« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月28日 (土)

2009国際ロボット展

前々からオサルと楽しみにしていたビッグサイトでの国際ロボット展、行ってきました。

会場では

P10205641

↑こんなのが床を這っていたり

P10205541

↑段ボールでできているのに美しすぎるロボットがいたり

P10205651_2

↑お好み焼きを焼くロボットがいたり

そんなこんなを見学しながら、会場奥のステージへ。ロボットビルダー持参の二足歩行ロボが、ダンスをしていました。
午後から同じステージで、「サンライズヒーローロボットバトル」なるものが開催されるそうで、知っている方もたくさん出場されるようなので、
それが始まる前にロビーで昼食。

昼食を済ませてステージへ行くと、バトル開始を待つ観客の中に上下ジーンズで髪の毛を後ろで縛った方が・・・
無事、Zakさんとお会いできました(なんかずっと知っているような気がしますが初対面ですcoldsweats01
Zakさんがお持ちのロボットを見せて頂き、オサルも早速、今作成中のABS樹脂パーツロボ(の足)をお見せする。Zakさんは早速たくさんのアドバイスを下さり始め、バトル開始を待つ間がいきなりロボット練習会に変貌(笑)
Zakさん、いろいろとありがとうございました。お世話になりついでに、今度ぜひ、オサルに3DCADの手ほどきを・・・近所なので(嘘)

さて、いよいよロボットバトルが始まり、オサルは夢中になってステージを見続け、もしかしてバトルを見るだけでロボット展が終わってしまうのでは・・・と思い始めたとき
休憩タイムに。
出番が終わったいしかわさんやZakさんがオサルのロボット(の足)を見つつ、
「これって、オムニの前田さんが以前に作ってたのに似てるよね~。
よし、前田さんに紹介してあげるよ!」
え?えええ~?あの、オムニを作った前田さんに、うちの小5のオサルを紹介?
と、思っているうちに、皆さんぞろぞろとヴイストンのブースへ突き進み、本当に紹介してもらってしまったのでした。
前田さんもいきなり小学生を紹介されて当惑されたでしょうが(苦笑)大変紳士的に、親切にお話して下さいました。
どうもありがとうございます。
オサルも「前田さんに紹介してもらっちゃった~lovely」と大喜びでした。前田さんにはお忙しい中ご迷惑だったかも(汗)
ご紹介して下さったいしかわさん、Zakさん、ありがとうございました。

あと、Zakさんたちと一緒にいらしたSISOさんからも初対面ですがいろいろ教えて頂きました。
ロボットビルダーさんってどうして皆さんこんなに親切なんだろう(嬉泣)

あっという間に終了時間の4時半に。オサルは各ブースで片付けや解体が始まっているのに、名残惜しがってなかなか会場から出たがりませんでした。
大丈夫、あと十年くらい経ったら、もしかしたらブース内の人になっていて、たっぷり展示会を楽しめるかもよ(笑)

いろんな方にお会いでき、紹介もして頂け、
オサルは小学生だけど大いに展示会を活用できたかなと思っています。
行く前は、黙って見て回って、バトル見て帰るという感じで考えていたので・・・予想以上に充実したロボット展となりました。
お世話になりました皆さまありがとうございました。

今回のロボット展を見ての、ど素人オサルのハハの感想:
「ロボット」というくくりの中で、オサルが今やっている「個人で楽しむ二足歩行ロボット」というのは本当に小さな小さな分野でしかないということ(会場は産業ロボットが大部分)。
でも、ホビーロボットは小さな分野だけど、それを楽しいと思う人がいっぱいいるのだということ(バトルが始まると、ステージの周りは黒山の人だかり)。
どちらもきちんと認識して、先に進んでいけるといいなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

2D CADデビュー・・・?

Pict02161

オサルが、ロボコンマガジンに紹介されていたフリーの2DCADで部品の設計図を制作。

きれいにできてうれしくて、ニヤニヤとながめたり家族のものに見せびらかしたりで、
実際にコレを使って部品の切り出しにはいつ入るのやら・・・?

ほりさんにご紹介頂いたSakra CADも試してみたようで、「あっちはここがよくて、こっちはここがこうで・・・」と、生意気に比較しています・・・まだ使いこなせないのにcoldsweats01

ところで、、CADに挑戦する前に、
コメントでカンタンクさんから頂いたご助言を読み、オサルは手書きで型紙を作り、とりあえず両面テープでABSに貼り付けた。
「両面テープなんかでしっかり貼り付けちゃって大丈夫?とれなくならない?」
と心配するオサルのハハに、オサルは
「端っこで実験してみて、ちゃんときれいにはがれるから大丈夫!」
と元気に言っていたが・・・

いろいろ作業をして少し時間が経ってから、型紙をはがそうとしたオサルが「どうしようはがれない!」と大騒ぎ。端っこで試しに実験したときは、貼ったのをすぐはがしたからきれいにはがれただけだったみたい(笑)紙の表面だけはがれて、糊部分が汚く残る、最悪の状態に。

結局紙の表面だけビリビリはがして、残った糊部分は消毒用の無水エタノールを含ませたティッシュでゴシゴシやったらなんとか落ちた(汗)
ABSを傷めそうで心配したけど、なんとか無事でした。
もう少し待って、皆様の賢いアドバイスを頂けばよかった~(泣)糊はがしも、いろいろうまい方法があるみたいだし。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

オサル3号、試行錯誤中

1月開催ということでオサルともども楽しみにしていた「わんだほーロボットか~にばる」、
新型インフルの影響が心配とかいろいろあったらしく、
残念ながら冬の開催がなくなってしまいました。
皆さん静かに受け入れて、大人だなあ。せめてここで小さくつぶやいてみよう、「あー残念!観たかったなー、わんだほー」。

Pict01801

さて、1月わんだほーに出場させるつもりで、オサルがロボノバを分解して得たサーボで組み立てていた二足「オサル3号」。
しょっちゅう部品を作り直しつつ、ここまで組みあがった。

オサル自身は、ロボット練習会があればわんだほー並みに「どきどき・わくわく」興奮できる人なので(笑)わんだほー開催がなくなったことにも、思ったよりがっかりはしていないみたい。
引き続き、オサル3号の製作を続行。
しかし・・・この先の部品を作るのに、オサルはABS樹脂板に直接けがいては、
「あっ間違った」
また書き直して「あっまた間違った」
これを何回も繰り返して、使えないABS板の範囲がどんどん広がっていく・・・あ~、ハンズで買ったABS板がどんどん無駄に・・・(-_-X)

カンタンクさんにコメントでご助言頂いたように2DCADでも使えればいいのだが、ロボコンマガジンを見てダウンロードした2DCADを開いてみてもオサルは
「あれ?あれ?どうしてこうなるの?」
結局板に自分で書いたほうが早いと、早々に2Dは挫折(というか、先送り)。
まだまだ当分、書き損ないで無駄にゴミになるABS板が出続けそうですweep

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

ロボノバ解体

P10205211

このところ今ひとつロボット作りが進んでいなかったオサル、昨日の練習会でスイッチ入りました。
今日は1日、削ったり貼ったりと忙しくしている。
そしてオサルは、次に作るロボットにサーボを流用するため、とうとうロボノバを解体sweat02
あ~バラバラ。譲って下さったc4cronoさんごめんなさい。次にロボノバの形に組みあがるのはいつなのか・・・

そうそう、たなかさん。オサルが、「ボクが6足ロボを作るまで、たなかさんは6足ロボットを壊さずにいてくれるかな」と、心配しております。
オサルは1台作るには前の1台を壊して材料を流用しないとならないので、たなかさんもそうじゃないかと心配してるんですが・・・(笑)

でも、サーボ高価だし、複数ロボット作りたいときは皆さんどうやってやりくり(?)しているんでしょう。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

関東組ロボット練習会

今日はオサルの小学校の行事をすませたあと、4時過ぎに川崎で開催のロボット練習会会場に到着。
夏にかわさきロボットを観戦に来たのと同じ建物です。なつかしいなあ~。

V40103231

今日は何やら、「こんなゲームをやってみたらおもしろいのでは?」という提案のあった新たなロボット競技を、試しに実際にやってみてるみたいです。

奥:WAOさんの暁丸 vs、手前:超二足さんのサイコログレートの対戦。
番号のふってある紙コップを、番号順に落として行って早く全部落としたほうが勝ち、というゲーム。
ワンゲームやってみては、ルールを少しずつ手直しして、
やる人も観る人も楽しめるゲームにしようと、皆さんとても熱心に話しあっていました。
こうやって新しいゲームが生まれるのね~

さて、オサルは会場でもいきなりABS樹脂からパーツを切り出す作業を始め、
「あ~、カッターを使うとき親指をそこに置くんじゃない~!」
といしかわさんからご注意頂いたり、
切り出したパーツを「どうも(精度が)納得いかない」とオサルが言っているところに
超二足さんが
「そのくらい平気。サイコログレートなんて・・・ほうら♪」
と、非常に手作業感たっぷりの穴あけ部分を見せて下さったり(笑)
本からの知識ではなく、直接こういうことを経験できる練習会って、いいですねhappy01

今回到着が遅くて、時間が限られているオサル。
「会場にいられる間に訊きたい事、全部きかなきゃ!sweat01」と今度はしまけんさんのところへ。
6本足ロボットの足の動かし方について質問。
オサルのハハが遠くから見ていると、しまけんさんはオサルに説明してくださるためにホワイトボードに図を書き始め、だんだん説明図が広がって大変なことになっている(汗)
しまけん先生、今回もどうもありがとうございましたm(_ _)m

そろそろ帰り支度をと思う7時前、
たなかさんの6足ロボットが、上にマシンガンのようなものを乗せてBB弾を連射する予定だそうで
オサルは「ボクもやる!ボクも6足ロボット作って、BB弾発射して、たなかさんのロボットと対戦する!」と。

それを聞いた瞬間、オサルのハハの目の前に、散らばったBB弾だらけになった我が家が、リアルに見えた・・・
だって今オサルは家でゴム鉄砲作りに凝っていて、居間の床はオサルが飛ばしてそのまんまの輪ゴムだらけなんですからcoldsweats02

「おかあさーん、BB弾買って~」
「ダメっ!!絶対ダメっ!pout
と、練習会会場で母子喧嘩を披露(泣)
ついでに、時間も夜7時半を過ぎ、いくら「もう時間だから帰るよ」を繰り返してもオサルが聞こえないふりをしているので
とうとう「この耳はなんのためについてるんだあ!」と耳をひっぱって連れ帰るという羽目に(恥)
楽しくて、帰りたくないのはわかりますけどね。また今度の練習会を楽しみにすることにしましょう。

帰りの南武線内で、オサルが鼻血を出してしまい
鼻血を出すことなんて普段ない子なので
「指つっこんだりした?」「ううん、なんにもしてないよ」・・???
結局、「あまりの楽しさに鼻血が出てしまったのだろう」という結論に・・・coldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

わんだほーに向けて

オサルは1月のわんだほーに向けて、二足歩行ロボットを作り始めた。

「あれ?ロボノバで出るんじゃないの?」という声が・・・すみません、ロボノバで出場するのはオサルのハハが禁止しました(←鬼)
だって、オサルを困らせるといつも、苦し紛れに、おもしろいもの作ってくれるんだもん(←鬼母)

P10205191_2

↑黒のABS樹脂板に、けがき針でけがいた様子。
「サアガに追いかけられても逃げられるくらい、早く走れるロボットを作る!」と、オサルは豪語。
ほんとにできるのかどうか、まあ見せて頂きましょう( ̄ー ̄)ニヤリ

オサルは自分でけがいた板の図を見ながら、「ボクもずいぶんうまくなったなあ・・・」とひとりでニヤニヤ。
見てるだけでウキウキするんだそうで。根っから好きなんですな。

さて、関係ないですが先日秋葉原のヴイストンロボットセンターで、すごく安く購入できた「ガンローラー」↓。

P10205201

どの方向にも移動できて非常に動きがなめらか・・・だが、少々音がうるさいcoldsweats01
オサルは一通り遊んだあと、分解して、足などを使ってオリジナルロボットを作ると言っている。

しかしこのガンローラー、我が家に来て意外な弱点発見!
うちは犬を室内飼いしているので、床に散った犬の毛がローラーにからんで、すぐ走れなくなってしまったcoldsweats02

ガンローラーで遊ぶ前には、まず部屋の掃除ねcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

シンナーくさい休日

昨日の土曜日は、オサルとそのハハでおでかけ。
オサルのハハの用事で浅草橋で買物をし、
その帰りに秋葉原に立ち寄りVstoneロボットセンターへお邪魔。

いつもながらスタッフの方々がとても親切で、
イダカさんが今外出中だと聞いてがっかりしたオサルに、少し経ってから「あと10分くらいで戻るそうですよ」と教えて下さった。
確認してくださったのかな。ありがとうございます。

戻られたイダカさんに、オサルは早速、Zakさんにお勧め頂いたとおり、
ステンレス定規でのアルミのバリ取りのやり方を尋ねた。
目の前でやってみせて頂くと、意外と、簡単そうで難しいみたい。
「やってごらん」とアルミと定規を渡されたオサル、イダカさんはすごく簡単そうにやっていたのに、自分でやるとなかなかうまくできなくて、ちょっとくやしそう(笑)

でもなんとかできるようになって、くるくる縮れた髪の毛みたいなアルミくずがたくさんできた。
そこでイダカさんが「このくずくずのアルミ、よく燃えるよ」なんて口をすべらせるので(笑)オサル大喜び。
「絶対家で燃やすぞ、要注意」と深く心に刻むオサルのハハ。

お店の売り切りコーナーにスプレー塗料の缶があって、オサルが「買う!」と。今まで吸い込んだり匂いがしそうだったりで買わなかったんだけど。
別の男性スタッフの方が、「スプレーするときは段ボール箱か大きなゴミ袋のなかでやるといい」とか、「黒を塗ってから銀を塗ると発色がいい」とか、あと購入の仕方やら手引書のことやら、いろいろ教えて下さいました。
皆さま、それぞれ得意分野があってすごいなあ。
いろいろとお心遣い頂いた女性スタッフの方にもお世話になり・・・皆さま、今回もどうもありがとうございましたm(_ _)m

さて、帰宅後の夜。
オサルは早速たくさんのちりちりのアルミくずを作ってきて
(「バリ取りの練習をし、結果的にくずがたくさん出た」のではなく、明らかに「燃やすためにアルミくずを作った」な、という量(-_-X))
オサルの父立会いのもと、台所のガスコンロで燃やして
「燃える燃える!」と大喜び。
【注:ここを読んで下さっているお子さんで、もし「やってみたい!」なんて人がいたら、燃やすのは必ず安全な場所で、大人と一緒にやって下さいね】
そして翌朝も、またガスコンロで燃やした跡あり。
そして、ガスコンロに散らばった燃え残りのアルミくずは、そのまんま(-_-X)ここお料理するところなんですけどね、本来は。

スプレー塗料の方。まずオサルは飛び散り防止用の段ボールを制作。

P10205081

窓部分はサランラップ。

「これで汚れないから大丈夫!」と言ってオサルは2階で作業開始。しばらくして様子を見に2階へ行こうと階段を上がっていくと、あがっていく途中から強烈なシンナー臭が・・・

2階じゅう、シンナー臭が充満(泣)

!!!段ボール箱を作って安心したからって、室内でスプレーするなああ(#`Д´)!!!

2階の全ての窓を開けて、臭いが抜けるまで、しばらくかかりました・・・

P10205071

オサルの初めての塗装作品(?)。銀色に塗装されたロボノバの背中パーツ(上)と、黒く塗装されたユニバーサルプレート。
撮影場所は、ベランダのエアコン室外機の上。スプレーは、必ず室外で。絶対。お願い(泣)

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

ウェディング・ロボット?

ロボットセミナーも無事終了し、のんびりとした昼下がり。
お隣の家のお子さんが、シャボン玉をとばしている。

オサル「シャボン玉って、機械でいっぱい出すこと、できるんだよね」
ハハ 「うん、結婚式で、チャペルからお嫁さんが出てきたときに使ってるの、みたことあるよ」
オサル「シャボン玉を?顔に吹き付けるの?」
ハハ 「違うよcoldsweats02、きれいに周りに飛ばすんだよ、ほら花びらを、花嫁さんとお婿さんにまいたりするじゃない」
オサル「オニは~そと、って?happy01
ハハ 「豆まきじゃなーーーい(-_-X)」

八王子の田舎のおさるさんに、お洒落なチャペルの結婚式や、フラワーシャワーを説明してもさっぱり理解してもらえず。
するとオサルが急に

「ボク、花嫁さんのドレスのすそを捧げ持つ、二足のロボットを作る!」と。
どこから思いついたんだか。

でも、アイディア的には面白いかも。
お嫁さんの歩きに合わせて自分も歩くロボット、もしできたらすごいかもしれない。
オサルくん、ぜひ、自分のお嫁さんと結婚するときに、お嫁さんのドレスのすそを、自作のロボットに捧げ持たせて下さい。

・・・しかし、待ちに待った結婚式で
そのロボットが数歩歩いちゃゴン!と派手な音を立てて転び、また数歩歩いちゃ転び、・・・そのたびにお嫁さんが(-_-X)な顔して振り向く、なんてことにならなきゃいいけど

こんな結婚式でもいいよ、とオサルと結婚してくれるひとは、将来現れるのだろうかcoldsweats02

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

幻の「必勝くん」

:
本当は縦長に見てもらったほうがわかりやすいのですが縦長でのアップはできないのかな??しかたなく横長で。
これがオサルの、未来館予選で優勝したロボットです。
「開いて大きくなるシャベル」というアイディアが全てなので、全国大会に出るまではとずっと公開を控えてきたのですが、まさか全国大会に出られないなんてことになるとは思わなかった(泣)
せめて、ここで皆さま、見てやって下さいませ。
:
本来はオサルのロボット(画面下、シャベルが赤いロボット)だけをご紹介するべきですが、シャベルが開く瞬間が写っているのがこのバージョンしかなく、
未来館でも全国大会でもご一緒していろいろお世話になった、中学生のSくんのお洒落なロボット(緑色)と一緒のご紹介です。
Sくんのロボットは、全国大会で競技の部で準優勝、デザインコンテストでも準優勝でした。
:
このオサルのロボットは、オサルが最初に思いついたアイディア
「大きなシャベルを突っ込んで、ピンポン玉を全部1回で取る!」
を、忠実に形にしたもの。
最初シャベルは折り畳んであるので、検定の基準の大きさ内に収まる
(未来館予選では『競技前の大きさ』が制限されていたのが、全国大会では『競技中最大限に広げたときの巾』が制限された)。
スタートして、相手ロボットとすれ違った後に(相手ロボットの通行の邪魔をしないため)シャベルを前に出すと、裏のゴムのおかげでシャベルが開く。
すくって、シャベルを上げながらもう戻り始めることができるので、格段に速い。
:
この様子は未来館で競技が始まる前の練習風景のもので、実際の競技会では中学生と小学生は別々に競技するのでSくんとオサルの対戦はありません。
ちなみにこの勝負、玉を取るのはオサルが早くても、ゴールの箱に玉を入れるとき、オサルは1個こぼしSくんは全部きっちり入れているので、Sくんの勝利。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

スパイダー競技会全国大会・参加までの経緯

8月末に全国大会への出場権を獲得した、ピンポン玉を運ぶスパイダーロボット競技。
いよいよ当日を迎えたが、今回はこの日を迎えるまでにいろいろあった。

日本科学未来館での競技会で優勝することができ、全国大会出場が決まったのが、8月末。
それから全国大会当日まで2ヶ月あるが、その間にいつのまにかスパイダーロボットの大きさの規格が変更になり、
今まで「競技前の状態での大きさが、このサイズ内であること」であったのが、「競技中に最大限に広げた横幅が、このサイズ内であること」に変更になった。
未来館での競技に出場したオサルのロボットは、動き出す前はコンパクトだが、動き出してシャベルを前に出すとシャベルが広がるタイプだったので、
この規格変更だと未来館で優勝したオサルのロボットは、出場できなくなる。

【なぜこのような規格の変更が行われたのかについては・・・訊いてみたのだけど正直良くわからない。
最初芝浦工大にうちが問い合わせをしたときは、電話で「あまりに差が大きすぎるので・・・」と言われたし、
その後,、この件についてうちの方から抗議文を文書にしてファックスで送り、その返答として
書類でご説明を頂いたときは
「(大きなシャベルで)対戦相手のロボットと接近した場合、邪魔をする可能性が高い」との説明だった
(でも、オサルのロボットは未来館での競技時には、邪魔をしそうな場合はちゃんと操縦で隅に寄って相手のロボットを通していたので、この説明も納得いかないと思った)
Buckeyeさんのところからも問い合わせをして下さったそうで、そのときの返答は、「同じような大きなシャベルのロボットが他にも出てきた場合、コート内ですれ違えなくなるから」との説明だったそうで、これが一番納得いくかな。
でも、結局本当の理由が何なのかはいまだにわからず】

この事実をうちが認識したのが、全国大会の9日前。
「なんでこんなにぎりぎりでの連絡なのか?」と問合せたら、
10月前半頃に芝浦工大ロボットセミナー担当さまから郵送で届いた「全国大会参加のご案内」の中に、
「ロボットは競技をする状態で検定を受け、合格すること」(太字筆者)
という文が追加されていたそうなのだが、
「予選のあとで規格が変更になりました」などの注意書きもこの書類にはなく、うちでは完全に見落としていた。
他の方から上記の追加についてスタッフに問い合わせがあったそうで、ロボットセミナースタッフが「念のため」とさらに追加で出した連絡で、うちは初めて状況を認識。
それが、全国大会9日前の金曜日夕方。

金曜日夜:自分のアイディアが否定されたと思ってオサルはがっかり、「もう全国大会には出ない」と、すっかり意欲をなくしてしまった。
土曜日:午前中はまだがっくり。
午後から、なんとか気をとりなおして、新しいロボット外装を作り始める。日曜日に外出の用事があるので、何か材料を買いに行くなら今日しかないわけだが、特に新しい材料を欲しがらない。
手元にあるもので適当に・・・なんかかなり投げやりな作り方。
それでも、この日にだいたい新しい外装を作り上げた。
月曜日:ロボットはできているのに練習しない。やる気がでないらしい。
火曜日:風邪をひいて発熱。新型インフルではなかったものの、頭痛と腹痛が続き金曜日まで学校を休む。当然練習もできず。
土曜日:なんとか復活。もう明日、やる気が出ないなんて言ってる場合じゃなく、慌てて1日練習。ピンポン玉をすくう方も、ゴールの箱に入れるほうも、なかなかうまくいかず不安だらけ。

てなわけで、日曜日、当日~。
まさかこんな状態で当日を迎えることになるとは思いませんでした・・・。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

ガムテープ1号(笑)

:
オサルの慌てて作ったスパイダーロボット。
日本科学未来館に出したロボットは「必勝くん」というロボット名だったのに、
こんどのは突貫工事でガムテープの跡も痛々しく、
その名も「ガムテープ1号」
脱力系の名前です。
でも、斜めに突っ込んでもシャベルにピンポン玉が入るよう、シャベルの先に工夫がしてあります。
(この工夫は、8月に未来館でご一緒した中学生のSくんの機体の工夫に感心し、自分のにも取り入れたようです)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

スパイダー競技会全国大会・結果

さて、オサルの「ガムテープ1号」。
全国からやってきたスパイダー競技会の小学生上位入賞者、8名ほどの中で順位を争う。

予選は4名くらいの2グループに分かれて、総当りのリーグ戦。
オサルは3勝1敗で、各グループ上位2名が進める決勝リーグになんとか出場決定。
予選のオサルは操縦ミスが多く、せっかくシャベルで積み込んだピンポン玉を、うっかり後ろの蓋をあけてしまってこぼしてしまうミスが続く。
いつものオサルなら考えられないミス。やはり、練習不足の自覚があって自信がなく、緊張してしまうのだろう(顔の表情がガチガチだ・・・coldsweats01 )
よく決勝リーグに進めたものだ。

4名での決勝リーグ。
不思議なものでオサル、だんだん調子を上げてくる。練習不足だったのが、あいつぐ試合で慣れてきたのか(本番で練習するなって(-_-X))、それに伴って緊張もなくなってきたよう。後ろを開けてしまうミスもなくなり、4名のなかで上位に入って決勝戦出場。
3回戦競技をして、相手のロボットは3回ともパーフェクト、オサルのロボットはあとの2回はパーフェクトを出したものの1回戦目で1つピンポン玉をこぼしたのが致命的となり、準優勝に。

まあ、大会の8日前くらいから慌てて作り出した「ガムテープ1号」で、ピンポン玉1つの差での準優勝、上等でしょう。
最初のアイディアロボが出場できないことで一時は落ち込んだオサル、でも会場の芝浦工大から帰宅するときは、
「楽しかった」と晴れ晴れした顔をしておりましたhappy01
よかったです。
参加者の皆さま、お疲れ様でした。芝浦工大のスタッフ、学生さんの皆さま、ありがとうございました。

さすがに今日はオサルのハハも疲れたので、明日にでも、全国大会出場が幻に終わったオサルの初代ロボットをアップしたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »