうちに我を忘れたらしく、
直前になって「やばい!足のほうが重くなってる!」と騒ぎ出し、仕方なく頭におもりを一個、意味も無く余計に貼り付けるというおバカなことをしています)
eagle-ZERO、なんとか無事にチェックをパスしました。

P1050873

↑次に、体重測定。
オサルのロボットは軽くできている(その代わり強度が無い)ので、体重制限は難なくパス。

企画審査はこれで終了。
あれ?細かく決められている、手の長さのチェックは?足の裏の大きさのチェックは?
と思ったら、
「足裏、手の長さのチェックは、企画審査を円滑に進めるために、目視」なんだそうです。
というわけで、
思ったより簡単に手早く、企画審査が完了しました。
これで、ロボットの調整に時間がとれますね。

P1050871

ROBO-ONEオープニング。
ロボゴングのときみたいに、「ロボワン!」って叫ぶのかと思ったら、
いかに世の中にロボットを役立てることができるかというような話を熱く語りながらロボワンが始まりました。
同じロボットイベントでも、なかなか雰囲気が違いますね。

P1050887

会場の外には、協賛のサンライズブースが。
見たことのあるロボットたちがたくさん展示されていて、楽しい♪

さて、まずは「ROBO-ONE Light」軽量級のロボットのバトルトーナメントが、お昼休憩をはさんで午後3時過ぎまで行われます。
オサルの参加する、重量級「ROBO-ONE」の予選は、その後夕方4時ごろから始まります。
それまで、オサル、必死で最後の悪あがき(^-^;

|

« 第19回ROBO-ONE eagle-Zeroの動き | トップページ | 第19回ROBO-ONE予選 9m走 »

ロボットイベント(参戦)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1059378/42474505

この記事へのトラックバック一覧です: 第19回ROBO-ONE・予選参戦記:

« 第19回ROBO-ONE eagle-Zeroの動き | トップページ | 第19回ROBO-ONE予選 9m走 »