« DMDとPICマイコン その2 | トップページ | DMDとPICマイコン・その3 »

2010年9月26日 (日)

DMDについて・オサルから質問です。

P10308281

UE村さんから頂きましたコメントに、
ど素人のオサルのハハでは当てにならないと思ったのかcoldsweats01オサルが自らお返事をし始めましたが、
(オサルは最初は自分でキーを打っていたけど、打つのがあまりにも遅くてすぐめんどくさくなり、
結局ほとんどオサルのハハにキーを打たせたことはここだけの話( ̄ー ̄)ニヤリ)


結果、あまりに長い文になってしまいましたので、ブログ本文にさせて頂きます。
以下、オサルの文章です。

【UE村さんから頂いたコメントについて】

何のためにDMDが欲しいのかと言えば、2つのモーターをプロポで前後左右に動かしたいのです。
しかし、ラジコン用バックキャンセルスピードコントローラーでは、1つ7000~8000円しますからとても手に負えません。

そこで、
かわロボではサーボスイッチを、
「ロボでサバゲ」ではフタバS3003サーボの中身をつかっていました。
しかしどちらにも欠点があり、悩んでいました。
そこでたまたまこのサイトを見つけたのです↓

http://www.higashino.jp/rctank/dmd/mp/index.html

ここではDMDの作り方とソースリストを紹介しています。
(ソースリストは、ページの一番下にあります。)
自分は、喜んでこのDMDを作ってみたのですが、動かなかったです。
書き込みは、しまけんさんにやっていただいたので、完璧だと思うのですが・・・。

しまけんさんが原因として推測して下さっている問題は、

*配線がちゃんとできていない
*はんだがテンプラになっている

です。

(しまけんさんは対策として、
*HPの画像から回路図を起こしての回路図チェック
*オシロスコープを使っての信号チェック
をして下さると、オサルに提案して下さっています。
ほんとにいつもありがとうございますm(_ _)m オサルのハハ)

そして自分が心配している問題は、
*参考にしたサイトのプログラムが、フタバのプロポ対応ではないのでは?
ということです。

そのサイトの掲示板に、

公開しているPICはあくまで参考用で、受信機やアンプとして記事と全く同一の機種を使用した場合のみ流用可能です。異なる機種を使用した場合は必要に応じて修正せねばならないです。

と書いてあったので、
どこか書き直す必要があるのではないかと心配しています。   オサル

|

« DMDとPICマイコン その2 | トップページ | DMDとPICマイコン・その3 »

ロボット・その他」カテゴリの記事

コメント

>公開しているPICはあくまで参考用で、受信機やアンプとして記事と全く同一の機種を使用した場合のみ流用可能です。異なる機種を使用した場合は必要に応じて修正せねばならないです


この修正が必要なのかどうかは、色々調べなければ判りません。
修正が必要ないと分かっていれば部品不良や配線ミスを疑えばよいのですが。。。
(おそらくは受信機の機種によって出力される信号に大きな差はないと思うのでそのままで使えるんじゃないかと思いますよ。)


こいつのデバッグはいまのオサル君の知識と機材では無理です。
できることは配線ミス、はんだ付け不良のチェックくらいでしょう。

でも、せっかくのトラブルだから勉強する機会になると思います。(オサル君がどれくらいPWMとかPICを理解しているかわからんけど) トラブルシューティングは勉強になるので、も少し頑張ってみてはどうでしょう。
うまくすると色々と技術レベルがアップしますよ。


投稿: しまけん | 2010年9月26日 (日) 21時14分

おさるくん、相変わらずチャレンジャー
いいですね。

多分、回路図を作ったら、電源周り特にGNDがPICマイコンとドライバーの間でつながっていないか
スパイクキラー(モータにつけるコンデンサ)ないので
誤動作しているのか。
受信機とPICの間のGNDがつながっていないようにも見えるし、全体の回路図があればネット上でも検討できますがしまけんさんにお任せ(笑)

動かない状況が全くかかれていないので、分かりませんです。
単方向にだけ回りっぱなしとか、モータが全く動かないとか
回路的には電源をどう繋いでいるとか。


投稿: ほり | 2010年9月26日 (日) 22時52分

>公開しているPICはあくまで参考用で、受信機やアンプとして記事と全く同一の機種を使用した場合のみ流用可能です。異なる機種を使用した場合は必要に応じて修正せねばならないです


RCの受信機が出す信号の範囲はメーカー、機種で多少違いますが、基本的に他の受信機でも問題無い筈です。
もし問題が有ったとしても全く動かないのではなく誤動作になるはずです。
(ストップしないとかバックだけ出来ない等)
気になったのは、ソースが秋月電子のpa.exe用となっていた事ですが、しまけんさんが書かれているので問題ないかと。

次に疑うべき点としては、皆さんの書かれているものの他では。
1)もし写真に有る配線が全てだとすると本数的に明らかに配線が足りていません。

2)あの回路のままだとPICとモーターの電源が同じになっています。
  16F84Aは最大でも5.5v以下(実際にはギリギリ6v近くまで動きますが。)で無いと動きませんので、モーターとPICの電源を電池に直結するなら乾電池なら3本まで、ニッカド等でも4本までです。
  もしモーターの電源電圧を5.5v以上にしたければあの回路のままでは動きません。
プログラムはそのままでいいですが、回路を変更する必要が有ります。

いずれにしても一度、現状組み立ててある状態の配線図を書かないと間違いが判らないと思います。

因みにあのHPに乗っているのと殆ど同じ回路をガンローラーで使っていますが、問題なく動いています。
(PICとの接続、プログラムは全く違いますが。)

投稿: コイズミ | 2010年9月27日 (月) 00時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1059378/36937914

この記事へのトラックバック一覧です: DMDについて・オサルから質問です。:

« DMDとPICマイコン その2 | トップページ | DMDとPICマイコン・その3 »