« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月28日 (土)

関東組ロボット練習会・草加にて

P10408651

↑草加のロボット練習会会場での「オサル4号改」。

今日のロボット練習会は、開始前にオサルとひと悶着。
今回は草加で開催で、たまたま自宅からはちょっと遠い。
最近小遣い制で、しかも交通費が大人料金になり、きゅうきゅう言っているオサル。
小遣いで切符を買って構内に入ってから我に返ったようで
「草加まで交通費いくら?・・・そんなにお金使えない。帰る!」と。
ちょっとそこでどうしようかなーと考えましたが、オサルが急ぎ必要なものがあり、それを途中のアキバで買っていこうという思惑もあったので
じゃあ今回は交通費半分援助(甘いか・・・)ということで、仕切りなおしで出発。
しかし、電車の中で、今度は
「アキバで買うものの、資料忘れてきた・・・買えない・・・」とオサルが言い出し、オサルのハハぶちきれる
乗換駅で、説教タイム(笑)ああ、疲れるわ~

結局アキバで、オサルは秋月で資料無しでもあっさりとほしいものを発見、購入。なんだ買えたじゃない(-_-X)本人も自分のできること・できないことがよくわかっていないらしいので、こういうのは見極めが難しい。
大好きなVstoneには今日は寄らず、そのまま駅へ。たんまり小遣いを貯めてから、たくさんの買物に伺うそうですので、待っててくださいねイダカさん(いつのことやら・・・coldsweats01

そして会場に到着。今日の練習会は、「新型」ロボットラッシュ!

P10408641

↑イガアさん作の、なんと2足のサバゲロボット!
お腹の、突き出したところから弾が出ます。
すごく軽くできていて、その代わりバランスはギリギリに作ってあり、弾を入れるのがいっぱいいっぱいで、さらにカメラやセンサーを取り付ける余裕はないそうです(重くてひっくり返ってしまう)。
たなかさんは「ロボでサバゲ!」に新しい人が参加しやすくなるように、「市販二足歩行ロボット」に、ガンや被弾センサーを後から取り付けるうまい方法を考え中とのことでしたが、
どなたかよい案があったら教えて下さいませ(o^-^o)

P10408691

↑しまけんさんの「シグマ」。
「一本の足にサーボは3個でいいところを4個使っているので、歩き方にうまい具合にウネウネ感が出る」というお話だった・・・ような気がした(笑)横でちょこっと聞いてただけなので、もし情報がまちがってたらごめんなさい(^-^;

P10408781

↑そして、また会場に出現した、怪しげなサバゲスペース。
蚊帳の屋根になっているのは、オサルの持って来たビニール傘(笑)

この中で、たなかさんのガンローラー改と、イガアさんの二足ロボが試運転。

P1040883

↑オサルが蚊帳の中にカメラを突っ込んで撮った画像。
奥の二足ロボが、手前のガンローラー機を狙う。

P10408921

↑近くにいたロボットたちで、記念撮影。
左から、いしかわさんのロボット・手前がまこさんのロボット・奥がc4cronoさんのロボット・オサル4号改。
いしかわさんのロボットはもうすぐ完成状態まできているようですが、
「いしかわさん、もうすぐできるっていうところまで来ると、もう飽きてるんだよね~」
と、どなたかが。
完成させましょうよ~wink

と、いうわけで、
出がけにすったもんだしたのも忘れ、オサル、大満足で帰宅しました。
今回もいろいろとお世話になり、皆さま、どうもありがとうございました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

オサルの休日

P10408151

休日の昼下がり。
オサルのハハが自室でうとうとしていると、ふすま一枚隔てたオサルの部屋からの、
「ずしゃーバラバラバラバラ!!!」
という、イヤーな音で目が覚めた。

なぜかオサルは最近、仕掛けを押したり踏んだりすると弾が飛び散る「手製グレネード」づくりに凝っていて
先日は輪ゴム手榴弾を製作しようとして失敗。
オサル式手榴弾は、とにかくある1点が下になって落ちてくれないと輪ゴムが噴出しないらしく
「おかあさん、やるよ、見てて!・・・(ゴンという、落ちる音)・・・・あれ?」
てのが続いて、あきれ果てた記憶がcoldsweats01

しかしオサルは懲りずに、今度はBB弾&ペットボトル&空気入れという組み合わせで、BB弾撒き散らしグレネードを制作しようとした模様。
結局、ある時点まで空気を入れるともう弾が噴出してしまうという、全く意味の無い仕上がりに。
しかも、部屋中に弾が撒き散らされ、ハハの怒りを呼ぶというオマケつき(-_-X)

P10408131

↑空気入れで空気を入れているところ。これ、結構すごい勢いで弾がでるのでアブナイです、マネしないように。

オサルは弾の飛ぶ様子を動画に撮ると言って自分の部屋へ行き、カメラにむかって、ペットボトルを両足ではさんで両手で空気を入れたところ、噴出した弾が股間に当たって悶絶する様子が、ばっちり動画に記録されていた(笑)
この動画、あまりに部屋が汚すぎて一般公開できないのが、大変残念(笑)

(あとで見たら、内股に弾の跡がくっきり残ってました。眼に当たったりしたら大変なので、くれぐれもお子さんは絶対マネをしないように。)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年5月13日 (金)

アリブレできた。

P10408111

少し前に、最新のAlibre Designをインストールしようとしてうまくいかなかったオサル。
「おかあさん、なんとかして!」
と、こちらに丸投げしてそのまま放置していたが、
最近いしかわさんが3Dcadでロボットを設計しているのをHPで見て、
触発されたのか、オサル自ら再インストールに挑戦。
何回目かに、無事使えるようになりました。よかったよかった。
で、オサルが言うことが

「なんだ、おかあさんに言わずに、最初から自分でやればよかったんじゃん( ̄ー+ ̄)」

ハイ、そのとおりです(-_-X)
もういまや、オサルのほうが私よりパソコンに詳しい。
これからは、メカおんちの私のサポートサービス、ひとつよろしく頼むよ( ̄ー ̄)ニヤリ

以前アリブレデザインを動かせなくてキーキー言っていたオサルに、「オサル救済企画」をたてて下さり、
今回もオサルがアリブレに再挑戦するきっかけを与えてくれたいしかわさん、今頃ではございますが、どうもありがとうございました。
オサル、うれしそうにパソコンに向かって「メート!」「アライン!」って、叫んでます(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 9日 (月)

オサル5号・制作状況

P10407841

【文責】青文字:オサル 黒文字:オサルのハハ

↑ここまでできた。
足先は、もっと厚いABSを使いたいということで、厚めのABS板を取り寄せ中のため未制作です。

おもた~くなるぞ~ と声が(lll゚Д゚)

P10407911

↑オサル4号改(右)と、できかけのオサル5号でなかよく記念撮影。
左が5号 右が4号改です。

国語辞典を踏んでいるのは、足首R軸ユニットの分です。

いいぞいいぞもっと踏め(笑)

4号改からの主な改良点としては、

・足リンクに使用しているモーターを、DSR8498→RBS582 に変更。

・小型、中量化。

・設計にこだわった。 ・・・あまり変わってない?

 などです。

目標は、

今、新しくなっている
「HammerHead -ALICIA」
に、 ・・・か ・・かっ ・・勝つ Σ(・ω・ノ)ノ!

言ってしまった(笑)
言うだけならタダだもんな\(;゚∇゚)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

オサル5号制作開始

5月の連休を使って、オサルは「オサル5号」の制作を開始。
とりあえずは、今までの「オサル4号」は分解せずに、
新しい材料を使ってオサル5号の腰の部分あたりまで制作予定。

P10407621

↑2Dcadで設計したパーツと、使用予定のサーボ。
サーボは、Vstoneロボットセンターの激安ジャンク品の中から、オサルが本能でかぎ当てて購入したものと、
RB300を購入したときについてきたもの。

P10407661

↑楽しいポンチ打ち、終了♪

P10407671

↑組みあがってきた。

P10407701

↑穴あけ作業。

(つづく)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

オサルとの問答

オサルのハハの用事で、オサルとふたりで外出。
駅までの道で、連休中だからなのか、
大きなキャリーバッグを引いて歩く人が目立つ。
そこで、オサルと問答開始。

ハハ「キャリー引いてる人、多いねえ」
オサル「人が引かなくても、自動で人の後ろからついていくキャリーがあれば、いいんじゃない?」
ハハ「四輪にしたほうが安定するよね」
オサル「いやいや、二輪のほうが、段差に強いんだよ。ベルトに発信機を仕込むか何かして、間違いなくついていくようにする」
ハハ「階段になったらどうするの?」
オサル「そこは、キャタピラをつける。レスキューロボットみたいに。階段になったら、キャタピラで上がる。キャタピラは、キャリーの回りにぐるっと巻きつける」

そこまで勢い込んで言ったオサル、

「あれ、そしたらキャリーに荷物はどこから入れるんだ?(・_・)?」

ハハ「・・・・・・ (ノ_-。)」

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »