« PICに書き込めない理由・・・オサルのひとりごと。 | トップページ | 第4回「ロボでサバゲ!」攻城戦 »

2010年12月11日 (土)

「ロボでサバゲ!」第4回大会

今日は、秋葉原アソビットシティのシューティングレンジにて、「ロボでサバゲ!」の第4回大会が行われました。

今回は、1対1または3対3でバトルしていた今までと違い、
攻撃3機に対して防御1機という形で、新しい対戦を試してみるそうで。

P10401191

↑攻撃する3機は、手前から奥に攻めていって、奥のバリケードの前に立っている的を倒すか、バリケードにタッチすれば勝ち。
しかし、バリケードの向こう側には、防御役の1機が、障害物に隠れて待ちかまえています・・・。
初めての形式なので、
●防御機は、
被弾したらアウトにするか、
それだと3台を相手にしてすぐ負けるので、被弾センサーは無しにしていくら撃たれてもいい状態でバトルしたほうがよいか
●防御機の位置を
バリケード奥にするか
バリケード手前にしたらどうか
などを、いろいろ変えて試しながらの対戦となりました。

P10401061

↑今日の一押しは、ノボリサカさんの機体「アーノルド・スタローン」。
画像だけだと、いつもの機とかわらないんですけど(汗)
ノボリサカさんのこの機体を、秋葉原のロボットショップ「ROBOSPOT」から、ネット経由で遠隔操縦しようという新しい試みが、今から始まるそうです。
ノボリサカさんはサバゲの会場にいて、操縦するのは、ROBOSPOTにいるしろまさんです。

今日のノボリサカさん、横で見ていると、申し訳ありませんが大変面白い(笑)
ずっと携帯を耳に当てながら、フィールドの上に置いたロボットの上にかがみこみ
「今、弾入れてるから。・・・撃たないでね。・・・・今撃ったら、もう口きかないよ。・・・」
みたいなことを、ずっと言ってます。
もちろん、離れた場所からロボットを操るしろまさんに状況を説明しているわけですが、
事情を知らない人が見たら、その後姿はまさに、「芸を覚えない犬に切々と語りかける飼い主」状態かもhappy01

今日は秋葉原の他の場所でイベントが行われておりそちらに行っているメンバーもいるので、参加者が少なめ。
参加機体が少なくても試合ができる今回の新形式、試すのにちょうどよかったみたいです。
機体の準備が終わったので、バトル開始。
離れた場所から操られているノボリサカ機も、数秒の時差はあるようですが、ちゃんとバトルに参加して的を倒しています。
「弾がなくなった。弾を補充するから、戻ってきて」
というノボリサカさんの支持で、ゆっくり回れ右して戻ってくる「アーノルド・スタローン」。
横で見ていて、(ほんとに犬みたい・・・)と思ってしまいました(^^)
「ああ、携帯代が・・・」というノボリサカさんの声が。お疲れさまですcoldsweats01

では、今回の機体の「やられっぷり」ご紹介↓

P10401131

↑ノボリサカ機

P10401331

↑mota機

P10401281

↑しまけん機。被弾センサーの設定が違ってたとかで、通常はこんなに大穴が空く前に機能停止になるのですが・・・。おかげで、すごい穴の空きっぷりを見ることができました。

やられた方に、人がむらがるのもいつもどおり↓

P10401241
↑被弾した、しまけん機に群がる人々

P10401261

↑motaさんの機体の、アルミ部分が被弾でへこんでいるのを見ようと群がる人々

今回は、かわロボや相撲ロボットをやっているという方と、
学生さんたちが見学に来て下さいました。
引き続き、見学・参加者募集中みたいですよ。
参加者・見学の皆さま、今回もいろいろお世話になり、どうもありがとうございましたm(_ _)m

P10401361

↑記念撮影♪
左から、しまけん機、たなかさんのガンローラー機、mota機、ノボリサカ機、オサル機

撤収時間が来たので皆で片付け、それぞれ昼食後、
ROBOSPOTで、アナログカメラで誰と誰がかぶっているかを確認する作業を、
アナログカメラを使っているたなかさん・しまけんさん・motaさん・オサルで行いました。

その後、まだ話し合いの続いているROBOSPOTをお先に失礼させてもらい、
オサルは懸案事項のPICマイコンを何とかするために、ケーブルでも買いに行くのかと思いきや
サバゲで興奮しすぎてもう電池がなくなりかけていて(笑)オサルはへとへと、
Vstoneロボットセンターへちょっと立ち寄るのがやっとで、そのまま帰ることに。
そうそう、
Vstoneで、いきなりハンチングにサングラスの怪しいおじさんに何かを目の前に突き出され、
それが袋に入ったBB弾なのでよくよく見たら、タカノさんでした。
タカノさん、ビックリするからよしてくださいよお(笑)

今回の「ロボでサバゲ!」では、「操縦者が会場にいなくても、ネット経由で参加できる」ことが実際に行われたわけで、
難しいことはよくわからないんですけど、すごい瞬間に同席できて幸せですhappy02
なんでもアメリカのサバゲ大会にロボットだけ送って遠隔操縦できないかって話も出ていたそうですが、さすがに遠すぎて難しいそうで。

「オサル君も、宅配でアメリカに送ればいいんじゃ?」という意見が出ていました。
・・・・・( ̄Д ̄;;

|

« PICに書き込めない理由・・・オサルのひとりごと。 | トップページ | 第4回「ロボでサバゲ!」攻城戦 »

ロボットイベント(参戦)」カテゴリの記事

コメント

「怪しいおじさん」ってお誉めいただき、ありがとうございます(爆)

ネットを使った遠隔操作ですか~凄いことになっていますね~(°□°;)
目標は高く、歩みは確実に頑張って下さい。

投稿: タカノ146 | 2010年12月12日 (日) 13時55分

タカノ146さん


「怪しいおじさん」って、褒め言葉だったんですかあ(・_・)?

遠隔操作、もちろんオサルはまだそんな技術もなく、ただ先輩方のやっていることを見ているだけなんですが
こういうこともできる、ということを実際に自分の目で見られるのは何よりの勉強ですね。

投稿: オサルのハハ | 2010年12月12日 (日) 20時16分

なるほど、ウチの最大サイズのトランクなら彼とロボぐらい入っちゃうしな〜(笑)。

まそれはともかく、遠隔制御まで始まりましたか〜。これであと、補給系が自動化されたらカンペキかもですねぃ。

投稿: Zak | 2010年12月14日 (火) 09時32分

Zakさん

補給系の自動化・・・?
どうするんだろう。想像できませんcoldsweats01

Zakさんも、大阪からロボット送ってネット経由でぜひ参加を(と書いてみたけど、大阪から、できるのかなあ。)

投稿: オサルのハハ | 2010年12月14日 (火) 21時27分

たぶん、昔のSLの石炭みたいに弾を落とす場所があって、そこまで行って自分で弾を補給するとかするのでしょう(^_^;)。

相手の補給拠点を制圧すると、弾切れで全滅なんてスリリングな展開も(^_^;)。

大阪からのネットは、操縦系はそれなりにソフトを用意すれば出来なくはないとは思いますが、動画がなぁ.....

投稿: Zak | 2010年12月15日 (水) 09時44分

Zakさん

>昔のSLの石炭みたいに弾を落とす場所があって、そこまで行って自分で弾を補給する

確かプラレールだかトミカだかでの宣伝ビデオを、むかし小さなオサルと一緒によく見ていて、
そういうシーンがあったような気が・・・(もちろん石炭とか荷物を補充するので、「弾」ではありませんが)

>相手の補給拠点を制圧すると、弾切れで全滅

補給拠点前で被弾して、身を挺して補給を遮断とか?(^^)
だんだん複雑になってきますねえ・・・(^-^;

投稿: オサルのハハ | 2010年12月19日 (日) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1059378/38043276

この記事へのトラックバック一覧です: 「ロボでサバゲ!」第4回大会:

« PICに書き込めない理由・・・オサルのひとりごと。 | トップページ | 第4回「ロボでサバゲ!」攻城戦 »