« かわロボ・あら、バラバラ | トップページ | 「チーム瀬戸Jr.」vs「チームさる山」 »

2010年8月29日 (日)

かわロボJr.決勝戦

第17回かわさきロボット競技大会
バトルロボットトーナメントは観戦、
Jr.ロボット競技大会は参戦してきました。

オサルのロボット「オサルA号」
仕組みがわかりやすいように、アームが付く前の状態をアップします↓

P10307151

期日までにできあがるのか?と、たくさんの方にご心配頂いていたらしい「バラバラ解体」状態は、
20日出場の機体で使用したチェーン(下の画像↓)をやめて、ギア(上の画像↑)に替えるための解体でした。

P10306881

↑20日に出場した、チェーンを使った機体(裏側)。
チェーンが緩まないように、矢印の部分で押さえつけてあるのですが
連戦が続くうちにここに負担がかかるらしく、
矢印のパーツを取り付けてあるところの穴が、だんだん削れて大きくなってきてしまう(材料がABSですから・・・)

バトルを重ねるたび、どんどんABSが削れ、チェーンが緩み、外れやすくなっていく・・・20日の機体、実は、
いつ機能停止するかわからない、オソロしいロボットであったのでした(-_-sweat02)
こんな機体で、オサル、よく涼しい顔をして勝ち進んだものだ(-_-X)

それにしても、
20日が終わった時点でチェーンをギアに取り替えるのは、
1)29日まで期間が無い
2)オサルは、ギアに取り組む機会が今まであまりなく、手馴れていない
3)最近設計ミスが多く、失敗したらもう時間的に間に合わない→出場不可能に
ということで、オサルのハハは大反対致しましたが
「替えたい!替える!」と、オサル本人の意思が強く
気が付いたら機体はバラバラに。お手上げ┐(´д`)┌

しかし、
気合が入ったのかオサルは慎重に設計をし、何度も確認して穴あけをして
最初の1回で、きれいにギアを組むことができた。
29日の機体の動きは、オサルのハハも安心して見ていられるものでした。

*  *  *  *  *

機体バラバラ事件は、お陰さまでこうして無事収束。
以降は29日の対戦のご報告を。

29日の川崎産業振興会館。
かわロボ本戦が続く午後、本戦の3回戦が済んだところで、
Jr.ロボット競技大会の順位決定戦開催。
本戦のバトルフィールドが2つ並ぶ間に、Jr.用の平らなフィールドが設置され、本戦に参加する皆さんも見守る中、バトル開始。

最初はSくんの「チーム瀬戸Jr.」対、Oくんの「ロボット1X」。
ロボット1Xの勝利でした。

次に、オサルの「チームさる山」と、昨年の優勝者「チーム瀬戸Jr.」の対戦。
2回とも、押し出す形で、オサルが勝利。

最後に、「ロボット1X」とオサルの対戦。
1回戦目、ロボット1Xに下に入られ、オサルの「オサルA号」、立ち上がってしまい「お手上げ」状態に。ロボット1Xの勝利です。
2回戦目、後で聞いたら「1戦目は自分の機体の陰になって相手の機体がよく見えなかった」オサル、
立ち位置を変えて対戦開始。
今度はうまく下に入り、オサルの勝利。
各1勝ずつで迎えた3回戦目、オサルはコツを覚えたのかまたうまく下に入ってロボット1Xをひっくり返し、オサルの勝利。
オサルの優勝が決まりました。

「チーム瀬戸Jr.」は、強力そうな改造を加えてある機体が多い中、ベースになっているロボット工作教室での機体に忠実な作りであるのに、
他のロボットを抑えて勝ち進んできました。基本に忠実なしっかりした作り+確実な操縦によるものでしょう。昨年優勝チーム、今年は3位決定。
「ロボット1X」は、動きも速く、1戦目でオサルの機体をひっくり返したように攻撃力もすごかったです。堂々の2位。
このような強豪チームと対戦することができて、オサルは幸せモノです。ありがとうございました。
また、
今までいろいろとご指導ご助言下さったロボット作りの先輩方、
ロボットショップのスタッフの方々、
先生方、
お陰さまでオサルは優勝することができました。どうもありがとうございました。

*  *  *  *  *

さて、かわロボ本戦は進み、順位決定戦が行われ、1位~3位が決定しました。
順位は かわロボのHPに出ていますので割愛しますが、
1位・2位とも、このところかわロボに多い「とんがっている」系ではないロボットで、
しかも割と小型。
「かわロボ」と言えば「恐ろしいほどとんがっている」というイメージを持っていましたが、案外そろそろ「とんがらない」方へ流れが変わるかも。

表彰式で賞状と優勝カップを受け取るオサル↓。
インタビューでも、オサルは「缶詰のパンが食べられてうれしい」ばかり言っていて、
インタビューして下さった梁取先生ゴメンナサイ・・・。

Pict00721

最後に、オサルが「どうしてもこの記事はこれで締めてくれ」という画像を、どうぞ。

Pict00761

|

« かわロボ・あら、バラバラ | トップページ | 「チーム瀬戸Jr.」vs「チームさる山」 »

ロボット・こんなの作りました(小6)」カテゴリの記事

コメント

流石オサル君 
   優勝オメデトウ 

投稿: | 2010年8月30日 (月) 18時30分

優勝おめでとうございます。
日本の未来は明るいかも?(笑)

投稿: タカノ146 | 2010年8月30日 (月) 18時43分

おさる君、優勝おめでとう!
動画見ましたけど、すごくスムーズですばやい動き。

自分ももっと気合をいれてがんばらなきゃなぁ(^_^;)

投稿: しまけん | 2010年8月30日 (月) 23時53分

(お名前がないですね・・・)さん

お祝いのお言葉、ありがとうございます。

オサルは今も、これから作るものを次々と考え付いています。
面白いものができたらブログで紹介しますので、
また見に来て下さいませ。

投稿: オサルのハハ | 2010年8月31日 (火) 09時04分

タカノ146さん

どうもありがとうございます。
いろいろとご助言も頂いたりしたお陰様だと、感謝しております。
また練習会などで、よろしくお願い致します!

投稿: オサルのハハ | 2010年8月31日 (火) 09時07分

しまけんさん

どうもありがとうございます。
いろいろとお世話になり、ご助言を頂いたお陰さまです。

今回のかわロボ機体は、電動ガンを上に乗せて「ロボでサバゲ!」に登場予定だそうです。
しまけんさんの「シグマ」がサバゲに登場するのをお待ちしていますhappy01

最近オサルは作るばっかりで、プログラム系がすっかりお留守になっておりますので
夏が過ぎたらそちらの方もちょこっとは勉強してもらいたいと思っております。
ぜひ機会がありましたら、またご指導をお願い致しますm(_ _)m

投稿: オサルのハハ | 2010年8月31日 (火) 09時14分

まずは優勝おめでとうございます。さすが、食い物のモチベーションは高いですねぃ(^_^;)。

>こんな機体で、オサル、よく涼しい顔をして勝ち進んだものだ
いや、逆に大したタマ(失礼)ってコトですぜ、それ。

勝負やプレゼンに重要なのは、たとえミスがあって完全に無視して、勢いで押し切る精神力だと思うんですよ。歳食ってる人でも案外コレができてなくて、アタフタする間に時間切れになったり、攻撃喰らったりしてますしね。

それがチャンとできていて、かつダメな点の見極めができ、直前でも完全にバラして直す根性は大したもんですわ。普通なら、ビビってしまってそのままダマシダマシ使ってしまい、結局試合を不意に終わらせてしまう事が多いですから。

カワサキ制覇されたんですから、次はわんだほー制覇かな(にやり)。

投稿: Zak | 2010年8月31日 (火) 12時11分

優勝おめでとうございます。
Zakさんの言われるようにさすが、食い物のモチベーションは高いですね。(*^_^*)
(まるでくままさんの様です。)

9/11のロボでサバゲの際はまたよろしく~。

投稿: コイズミ | 2010年9月 1日 (水) 00時37分

Zakさん

どうもありがとうございます。
いろいろとご助言を頂きましたおかげです。

すばらしいコメント頂きありがとうございます。私自身では、オサルにここまでうまく「勝負どころ」を説明できません。
オサルも読解力がないので、まだ頂いたコメントの意味をとれないようですが
おいおい理解してくれると思います。

今回のチェーンの問題、オサル自身である程度「ここまでは行けるだろう」と見切ってのことだったと思いますが
見てるこちらとしてはヒヤヒヤして仕方なかったです(汗)

投稿: オサルのハハ | 2010年9月 3日 (金) 08時01分

コイズミさん

どうもありがとうございます。
いろいろと教えて頂きましたお陰さまです。

来年オサルが出たいと言っているBRAVEでは、賞品に米が出るそうなので、オサルより私が燃えそうです(笑)
主婦は、主食がかかると燃えます。パンより米のほうがやっぱり燃えますよね、くままさん(笑)

「サバゲ」ですが、オサルは相変わらず、被弾センサーで苦戦しております。
11日、もしお時間がありましたらで結構ですので、ぜひアドバイス下さいませm(_ _)m

投稿: オサルのハハ | 2010年9月 3日 (金) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1059378/36444496

この記事へのトラックバック一覧です: かわロボJr.決勝戦:

« かわロボ・あら、バラバラ | トップページ | 「チーム瀬戸Jr.」vs「チームさる山」 »