« 関東組練習会参加・2010年5月 | トップページ | 四足ロボの歩き »

2010年5月22日 (土)

四足ロボ制作中

P10303231

オサル「四足ロボを作って、サバゲ用にする!」

・・・二足、かわロボ、サバゲと、テーマをいくつも抱えているのに
どうしてこう、次々と新しいことを始めるのでしょう(泣)

最初オサルは、サバゲ用の機体には、以前買ったガンローラーを使うと言っていた。
「ガンローラーの無線化」は、マイコンの勉強としてもとてもいい機会だと思っていたのに、
方針変更ですか
多分、たなかさんのロボ「ヒノカグヅチ」とか、しまけんさんの「シグマ」を見るにつけ、
同じようなものを作りたい気持ちが盛り上がってきて
とうとう実行に移したものと思われる。

やりたいことをすぐ形にするのはオサルのいいところでもあり、こういう場合はちょっと困ったところでもある。
まあ、今はやりたいことをやるのがいいのかなと。オサルのハハは、大会期日が気になりながらも・・・とりあえず放置(笑)

さっき見たら四足ロボに初めてモーションを入れたようで、動いてましたが
ものすごーくゆっくりその場でモジモジしてるだけで、
とてもサバゲの実戦に使えるとは思えない。
これからもっとキビキビした動きを、オサルは作ることができるのだろうか?

|

« 関東組練習会参加・2010年5月 | トップページ | 四足ロボの歩き »

ロボット・こんなの作りました(小6)」カテゴリの記事

コメント

ロボノバの部品を上手く使ってますね~
私が試作した四足は、本体を大きめにしないと、脚同士がぶつかりました。
大丈夫ですか?そのサイズで~

投稿: タカノ146 | 2010年5月22日 (土) 16時35分

>・・・二足、かわロボ、サバゲと、テーマをいくつも抱えているのに
>どうしてこう、次々と新しいことを始めるのでしょう(泣)

気にしなくても良いと思いますよ。
私もポンポンやりたい事、作りたい物が出てきますから。
(部品だけ購入して止まってる物もや書きかけのCAD図だけの物も多々あります・・・)
オサル 君の行動力を少し分けてもらいたい位です。
(基本ナマケモノなので行動出来ず止まってます)

投稿: カンタンク | 2010年5月23日 (日) 17時44分

四足の歩き方って、二足と違ってまた独特のものがありますから、とりあえず犬の歩き方をよ〜く観察するコトから始めるとイイかもですねぃ。

特に、歩くペースでどのように足を運んでいるのかの違いを見極められるとイイかもです。

投稿: Zak | 2010年5月24日 (月) 11時09分

すばらしい!本等にいつも完成度の高いものが作れるんですね!
とても小6とは思えないです!
材料を加工する道具とか、きっとたくさんそろえてるんでしょうね~!
アクリル板や金属板をカットする電動のこぎりとか持ってるんですか?
うちは実験のための材料カットに、かなり苦労してます。電子回路図やプログラミングはできても、工作のノウハウがド素人なので・・・・。

投稿: ははうえ | 2010年5月25日 (火) 00時16分

タカノ146さん

本日、この四足ロボの歩く姿をアップしました
特に足がぶつかるということはないですよ。

カンタンクさん
あれだけ密なものづくりをされるのに、「基本ナマケモノ」なのですか?(信じられない
やはり、作りたいものが次々と浮かんでくるものなのですね。

ZAKさん
うち、犬を飼っているのですが・・・歩き方をオサルが観察しているようには、見えません(汗)
自分で四つんばい(しかも、なぜか腹を上にしての四つんばい)になって、
「自分がロボットの気持ちになって考えるんだ!」と、四足で歩いてみています。
家の中で、オサルのその姿に急に出会ったりすると、結構びっくりします(苦笑)

ははうえさん
うちのオサルは逆に、電子工作やプログラミングはちょっと苦手にしておりますよ(笑)
もちろん、ある程度まんべんなくわかることは必要でしょうが、
それぞれ得手不得手があっても、またチームの中での役割分担などもできて楽しいでしょうね。

投稿: オサルのハハ | 2010年5月25日 (火) 21時18分

>あれだけ密なものづくりをされるのに、「基本ナマケモノ」なのですか?(信じられないcoldsweats02)

私が3DCADやCNCフライス等を使う理由はナマケモノなので
作り直しを極端に減らしたいと思う所もあります。
全体を通して、自分が地道に作業する時間を極端に減らしたいと思うので
色々便利な道具に頼って物作りをしてます。
(自分の腕よりCNCフライスの加工精度を信じてます)

私のもの作りは
工芸品のような職人の手作りのような一品物では無く。

工業製品のような均質的な物作りを目指しています。

なので全体的に妥協の塊です。
職人の一品のような全てに魂の入った仕上げ何てされてませんからね。

投稿: カンタンク | 2010年5月26日 (水) 21時50分

え〜っと、エンジニアはナマケモノでなければなりません。その代わり、

「苦労を軽減するための苦労は厭わない」

という覚悟も必要になりますケド(^_^;)。

投稿: Zak | 2010年5月27日 (木) 10時20分

Zak さんが良い事言ってくれました。
>「苦労を軽減するための苦労は厭わない」
これが私がかなりの時間をかけてCNCフライスをくみ上げた理由です。
本当は市販品が買えれば最高ですが、物凄く高いので自分で作る事にしました。

工業製品は、職人の一品物とは違い、
手を抜ける所は徹底的に抜きます。
力を入れるべき所は必要最小で収めます。
この必要最小が過大にならないよう、 最小を下回らないよう、絶妙なバランスを取るのが設計者の仕事なのです。
(手を抜ける部分も抜きすぎる事が無い様注意します)


投稿: カンタンク | 2010年5月27日 (木) 12時46分

カンタクさんと Zakさんの話にウンウンとうなづいてしまいました。
うちの子も自分の専門分野では徹底して手を抜かない。
プラグイン、API、などなど・・。
ゲームを製作するにもBGMから素材から何まで自作じゃないと許せないようです。

でも、部屋の汚さは凄まじい。
それから学校からもらったプリント用紙がゴミに混じって放置されてたり・・・。
これは性格か?!

投稿: ははうえ | 2010年5月28日 (金) 12時32分

カンタンクさん

オサルのやっていることは今のところ、「何でそこまでやるの」というくらいの、究極の職人芸ですね(汗)
もうこうなったらアホなくらいとことんやってもらって、
いずれ、そこそこの
「過大にならないよう、 最小を下回らないよう」
という加減をつかんでいくのかな、と思っております。

投稿: オサルのハハ | 2010年5月30日 (日) 20時07分

Zakさん

>エンジニアはナマケモノでなければなりません

そうなのですか?エンジニアってすごくまめな印象がありますけど・・・
何ででしょう???

投稿: オサルのハハ | 2010年5月30日 (日) 20時11分

ははうえさん

うちのオサルも手の抜き加減がまだわからないので、とことんやってますが
最初はそれでいいと思いますよ。
そのうち加減もわかってくるでしょう・・・締切(大会当日)に合わせての、計画的な時間配分が大事だということもね( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: オサルのハハ | 2010年5月30日 (日) 21時22分

>エンジニアってすごくまめな印象が

例えばご飯を考えましょう。まめなエンジニアなら、カマド炊きがイチバンってコトで、自分でその炊き方を極めようとします。多大なる努力をして、自分の腕を磨いてイチバンの飯炊きになろうとします。

グータラなエンジニアなら、それを全自動化して勝手にご飯が炊きあがるようにするワケです。もちろん、全自動化にも多大なる努力が必要ですが、その努力は一切惜しみません。なぜなら、「後でラクできる」からです。

そういう意味で、常にナマケモノの視点が必要だと思ってます。できるだけ無駄な作業を省き、短期間にモノを作り出すには、

「すでにあるものは最大限活用する」
「できるかぎり自動化する」

事が重要だと思うんですね。「作業している俺」に酔いしれていてはイカンって意味でもあります(にやり)>オサル君。


ただし、時々腕磨きと称して飯盒で飯炊きする事も重要ではあるんですケドね(^_^;)。

投稿: Zak | 2010年5月31日 (月) 10時59分

Zakさん

わかりやすいご説明、どうもありがとうございますm(_ _)m

うーん、オサルにはまだ「今あるものを最大限活用する」ための応用力や、
「出来る限り自動化する」ための知識がありませんね・・・。
それをこれから勉強していくのでしょうね。

今はひたすら部品を削りだし、眺めて「酔いしれて」いるオサルです(笑)

投稿: オサルのハハ | 2010年6月 4日 (金) 21時06分

>今はひたすら部品を削りだし、眺めて「酔いしれて」いるオサルです

これもうちの子の小学校時代と同じですよ~!
当時の私は、息子の将来が心配で、ついつい一番興味のあるものに集中して欲しくなったものです。
中学校に上がっても興味が分散してました。
「面白い」と思うことで伸びてきたので、それを見守る親の忍耐が試される気がします。そしてそれは現在進行形です(^^;)

投稿: ははうえ | 2010年6月 5日 (土) 14時59分

ははうえさん

息子さん、「興味が分散して」ということですが、たくさんのことに興味があるって素晴らしいことですね。
うちのオサルは、好きなことははっきりしていてまあまあ実力もついてきているのではないかと思うのですが、
好きな専門に進むための学力が足りません(泣)
これが本当に心配です・・・

投稿: オサルのハハ | 2010年6月 6日 (日) 23時07分

ヲイラも当時は「酔いしれて」おりましたんで、状況は概ね想像がつきます(^_^;)。今もかもしれませんが(自爆)。

学力に関しては、学校にどんな設備があるのかと、その学校の過去の入試問題集(赤本?)を見せ、「これが解けたらこの設備を使わせてもらえるかも」という釣り方(笑)がイチバンという気がします。

#少なくとも、ヲイラはそれでかなり釣られました(^_^;)

興味の分散は、自分でハンドリングできる限りは幅広い方がお勧めですので、バンバン分散して行く事をお勧めします。ただし、サイフが追従する限り.....ですけど(^_^;)。

#ヲイラの多趣味は、そうやって形成されました(笑)
#また、両親には「そういうのは自分で稼ぐようになって
#からやれ」と言われ続けたので、今やってます(爆)。

冗談抜きで、エンジニアに求められるのは「広く浅く、所々深く」だと昔から言われていますし、今後もそうだと思います。なので、幅広く興味を持つ事はとても重要だと思いますよ。

投稿: Zak | 2010年6月 7日 (月) 09時51分

Zakさん

頂いたコメントを読んでいるうちに、
なんだか、大きくなったオサルが今のオサルにアドバイスをくれているような気になってきてしまいました(不思議な世界ですね)
「そういうのは自分で稼ぐようになってからやれ」
というのも、うちでよくオサルに言っていることですので。
とても参考になります。ありがとうございます。よし、勉強に関しては、教えて頂いたやり方でオサルを釣ることにしよう(笑)

「広く浅く、所々深く」については、
オサルはロボット関係についてはとにかく何にでも興味を示しますけど、
それ以外についてはそうでもないですね
(バイクにも、鉄道にも興味を示しません(笑)ゲームはやりたがりますけど、とり付かれたようになって怖いくらいなので、今のところ家にゲームはありません)
・・・これは将来のエンジニアには、どうなのでしょうね。

投稿: オサルのハハ | 2010年6月 7日 (月) 21時28分

まぁ、多くのエンジニアは良く似たルートを辿っているでしょうからね(^_^;)>未来のオサル

ロボットと言ったって幅は広いですし、メカの勉強には既存のメカを知る事も重要でしょう。ただ、ヲイラの場合もそうでしたが、そういうのってどこかのタイミングで自然と増えて行ったというのが正直な所です。

例えば、いずれ移動手段にクルマか単車を選ぶ時期が来ると思いますが、自腹なら当然ガタピシした中古車を扱うワケで、イヤでもメンテナンスを覚えねばならない状況になります。

大会の記録を撮ろうと思えばそれなりにカメラの知識も必要になります。コンパクトデジカメでは大した写真は撮影できませんしね。

#RobotWaveにアップしてある大会写真は、新品で購入
#したら50万円を下らないセットで撮影してあります。
#もちろん、格安中古ですけど(笑)。

http://robotwave.sakura.ne.jp/

自律型に挑戦するなら、それこそプログラミングのテクニックに加え、センサ関係のハードウエアの知識や腕が必要になりますし、それらをやるための道具類の事まで考えると......もう、キリがありません。

こんな感じで、「ロボットをヤル」と言っても恐ろしく幅の広いコトが必要になってくるんですよね。

そして、アレコレチャレンジして「失敗」もしくは「挫折」する経験が重要だと思います。次回、同じ轍を踏まないでおくために必要な事を考えると、自然とそういった「他に必要な要素」が大切な事に気付きますからね。

特に、如何に自分のサイフの中で多くの事をやろうかと考えると、自分でヤル以外には方法がない事がほとんどですし(^_^;)。

投稿: Zak | 2010年6月 8日 (火) 09時27分

Zakさん

どうもありがとうございます。
Zakさんの多趣味は、ご自分の好きなことを追求していくうちにだんだん広がっていったのですね。

Zakさんは常々、「自分の好きなことを仕事にするべきだ」とおっしゃっていますよね。
オサルにも、いろいろな経験を積み重ねながら、ぜひ好きなことを仕事にしてもらいたいです。
私が、好きなことを仕事にしたいとずっとずっと思いながら、果たせていない情けない状態なので、
余計オサルには期待して?しまうのかも・・・(恥)

投稿: オサルのハハ | 2010年6月10日 (木) 21時39分

いやぁ、実はあんまりお勧めしてまへん(^_^;)>好きな事を仕事に。

#言外に伝わってる可能性は否定しません(笑)

なんせ、それなりに覚悟が必要ですからね。特に、好きなモンでイヤな目に遭う事も多く、いつまでモチベーションを維持して行けるかを考えると、普通は趣味は趣味にしておいた方が気楽ではあります。無論、趣味を仕事にできる喜びも大きいですけどね(^_^;)。

ただ、どちらかというとヲイラの場合、そもそもそういったモンぐらいしか仕事できそうなものがなかったからというのが大きいですわ。要するに、単に不器用なんですよ(自爆)。

投稿: Zak | 2010年6月11日 (金) 11時08分

Zakさん

いえいえ、器用貧乏という言葉もありますので。
不器用だから好きなことがお仕事、すばらしいですよ。

そういう意味では、オサルも多分「不器用」の方に入るだろうな・・・

投稿: オサルのハハ | 2010年6月11日 (金) 20時26分

ロボットをやる限り
趣味を仕事はほぼ無いと思ってください。
趣味を仕事って言うのは、車の外装作りが趣味で、仕事でも車の外装を作ってる場合です。

ロボットの趣味はロボット大会のロボットはそれだけしかありませんから、
他人から見たら趣味を仕事にしていると思われるでしょうが。
実際は違います。
ロボで趣味を仕事にするのは、大学教授になるか、自分でテーマを決定出来る研究者になるか、自分で会社を起こすしか方法は無いですよ。
仕事の場合は大体お題が決まってますからね・・

後、浅く広くもある程度のレベルの浅さが必要なのでかなり努力する必要がありますよ。
それでも学校のテストのように(覚えている)必要は皆無なので、必要な物事のメモや本を揃えるようにすれば大丈夫ですけどね

投稿: カンタンク | 2010年6月11日 (金) 21時13分

カンタンクさん

もちろん、「ロボットを作る」のを仕事にできる可能性は非常に少ないですよね。
「仕事」を、「ロボットを作る」のに限定するわけではなく、
自分の好きな分野の知識を使った仕事につけるといいね、くらいの意味合いです。
ロボット練習会では、自分の好きな分野の知識を使ったお仕事をしていて、趣味でロボットを作っている方が
たくさん参加しています。
そういう先輩たちを見て、自分の将来を考えてくれるといいですね。
もちろん、カンタンクさんもその先輩たちのお一人です。
ですから、かわロボサロンでお会いしたときに、図々しく
「ところで、お仕事は何ですか?」
と、お伺いさせて頂いたわけです。


ところがオサル自身は、将来は「自分で会社を起こす!」と豪語しています。簡単に言うなぁ。ロボットクリエーターの高橋さんみたいになりたいようです。
会社を自分でおこして社長になることがどんなに難しいかを説明したら、
「じゃあ、課長さんになる」と・・・何故、課長さん?全然わかってないです

投稿: オサルのハハ | 2010年6月12日 (土) 15時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四足ロボ制作中:

« 関東組練習会参加・2010年5月 | トップページ | 四足ロボの歩き »