« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月28日 (木)

第6回「ロボでサバゲ!」参加機体

遅くなりましたが、
第6回「ロボでサバゲ!」に参加したオサルの機体の動きです。

まだバトル開始前時点での動画。
この時点ではよく動いていたものの、バトル直前に6脚のうちの1つがもげるというハプニング(・・・というか、機体をよく点検していないオサルが悪いかも)
があり、
せっかくの動きを、バトルに活かせませんでした。

ただ今、福島原発内の放射能の濃度を調べるため、遠隔操縦のロボットが投入されています。
今、オサルのサバゲロボットは、やかましい発射音&BB弾撒き散らしまくりで、我が家では大迷惑な存在ですが(笑)
頼りがいのある先輩ロボットビルダーの方々と一緒に、楽しく「カメラからのロボット遠隔操縦」を追及していけば、
いつの日か、社会のお役に立てるときが、くるのかも。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土)

関東組ロボット練習会・ちよだパークサイドプラザにて

今日は傘も役に立たないような吹き降りの中、秋葉原のちよだパークサイドプラザでの練習会に参加。

P10407041

↑東京電機大学や、東京都市大学の学生さんがたくさん参加して、賑やかな会場。

P10407131

↑KENTAさんのアメリカ土産のマシュマロ!
甘いマシュマロの上に、さらに甘い青いのがまぶしてあって、何ともアメリカン。

P10407111

↑たなかさんが持ってきていた、有線のカメラ。すごく安くゲットしたそうですけど、なんだかカッコイイ。今後の「ロボでサバゲ!」に登場するかも。

P10407241

↑会場に来ていた「バトルできる機体」で、ロボワンバトル。
いろいろ珍プレー好プレーありましたが(笑)
オサル4号改が優勝ということになりました。
しかし・・・KENTAさんの機体、ROBOT JAPANに流血仮面の衣装で出た機体なんですが、今回衣装がないからって「流血中身」ってネーミングはあんまりな(笑)後では略して「中身」って呼ばれてたし。

P10407261

↑優勝賞品として、KENTAさんからアメリカ土産のミニNERFを頂いて大喜びのオサル・・・じゃなくてこれはオサル4号・改。

今日も楽しい練習会でした。皆さま、どうもありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月18日 (月)

第6回「ロボでサバゲ!」大会

さて、17日日曜日、大日本技研にて。
午前中アメリカのROBOGAMESを観戦し、
お昼を食べてから、
午後は「ロボでサバゲ!」第6回大会となります。

P10406831

↑たなかさんが作ったロボットが壊れて、もう分解してしまうとのことで、
たなかさん手作りのロボットの足先をオサルに譲ってもらえることに。
大人が皆でディスプレーのROBOGAMESの成り行きを眺める中、
ひとり夢中で「カニ解体中」のオサル。

お昼を持参していない人は、コンビニへ買出しに。

P10406841

↑誰?こんなに、「うまい棒」ばかり買ってきたひとは。
そして、この状態を、容赦なくustreamで流すTOBBYさん(笑)

午後からの参加者は、IKETOMさん、gonsさん、見学に来た芝浦工大の学生さん。

P10406941

今回は初の「要塞戦」とやらが行われた。
イガア・IKETOM・オサルチームと、gons・mota・たなかチームに分かれ、
準備の間、フィールドの間をカーテン(上画像右側。)で仕切って相手に見えないようにして
互いに自分の陣地に好きなように要塞を作るという趣向。
イガアチームは、
オサルが「本能」で障害物を配置していき、それをイガアさんとIKETOMさんが手直ししていくという、大人の余裕を感じさせるチーム。
対して、gonsチームは、
gonsさんがまさに水を得た魚のように大喜びで障害物を組み立て、たなかさんも「これがやりたかった!」と盛り上がり、motaさんが笑ってみてるという、少年の心を忘れない大人たちのチーム・・・と言っておこう、一応(笑)

P10406971

↑そして、
「室内が狭くて、場所をとると悪いから」
と、外のベランダから中を覗きこむ位置に陣取る、レポート担当の散財さん(ちょうど、フィールドの真ん中を仕切るカーテンの位置にお顔が)。
心の準備無しにいきなり見ると、結構びっくりします(笑)
「中から見てもびっくりするけど、外から見たらもっと怪しい」「通行人に通報されるぞ~」と散々に言われながらも、
「寒いです・・・」とだけ言って笑顔の散財さんです。
そして、この図をまたきっちりustreamで流すカメラマンTOBBYさん(笑)いしかわさんは別室でustreamのモニターを見ながら、「ひとりぼっち。さびしいよー」と、一人叫んでいます(笑)

P1040699

↑「要塞戦」バトルの様子。
バトルの模様は「ロボでサバゲ!」USTチャンネルで見ることができます。
IKETOMチャンネルにも動画あり。バトルの詳しいレポートは散財さんのところでどうぞ~

今回オサルの機体(上の画像右下6足)は、
バトル開始直前に足が1本もげて、仕方なくテープでぐるぐる巻きにしてバトルに参加したため、動きが不安定。
さらに、パソコンで見る、カメラからの画像が鮮明でなくて、何がなんだかわからなかったそう。
そんな状態で、絶好調のgons機にボロボロに撃破されて終わりました。
「全然撃てなかった!」オサルはかなり不完全燃焼状態。
「今度こそ、がんばる!」と、リベンジを誓っています。

今回もお陰さまで、楽しい時間を過ごすことができました。
「一番大変だったのは、部屋を片付けることです!」と言っていた、場所を提供して下さったたなかさん、
参加者の皆さま、
どうもありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

大日本技研で「ROBOGAMES」観戦

本日は、大日本技研(=たなかさん自宅)にて第6回「ロボでサバゲ!」大会に参加。
吉祥寺からバスに乗って行きます。
公園がいっぱいだし、自宅から花見もできるし、いいところだな~。

P10406771

↑風景に癒されながらたなかさん宅にお邪魔すると、室内はものものしい雰囲気。
室内にはぐるっとサバゲフィールドが。
左奥に、アメリカでのROBOGAMESのためのシステム。
手前が、いしかわさんのustream中継カメラ。

ノボリサカさんの機体「アーノルド・スタローン」と、イガアさんの機体「ヴァンガ」が、アメリカの大会「ROBOGAMES」に参加する方々とともに、今、アメリカに渡っています。
「ヴァンガ」はアメリカへ行ったメンバーが操縦をするのですが、
「アーノルド・スタローン」は、アメリカの大会に時間を合わせて、今日、この会場からノボリサカさんがネット経由で遠隔操作に挑戦する!のです。
前日調整では遠隔操作に見事成功したそうで、GAME当日の今日、どうなるか楽しみ。

P10406801

↑なんか、機体のカメラ(右パソコン)でフィールドを見つつ、ustream中継(左ディスプレー)で全体を見つつ、
手元のipadでskypeで現地のかづひさんと会話をしつつ、
ロボットを遠隔操縦という
ものすごく大変なことをしているらしいノボリサカさん。

P10403531

↑ustreamで見える、フィールド全体像。広くて、本物みたいなビルはもちろん、小さな車やゴミ箱らしきものまである。
オサル、思わず「このフィールドでバトルやってみたい!!!lovely
ROBOGAMESを見るため午前中から技研にやってきたメンバーは、オサル&そのハハのほかに、
初参加のうねおかさん、
motaさん、イガアさん、そして自宅提供して下さるたなかさんと、レポートして下さる散財さん、ustream中継をして下さるいしかわさんとTOBBYさんです。

さて、いざバトルですが、
アメリカはおおざっぱらしくて予定がなかなかわかりません。
そして、日本で操縦レバーを動かしてから現地でロボットが動くまでに、どうしても7~10秒ほどかかる。
画像は遅れたり途切れたりだし、ノボリサカさんとかづひさんの間のskypeもつながらなくなったりして、状況がわからず時間のみ経って行きどうにももどかしい。
夜準備をされ、朝も7時半から技研で待機しているノボリサカさん、かなりお疲れが見えています。

やっとはっきりした情報が、アメリカのかづひさんより。
「現地で貸し出されるはずのセンサーを、前使っていたチームが、そのまま持ってどこかへ行ってしまって、探しているけど見つからない。
センサーがないと、ゲームには参加できない。
だから、
また来年

観戦待機メンバーでいっせいに「えーーー??」と。いくらなんでもそれは悲しすぎる。
結局、正式試合はあきらめ、
フィールドが空いたすきに、「練習試合」として、現地で操縦する「ヴァンガ」と、遠隔操縦の「スタローン」が対戦することになりました。

アメリカ会場からのustream中継で、ヴァンガが軽快に動いているのが見える。
ノボリサカさんは機体のカメラからの、7~10秒遅れの画像を見ながら
今だ撃て!!・・・今撃ってももう遅いんだよね
と繰り返すのが、申し訳ないけどおかしい(笑)

結局どちらの機体がどう勝ったのか判然としないまま、1回だけの「練習試合」は終了しました。
でも、「目の前で操縦される機体が、アメリカで動いている」のをリアルタイムで目撃してしまったわけで、これはすごいことですよ。
オサルにもいい刺激になったことと思います。
ノボリサカさん、アメリカに渡った方々や現地の方々、どうもありがとうございます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土)

ハハのボヤき

P10406711

↑オサルが昨日、勉強もしないで夢中で描いていた、オサル5号の設計図。

中学校に入ったオサル。
入学早々、学力診断テストがあった。

主要科目各45分ずつのテストだったらしいが、
オサルが言うには

「テストの答えは、7分くらいで書き終わった 
(ちなみに、答えが瞬時にわかって7分で終わったのではなく、わからない問題はパッパとばして見直しもしなかったため、この短さ)。
その後は、ずーっと問題用紙に、ロボットの設計を描いてた。
すっごいのが描けたんだよhappy02

あ!「学力テスト」だから、問題用紙は回収されて戻ってこないのか!
くそー、あんなにがんばって描いたのに、問題用紙返せ~

オサルさん、くやしがるポイントがちがうぞ、明らかに(-゛-メ)

こんなオサルに、ぜひキビシイお言葉を。
しかし、逆に
「そういえば昔、自分も・・・」
という諸先輩方のコメントが付きそうなのが、トッテモ怖い・・・(^-^;

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金)

第6回「ロボでサバゲ!」予告。

P10406681

あさって17日の午後から、たなかさん宅にて
「ロボでサバゲ!第6回大会」開催予定です。

参加予定者は、
参戦が、たなかさん、コイズミさん、IKETOMさん、motaさん、gonsさん(イガアさん?)、そしてオサル。
さらに、サバゲ6回大会のレポートのため散財さんが、ustream中継のため石川さんが参加という最強布陣。
会場がかなりせまいようなんですが、どうなることやら。
USTチャンネルは以下のとおり。

http://www.ustream.tv/channel/robodesavage?lang=ja_JP

会場が狭いそうで、見学は締め切りました・・・。ご興味のある方はぜひustream中継をご覧になってみて下さいませ。

そして、
アメリカのロボット大会に参加するためにアメリカへはるばる運ばれた機体「アーノルド・スタローン」を、日本のサバゲ会場から、ノボリサカさんが遠隔操縦するのに挑戦!という企画も。
サバゲ大会中に遠隔操縦の様子を見られるかと楽しみにしていたのですが、どうやらアメリカの大会でのスタートがいつになるかサッパリわからない様子。ギリギリになったらわかるのかなあ・・・。ぜひ、見たいっ!

さて、
第6回用のオサルのサバゲ機体はこんなです(上の画像)。
一応二挺拳銃。
筒先(鼻先?)が特徴的で、
オサルはこの機体を「ブタンク」と名づけていますpig

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月13日 (水)

フライ級決勝戦:流血仮面イエローvsオサル4号改

フライ級決勝戦。
KENTAさんの「流血仮面イエロー」との対戦。
ミステル・タマオ氏も登場し、
「流血仮面が勝ったら、このリングを占拠して流血仮面のトーナメントをする!」
と宣言。
結果、オサル4号・改が勝ったわけですが、
オサルは帰り道、
「ボクは流血仮面からフィールドを守ったんだ!」と、大変満足げでした(笑)
流血仮面さんたち、楽しい演出を、ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フライ級・リーンvsオサル4号改

フライ級2回戦として、
「芝浦工大SRDC teamリーン」さんの「リーン」と対戦。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フライ級:セアルvsオサル4号改

.
第1回戦として、
零型さんの「セアル」と対戦。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

ROBOT JAPAN 1st 詳細その2

当日編。もう盛りだくさんで書ききれないので、画像でざくざくっとご紹介。

P10406281

ロボット漫才で開始。

P10406301

オープニングの模様。右側は司会の三遊亭きつつきさん。
しゃべりのプロが司会って、安心感あるなあ。

P10406311

ゲストの方々。右から、谷川俊太郎さん、谷川賢作さん、神矢先生、甲谷勝さん、プロデューサーの小熊さん。

Pict00181

フライ級決勝戦開始直前。対戦相手のKENTAさんより、ミステル・タマオ氏のほうが目立ってる(笑)
ちなみに、強豪ひしめくバンタム級の優勝者は、芝浦工業大学SRDCチームルカヌスの「ルカヌス」、準優勝はイガアさんの「G・サアガ」でした。

Pict00601

ロボット落語。振付:柴田氏。ピンボケでごめんなさい~

Pict00611

「踊る市松人形」振付:城間氏。
すごくきれいだったけど、後で近くで人形見たらとってもコワかった。

Pict00631

ロボット・ダンス・コンテスト。
Team Vertrobotさんの「V-Bot」。人の動きと一緒に動くロボットたち。

Pict00651

すばらしいダンスを見せた、ガルさんの「サイコログレート」。

Pict00661

ダンスといえば!オメガ堂さんのソマリちゃん。

Pict00931

ラスト、リング状に集合したロボットたち。中央は谷川俊太郎さん、その横にオサル。

Pict00901

幕が下り、ロボットたちのお祭りが終了です。楽しかったなあ。どうもありがとうございました。

ちなみに、フライ級勝者への賞品は
3位:線香、2位:鮭の切り身、1位:まぐろの金ゴマ佃煮、でしたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

ROBOT JAPAN 1st 詳細その1

Pict00341

↑控え室にて、恐れ多くもえまのんさんのCavalierに挑むオサル4号・改。全然歯が立たなかったけどね

まずは前日のお話から。
ROBOT JAPAN前日の夜8時過ぎ頃、明日の準備をしていたはずのオサルがふら~っとオサルのハハの部屋へ入ってきて、言うことには

「おかあさん、オサル4号のモーションがパソコンから消えた。」

・・・なんの冗談ですか?
と思ったけどホントのことで、いや実際はモーションファイルをオサルがパソコンのどこか違うところにしまって探し出せないだけのことかもしれないけれど、実際問題としてオサル本人がどこにも見つからないという以上、どうしようもない。
そして大会は明日
大人なら「夜はこれからだぜ!!」というところでしょうが、オサルは10時就寝厳守
唖然としているオサルのハハをよそに、オサルは
「これから全部作り直すしかないかあ。風呂は入れないなあ。・・・何度も作り直してるから、もう慣れたもんさあ」
部屋にこもってひたすらモーションを作り、何とか2時間後にはモーションをでっちあげたのでありました。
全く、アホ全開というか、しぶといというか・・・(付き合わされるこちらは、たまったものじゃございませんcrying

そして、ROBOT JAPAN開催当日。
ブディストホールにて控え室に入り、開会まで時間があるのでオサルはモーションの仕上げに入ったのですが、
この時点で「仰向けからの起き上がり」が全くできず、横歩きは変にひっかかってつまづいてばかり、という状態。
一生懸命モーションを手直しするも、なかなか起き上がれず、追い詰められるオサル。
いつもならここでイガア先生のところへとんで行くところですが、オサルはひいひい言いながらもひとりで頑張って、なんとか起き上がりと横歩きを完成させました。

と、いうわけで、「オサル4号・改」は、
前日夜にモーションが全部飛び、
当日は直前まで、倒れたら起き上がれなかった

という、ロボットだったのです・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

ROBOT JAPAN 1st参戦

本日、築地本願寺ブディストホールにて、「ROBOT JAPAN 1st」に参戦。

P10406101

↑築地本願寺、なんだかすごい建物だ。

ROBOT JAPANには、「ロボットダンス部門」「ロボット一発芸部門」「二足歩行ロボット格闘競技部門」の3つがあり、
格闘競技はさらに、機体の重さが2キロ以下の「フライ級」と、3キロ以下の「バンタム級」に分かれています。
オサルは、格闘競技の「フライ級」にエントリー。

P10406461

↑手先が、なんだか「ガルー」っぽくなって、より凶暴化?した「オサル4号・改」。

フライ級にエントリーしたロボットは10台。

1.リーン(芝浦工大SRDC teamリーン)
2.流血仮面ホワイト(ブラック)
3.流血仮面イエロー(KENTA)
4.ゼルファー(白風M)
5.オサル4号 改(オサル)
6.ストロングマシン5号(多摩ロボフレンド)
7.セアル(零型)
8.流血仮面パープル(ショッカー)
9.バルト(千葉工大文化会総合工学研究会)
10.鎧騎(電気通信大ロボメカ工房チーム鎧騎)

この10台でトーナメント方式でバトルをし、オサルはフライ級で優勝することができました。
お世話になりましたスタッフの皆さま、参加者の皆さま、、ロボット作りの先輩の方々に
心より御礼申し上げます。

今日は取り急ぎ、かんたんにご報告まで。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

秋葉原で散財?

P10405701

オサルも、4月にめでたく中学生になりました。
今までお世話になりました皆さまに深く御礼申し上げます。
そして、中学生のオサルを今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

昨日は中学生になりたて早々、秋葉原へ。
ひとりで行かそうかなとも思ったのですが、用事などもあり今回オサルのハハも同行。
Vstoneロボットセンターにて、VS-RC003を、もうひとつ買い足し。
いい値段なので悩んだのですが、
二足も多足も同時並行の活動となってきつつある中
イベントのたびに一つしかないボードを、今度は二足に・次は多足に、と付け替えて使いまわすのもいい加減無理があるなあということで
思い切って購入dollar

ちなみに、代金は、オサルのこづかいから月々天引き予定(鬼)
中学になり、秋葉原までの切符代も大人料金で倍になり、思わず券売機の前で「うっ・・・sweat02」といいつつ財布の中を見つめるオサル(笑)図体も大きくなったのだから、大人料金当然でしょう(笑)

VS-RC003をそのまま買うのではなく、今回はRobovie-i(上記画像)の完成形という形で購入し、ばらしてボードをゲットするという形に(少し安い)。
分解する前に、少し遊ぼうということで、オサルは勝手な絵を描いて、動かして遊んでいます。

ということで、二足・多足同時並行の稼動が可能になりました。たなかさん、次回の「ロボでサバゲ」はご心配なく(ホントかな・・・?笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »