« 関東組ロボット練習会 | トップページ | オサル3号、試行錯誤中 »

2009年11月15日 (日)

ロボノバ解体

P10205211

このところ今ひとつロボット作りが進んでいなかったオサル、昨日の練習会でスイッチ入りました。
今日は1日、削ったり貼ったりと忙しくしている。
そしてオサルは、次に作るロボットにサーボを流用するため、とうとうロボノバを解体
あ~バラバラ。譲って下さったc4cronoさんごめんなさい。次にロボノバの形に組みあがるのはいつなのか・・・

そうそう、たなかさん。オサルが、「ボクが6足ロボを作るまで、たなかさんは6足ロボットを壊さずにいてくれるかな」と、心配しております。
オサルは1台作るには前の1台を壊して材料を流用しないとならないので、たなかさんもそうじゃないかと心配してるんですが・・・(笑)

でも、サーボ高価だし、複数ロボット作りたいときは皆さんどうやってやりくり(?)しているんでしょう。

|

« 関東組ロボット練習会 | トップページ | オサル3号、試行錯誤中 »

ロボット・こんなの作りました(小5)」カテゴリの記事

コメント

私の川崎バトルロボットで言うと。
高価な電気系統と入手困難な部品は流用(過去の期待からハゲタカ)
してます。
ただ来年以降は稼動機体を一気に増やす計画なので、
ある程度の電気系の部品は出しますが、
その他の部品を自分で作る等して製造コストを極端に下げる計画です。
(その為に新しく高精度のCNCを組み立ててます)

投稿: カンタンク | 2009年11月15日 (日) 18時29分

解体、改造の同輩として、ご注意を~
ROBONOVAは、サーボのコードの長さが、設置場所によって異なるので、注意して下さい。

投稿: タカノ146 | 2009年11月15日 (日) 22時39分

ウチは、抜本的な設計変更でもない限りは、一つの機体を育ててますねぇ。

そうでなければ、イチからサーボ購入してますデス
(^_^;)

投稿: Zak | 2009年11月16日 (月) 15時44分

カンタンクさん

やっぱり高価なものは流用されるのですね。
機体を増やして買い足すものが増える分、作れるものはご自分で作って節約する、と。
何でもご自分で作れてしまうカンタンクさんならではのやり方ですね!


タカノ146さん

ロボノバ使いの先輩、ご助言ありがとうございますm(_ _)m
タカノさんのD0M子も、かなり改造してありますね。


Zakさん
Zakさんは、解体しないでひとつのロボットをじっくり作る派なのですね。
新しくロボットを作るときは、新しくサーボも買う、と。
本当は、それができれば理想的なのですが・・・お金が・・・(泣)

投稿: オサルのハハ | 2009年11月16日 (月) 22時37分

ちなみに、サーボを安く買う方法もいくつかありますが、それよりも慣れない取り扱いで壊す(ロボットではサーボは半ば消耗品です)ことを考えると、そもそも安いサーボで実験されることをお勧めします。たとえばプチロボみたいなものですね。

ただし、むしろサーボコントローラ(マイコン基板)だけは最初からイイ奴を使っておくことをお勧めします。ヲイラはヴイストン社のVS-RC003信者(笑)ですが、ほかにもいろいろありますね。

投稿: Zak | 2009年11月17日 (火) 09時26分

私のロボット作りの予算削減に大きいのは。
3D CADとCNCフライスです。
私も前は手書きで型紙を作りそれを材料に貼り付けて加工をしてました。
しかしこれでは、設計ミスが事前に分かりずらく、良く設計を失敗し材料を何個も駄目にしてました。
2Dcadを導入してからは、有る程度の失敗が減り、また材料の無駄も減りました(板材のサイズに限界まで切り出せるパーツを予め並べる検討がしやすい為)
最近になり3Dcadを導入してからは、
完全な設計の失敗は皆無になりました。
またcncフライス(自動工作機械)を導入してからは、部品作成時のミスも無くなりますます無駄にする材料が減りました。(昔は倍近い材料を購入してました)


CAD等を使ってみてはどうでしょう?
3D CADは中々フリーソフトは無いですが、
2D CADでしたらフリーソフトは結構ありますから、
今オサル君がノートや紙に書いてる絵をCAD上に入れて、失敗や無駄を予め確認して、大丈夫になったら作り始める。
部品を作る段階でもCADデータを型紙としてプリンターで紙に印刷して、それを材料に貼り付ける事で色々な無駄を減らして、効率良く物作りが出来るようになりますよ。

今の紙と鉛筆でも、材料に直接ケガキをせず。
印刷した物をコピーして、材料に無駄が出来るだけ少なくなるように貼り付けてから加工するだけでもしかしたら部品1つ、板一枚余分に作れるかもしれませんよ?

投稿: カンタンク | 2009年11月18日 (水) 02時04分

3D CADですが、もし2GHz以上のクロックを持つパソコン(まぁ、最近の普通よりチョイ上ならオケ)をお持ちで、画面もそこそこ広い画面をお持ちでしたら、実はある程度フリーに使える3D CADというのが存在します。

http://www.alibre.jp/

ここの無料版で、10パーツまではタダで作業できます。10パーツと言えば、片足分とか片腕分ぐらいにはなりますから、それぞれ分割して作業すれば、部品の干渉(関節曲げたら当たったとか)を事前にチェックできますよ。

ただし、それには自分で頑張って「部品」をCADの中で描いていかないといけませんケドね(^_^;)。

もしコレをお使いになるようでしたら、簡単な手ほどきぐらいはできますよ。

投稿: Zak | 2009年11月18日 (水) 09時53分

カンタンクさん

オサルはロボコンマガジンで紹介されていたフリーの2DCADをダウンロードして、
ちょこちょこ練習したりはしているようです。
でも、実際はまだまだ手書きです。
直接ABSにけがくものですから「アー間違えた!この辺りはもう使えないからあと何枚しか部品が切り出せない!」なんて言っています。無駄・・・
ご助言頂いたようにやってみるよう、オサルに言いますね。ありがとうございます。

投稿: オサルのハハ | 2009年11月19日 (木) 09時08分

Zakさん

うちもヴイストンのマイコン基盤買ったのに、オサルは思うように使えないらしく、今のところ放置・・・(泣)また秋葉原のロボセンに押しかけて教えてもらおうと思いますいずれどんどん使えるようになるとは思いますが。
3DCADの情報もありがとうございます。オサルが動かせるものかどうかわかりませんが、tryさせてみようかと思います。
ありがとうございます。

投稿: オサルのハハ | 2009年11月19日 (木) 09時13分

呼びかけられていたを、今発見しました(汗)

多脚戦車は、次に作る「多脚銃座」のテスト機という位置づけなので、基板やセンサー類は銃座に引き継ぐ予定です。

サーボやフレームはそのまま残すので、元に戻すことは可能ですよ。

ガンローラーを持っているのなら、その上にミニ電動を乗せれば、
似たような機種を作れ…

あ、お母さんの頭から、ツノがにょきにょきと(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

投稿: たなか/大日本技研 | 2009年12月 6日 (日) 14時24分

たなかさん

オサルの勝手な独り言でしたので、その点はどうぞご心配なく(笑)

頂いたコメントを読んで・・・

わくわく・・・(オサル)
にょきにょき・・・(オサルのハハ)

投稿: オサルのハハ | 2009年12月 6日 (日) 15時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロボノバ解体:

« 関東組ロボット練習会 | トップページ | オサル3号、試行錯誤中 »