« 「ロボット1X」vs「チームさる山」 | トップページ | ロボでサバゲ!用機体・その2(笑) »

2010年9月 2日 (木)

新・「ロボでサバゲ」用機体

P10307791

↑かわロボの機体、まだまだ活躍します(笑)

ところが、せっかく機体ができたのに、オサルは
「受信機が2台とも壊れた!」と、大騒ぎ。
受信機は、プロポについてたものと、カンタンクさんに頂いたものと
オサルは2個持っているのですが、
2個とも壊れたと言う。
念のため、後でもう1回試してみて、
カンタンクさんに頂いたほうは生きていたそうですが(よかった~)、もう1個は動かないとのこと。
受信機って、そんなに簡単に壊れるものですか?
オサルが言うには、あくまで普通の使い方をしていただけだそうで、
投げたり、振り回したり、噛み付いたりはしてないそうですが(たぶん・・・笑)

P10307801

「どうしよう!11日の、サバゲ大会に出られない!」と、落ち込んでいたオサル。
受信機が1つ動くことを確認し、ひと安心。
調子にのって上の機体を動かしていたとき、今度は
「焦げ臭い!焦げ臭い!」 と大騒ぎ。
サーボひとつ焼けたそうです

「壊れた!焼けた!」というオサルの声を聞くたび、「ああ、またお金が・・・」と身が縮む思いがするオサルのハハです(笑)
皆さま、どうぞ、
「壊さない・焼かない、使い方」をオサルに教えて下さい(壊すのも、焼くのも、経験のうち!ってお答えが返ってきそう・・・笑)

|

« 「ロボット1X」vs「チームさる山」 | トップページ | ロボでサバゲ!用機体・その2(笑) »

ロボット・こんなの作りました(小6)」カテゴリの記事

コメント

>「壊さない・焼かない、使い方」
誰か教えてください・・・・私にも。

乗っかってみました。

投稿: c4crono | 2010年9月 2日 (木) 20時42分

受信機は取扱説明書通りの配線、電源を使用していたのであれば、壊れないはずです。
受信機はアルカリ乾電池を許容していますか?
サーボは付属の3003ですか?
使用していたのは4kgfcm未満のサーボですか。
サーボは機械的にロックさせない限り問題ないはずです。

壊したのに原因を調べずに動かせば、同じように壊れます。

仕付け糸で縫って使っていたら糸が切れたって言っている気がします。


投稿: ほり | 2010年9月 3日 (金) 00時35分

古い言葉ですが「もう一度点検せよ」だと思います(笑)。

少なくとも、火を入れる....これも古いな....電源を入れる前に、徹底的な目視点検と、テスタによる短絡確認ぐらいは必須でしょう。

そういった点検なしに電源を接続するのは、目隠しして坂の上から自転車でダイブするようなものだと心得てください.....と、お伝えください(^_^;)。

投稿: Zak | 2010年9月 3日 (金) 09時25分

受信機はめったに壊れないんですが・・・
無事に動作する方の受信機で使用しているクリスタルをさしても動作しないでしょうか?

クリスタルは衝撃に弱い壊れ物ですので、丁寧に扱うように注意が必要です。

サーボについて考えられるのはこんなところでしょうか。

・電源電圧が違う
・実はNiCd専用サーボだった
・オキシライドとかの電圧が高めの電池を使った
・ロック状態にした
・配線がショートした

うちのRS303MRご使用いただければ、保護機能があるのでロック状態で燃えることはほぼ無いです(宣伝)
配線ショートしたらアウトなのは変わらないですけどね。

投稿: UE村@年休中 | 2010年9月 3日 (金) 09時25分

はじめましてこんばんは。
ロボットセンターで声をかけたポキオです。

突然声をかけたにも関わらず
親切に話をしていただきありがとうございました。

サバゲ大会って11日なんですね!
もし出来たら見学に行きますのでよろしくお願いします。
もしもの為に受信機を持っていきますね(笑)

投稿: ポキオ | 2010年9月 5日 (日) 18時33分

申し訳無い!
来週の練習会は、仕事の都合で出られませんm(_ _)m

サバゲーの弾は、次の機会に~

投稿: タカノ146 | 2010年9月 5日 (日) 20時25分

皆さま

オサルにご助言をいただき、
本当にどうもありがとうございます。
皆さまのご質問を、オサルに訊いてみました。

*動かない方の受信機ですが、
無事に動作する方の受信機で使用しているクリスタルをさしても動作しません(ちなみに、クリスタルはワンセットしかもっていません)
*受信機は取扱説明書通りの配線、電源を使用していました。
*受信機はアルカリ乾電池を許容しているか?→許容していません。エボルタ6Vを並列で使用しています。
*サーボは付属の3003ではなく、トルク3キロのヴイストンのサーボを使っています。

サーボが燃えた件は、お陰さまでオサルも原因を把握しています。
「ロック状態にした」のが原因だそうです
(中身を見たところ、モーターに続く線とFETの接点が黒くなっていたそうです)

皆さまのご助言を読んでいますと、受信機ってそんなに簡単に壊れるものではないのですね。
とりあえず安心致しました(買っては壊されてはたまったものではないので
しかし、動かない方の受信機、どうしてなんだろうな・・・

c4cronoさん
ちくわさんは、今までにいくつサーボ焼いたんでしょうか、お聞きしてみたいです

ほりさん
>壊したのに原因を調べずに動かせば、同じように壊れます
そうなんです、またオサルが同じように壊すのが怖くて、皆様にお伺いしたような次第です。
仕付け糸の例え、いつもわかりやすくてうれしいです

Zakさん
>目隠しして坂の上から自転車でダイブするようなもの
怖すぎる・・・
今回の「壊れた!焼けた!」騒動はオサルにとってよい勉強になったと思うのですが、まだおっしゃって頂いたくらいまで思うほどには懲りていない様子です。
大会本番前にまたやっちゃったりしたら、本当に懲りるかもしれませんが・・・

UE村さん

オサルが「受信機は、うちから外へ持ち出すと壊れるらしい」なんて自説を語り始めたので
「え?」と思って、ここでお伺いした次第です(笑)
簡単に壊れるものじゃないのですね。あ~よかった(汗)

投稿: オサルのハハ | 2010年9月 5日 (日) 20時55分

ポキオさん

今日は、ロボットセンターでお声をおかけ頂きありがとうございました。
お知り合いができればできるほど、次のかわロボ大会が楽しみになります♪
まだまだ未熟なオサルを、どうぞよろしくお願い致します。

サバゲの見学につきましては、主催のたなかさんに、見学可能かどうか問い合わせ中です。
わかりましたら、ポキオさんのブログの方にご連絡致しますね。

投稿: オサルのハハ | 2010年9月 5日 (日) 21時32分

タカノ146さん

サバゲの弾のことで、わざわざご連絡いただき恐縮です
どうもありがとうございます。

BB弾はまだまだたくさんあるので、とりあえずは大丈夫だと思います
(部屋の床にいっぱい散らばっています・・・(-_-X)「絶対散らかさない!」なんてオサルは言ってたけど、やっぱりねぇ(-_-X))

投稿: オサルのハハ | 2010年9月 5日 (日) 21時35分

普通の使い方について

ラジコン用の送受信機は自社製のサーボを使用している事を前提にされています。

また、使用電圧は乾電池等の6Vを規定しています。
電流もそれに応じてサーボを動かすだけの電流(多分全部のサーボを動かしても1A未満)を考えて設計されていると思われます。

現在、どのような配線をしているのかこちらからでは分からないので推測になりますが
サーボロック→サーボ破損(または半死)→信号線から電流逆流→受信機破損
が考えられます。

修理に出すと受信機の何処が壊れているか原因が特定されるのですがなぜまでは難しいかもしれません。

ラジコンの車や飛行機のような画一的な使用方法とは違って、ロボットはほとんどメーカーの想定外の使用方法ですから経験的に普通と言う事は無いです。

今後壊さないようにするためには
1.電気部品は機械と違って壊れやすい。電圧や許される電流を超えると壊れる。
2.衝撃に弱いので落としたりしないように大切に扱う。
3.サーボは風呂の温度より熱くなったらすぐに電源を切ってロックして無いか、確認する。
4.最初に電源を入れたとき、サーボのロックが無い事、変な煙やにおいが出てないか確認する事。30秒程度動かして、電源を切り、3を確認する。
5.電流の通り道を回路図を書いて確認する事。
特に動力モーターは大きな電流を流して仕事をするので、受信機やマイコンなどを通らないように配線を考える。
川ロボもモータは半田付けしたアンプに大きな電流が流れるようにしてあるはず。
6.サーボは国内メーカ製のサーボを使う。
JR、FUTABAがおすすめ。故障時外国製は信号に電気が逆流する物がある。
例:GWSのマイクロMG等

投稿: ほり | 2010年9月 6日 (月) 00時34分

ほりさん

オサルのために詳しい説明、ありがとうございます。
オサルが一生懸命読んでおります。
最後まで読んで、最後の

>6.サーボは国内メーカ製のサーボを使う。
故障時外国製は信号に電気が逆流する物がある。
例:GWSのマイクロMG等

の「例:」に、見事該当すると言っております。
原因はこれか?

今回に懲りて、オサルが次に電源を入れるときは少しは注意をするかと思いきや
今、横で新しく配線をしていたのですが、出来上がったら「も一度確認!」と言っているオサルのハハの声をよそに、待ちきれずに電源入れるオサル
幸い大丈夫でしたが。

要するに、出来上がったら、オサルは即「ぽちっとな」せずにはいられないんです
問題はここですかね・・・


投稿: オサルのハハ | 2010年9月 8日 (水) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新・「ロボでサバゲ」用機体:

« 「ロボット1X」vs「チームさる山」 | トップページ | ロボでサバゲ!用機体・その2(笑) »