« 塗装に凝り始めた・・・ | トップページ | ABS樹脂ロボ、手がついた »

2010年2月 4日 (木)

お楽しみ会で

P10208321

オサルの通う小学校で、
年1回のお楽しみ会
(文化祭のようなもの。高学年がクラスごとに出し物を考え、教室や体育館を使ってゲームやお化け屋敷などを用意して低学年を招待する)
があった。

オサルのクラスはいろいろなゲームを用意。
ストラックアウトとか、缶ぽっくりとか・・・。
そのうちのひとつが、
オサルが張り切って仕組みを手製した「ダーツ」。

上の画像の右奥の丸い缶に、ダーツの的になる大きな発泡スチロールを貼り付け、
さらに大きなモーターを取り付けて、的が回るようにしたのだそう。
オサルは回る仕組みだけを作り、発泡スチロールの貼り付けや色塗りは他のお友だちがしたそうだ。
ちなみにダーツの矢は、竹ひごを鉛筆削りで削って尖らせた先にテープを巻いて補強したもの。
もちろん、竹ひごの尖らせてない方には、本物のダーツの矢に似せて、かっこよく羽をつけて。

オサルの報告によると、回るダーツの的は随分好評だったそうで、順番待ちの列ができたそうだ(笑)
でも、
このダーツの的、どのくらいの期間回したのか知らないけれど、
最後の方にはうまく回らなくなってきて
キー・カコン、キー・カコン、と、かなりくたびれた回り方をしていたらしい

|

« 塗装に凝り始めた・・・ | トップページ | ABS樹脂ロボ、手がついた »

ロボット・こんなの作りました(小5)」カテゴリの記事

コメント

イベントで順番待ちが出れば、大成功でしょー

最後は、回転盤のバランスか、モーターの寿命か、はたまた電池切れか?
システムの限界まで、よく頑張ったのだと思いますよ~(^_^)v

投稿: タカノ146 | 2010年2月 5日 (金) 00時01分

うんうん、ウケを取れたなら成功っすよ。

あとは、なんで調子が悪くなったのかを少し調査しておくと、今後につながるナニカが見えるカモです。二足歩行ロボにも使える知識がえられるカモ。

投稿: Zak | 2010年2月 5日 (金) 11時43分

「ダーツの仕組み、何で最後調子が悪くなったの?」とオサルに聞いてみたら、

オサル、元気良く「わからない!」

ダメですね、これは・・・

投稿: オサルのハハ | 2010年2月 7日 (日) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お楽しみ会で:

« 塗装に凝り始めた・・・ | トップページ | ABS樹脂ロボ、手がついた »