« FRPパーツ | トップページ | 足にベルトコンベア? »

2009年10月25日 (日)

高専ロボコン関東甲信越地区大会 観戦

Pict01281

高専ロボコン地区大会を観戦に、オサルと町田市立総合体育館まで行って参りました。
立派な体育館で、2階の一般観覧席はちゃんと階段状になっていて、とても見やすかった。

出場チームは茨城高専・小山高専・群馬高専・木更津高専・東京高専・長岡高専・長野高専・産技高専(荒川キャンパス)・産技高専(品川キャンパス)・サレジオ高専。
各、Aチーム・Bチームの2チームが出場。

競技課題は、DANCIN' COUPLE(ダンシング カップル)。
競技としては、手動の二足歩行ロボが、上の画像の赤・青の四角のところから歩き始め、
釘が立っているように見えるところに置いてある「プレゼント」を手に引っ掛けるか持つかして持ち上げ(ここで10点入る)、運び、
赤・青の丸のところに待っている自動のロボットに渡す(渡して10点)。
あとは、2つのロボットでダンスをしたり、一緒に回ったり、片方のロボットを持ち上げたり、という課題をクリアするとそれぞれ点が入る、という方式。
フィギュアスケートみたいな得点方式ですな。

毎回、ロボコンを見ていて思うのだけど、
多分長い時間と手間と情熱をかけて学生さんが作り上げただろうロボットが、スタート地点から一歩も動かず(またはわずかしか動けず)タイムオーバーで終了、終わり、っていうのは、見ていてすごく悲しい・・・・。
今回はクリアすべき課題がちょこまかと多くあるために、
スピンもできる、リフトもできる、ジャンプだって大丈夫、とよくばっていっぱい機能を盛り込んだ機体を作ってあるみたいだけど、
その前に、うまく歩けなかったりプレゼントを持ち上げるのに手間取ったり・・・
結局、最初の簡単な課題のところで、勝敗がもう決まっていた感じがしました。

オサルは、茨城高専Bチームのカブトムシの動きや、長野高専Aチームのドラゴンの造形がすごく気に入ったよう。
「やっぱり、ロボットはかわいいのがいいよね。ボク、かわいいロボットを作る!」
カブトムシやドラゴンが、どうして「→かわいい」に結びつくのかよくわかりませんが・・・

どうやらオサルの意図するところは、
いわゆる「ロボット」というときイメージされるゴツゴツ、金属バリバリ、という感じではなく
もっと外見がなめらかで、親しみやすいロボットを作りたい、ということのようです。

|

« FRPパーツ | トップページ | 足にベルトコンベア? »

ロボットイベント(観戦)」カテゴリの記事

コメント

あんな残念なロボットで優勝してしまって申し訳ないです……

テストランを見ていた感じでは長岡Bが70点以上狙えるロボットだったのですが、操作ミスらしく……
うちのAもBよりは強いのですが、回路の不調でオブジェもジャンプも出来なくて……

おっしゃるとおり、はじめから60点を狙ったロボットを作れば60点取れたルールですが、アイディアの時点で「如何に早く100点を取るか」という考えだったのが失敗の元だったのかなと思います。60点(ダンスまでの30点+ジャンプだけ)なら2週間くらい頑張ればできそうですよね・・・


今年の関東は各地区でも最低のレベルに入るので、全国大会ではもっと強いマシンがごろごろいると思います。

投稿: シクロ | 2009年10月25日 (日) 23時38分

横から失礼いたします。こちらのサイトに時々お邪魔しているばっかいず世話係と申します。

シクロさんはあの優勝校関係者でいらっしゃいましたか。私はとても好きでした、あのメカメカしさの中に美しさのある機体。それに6本足の自動ロボの滑らかなスピンも感動的でした。

今年のNHKロボコンは、ABUでも感じたのですが、課題設定の難易度が間違っているんじゃないんでしょうか。最初のほうの課題に時間がかかって、せっかくの機能を発揮できないものが多く、観戦していて歯がゆかったです。

全国にはバージョンアップして、優勝目指してくださいね。応援に行きます!

投稿: ばっかいず世話係 | 2009年10月26日 (月) 09時48分

「かわいい」の定義は「愛する事が出来る」「好きになれる」です。
他人からは、猿の様な顔に見える新生児でも、親には「かわいい」のは、そのため(爆)


しかし、女性型ロボットに走られると、ライバルになってしまう~

投稿: タカノ146 | 2009年10月26日 (月) 15時30分

シクロさん

まずは、
群馬高専Bチーム、地区大会優勝おめでとうございます!

確かに、あれだけ魅力的な課題をいくつも設定されれば、
若者なら「全部こなしてやるぞ!」と思うのが当然かも(笑)
でも、実際に3分という競技時間の中で
どれだけの課題を組み込むのが現実的か?というところでしょうか・・・
ど素人の分際で恐縮ですが、観ていてそう思いました。

一生懸命作ったロボットがうまく動かないのは、作った方々にとって身を切られるように残念なことでしょうが、
高専生のオリジナルロボットを観たくて見に行っている私たちのような者も、残念なのです。
精魂込めたロボットが、大舞台で持つ力の全てを出しているところを見せてほしいです。
負けてしまって、「敗者インタビュー」で、「実はこんなこともできました」って、ちょっと淋しいです

>今年の関東は各地区でも最低のレベルに入るので

そう淋しいことをおっしゃらずに・・・全国大会までまだ時間はありますし、がんばって下さい。
また観に行きたいと思います!

投稿: オサルのハハ | 2009年10月26日 (月) 21時44分

ばっかいずお世話係さま

昨日は大変お世話になりました。
競技の内容もろくに知らずに行ったオサルの質問に、的確に答えて頂き、ありがとうございました。
何を聞いてもぱっと答えが返ってくるので驚き・・・すごいですね

そして、「長いこと同じところでじっとしていられない」こばっかいくん&オサル・・・最後の方にはふたりで席から脱走。何しに行ったのかわからない状態となりましたが、楽しそうでよかったです

全国大会も楽しみですね。またぜひ、よろしくお願いしますm(_ _)m

投稿: オサルのハハ | 2009年10月26日 (月) 21時53分

タカノ146さん

ロボットは「機能的」とか「カッコイイ」とかのイメージが強いですけど
もっと人にとって「なじみやすい」「好きになれる」要素も
これから必要かもしれませんね。

投稿: オサルのハハ | 2009年10月26日 (月) 22時11分

オサルのハハ様

こちらこそありがとうございました! ご一緒に観戦できて、とても楽しかったです。ことにこばっかいは本当に楽しそうで・・・。面白いものを波長がぴったり合う人と見てるんだから、この世の天国ですよね~。

ぜひ全国大会もこの調子で観戦したいのですが、こばっかいは今年から中学生。全国大会は期末試験の約10日前です。行けますかねぇ・・。「ある程度、勉強を前倒しでやっておけば許可する」と言ってありますが、来週の自分の全国大会の機体がまだできてなくて(間に何ヶ月もあったのに!)、「やっぱり喉元過ぎれば熱さを忘れる号だ!」という有様の子なのでねぇ・・・。今回涙をのんだにこばっかいとBUCKEYE氏は間違いなく行きますが。

それにしてもオサルくんの知識はすごい! 望遠鏡で見ながら、「あ、○○の△△を使ってる! あれはね、評判があんまり良くなくて・・」と色々教えてくれました。教えて貰っても、うんちくを垂れるだけで実際のところメカものは得意としない私にはよくわからなかったのですが (^^ゞ。ああやって1つのことをきわめてゆく少年、いいですねぇ。応援してます、気持ちだけで実際のお役には立ちませんが。

投稿: ばっかいず世話係 | 2009年10月26日 (月) 23時43分

>もっと外見がなめらかで、親しみやすいロボット
つまり.....こういうのですねぃ(^_^;)

http://www.youtube.com/user/mujakiclockwork

投稿: Zak | 2009年10月27日 (火) 09時35分

ばっかいずお世話係さま

>オサルくん・・色々教えてくれました

いえいえ、教えるなんてとんでもないです
オサルはロボコンマガジンや、譲っていただいたROBOZAK誌などを、暇に任せて読みふけってますから
知識だけはいっぱいあるみたいです。
でも実際やったことがない、頭でっかちなんですよ・・・

こばっかいくん、中学生で勉強もなかなか厳しいですね。
できましたらまたご一緒して下さいね。
席でじっとしているのに耐えられずもじもじしだすのが、こばっかいくんもうちのもちょうど同じ頃なので、もうおかしくてたまりません(笑)

投稿: オサルのハハ | 2009年10月27日 (火) 18時58分

Zakさん

雛!何回見てもすごいですね

>もっと外見がなめらかで、親しみやすいロボット
オサルは、ロボットクリエーターの高橋さんの作るものをイメージしているようですよ。

投稿: オサルのハハ | 2009年10月27日 (火) 19時00分

雛も、元を辿れば高橋さんに行き着くようです。製作者のmujaki氏曰く、高橋さんの本読んで作ったとのこと(^_^;)。

投稿: Zak | 2009年10月28日 (水) 13時08分

まず、今回のロボコンを観戦してくださり、ありがとうございます。

私は計測係だったので各校の機体を間近で見ましたが、どこも限られた予算と短い期間の割に良く出来ていました。
私の学校は行けませんが、宜しければ全国も見てください。

投稿: ごーすと | 2009年10月28日 (水) 20時48分

>ロボットは「機能的」とか「カッコイイ」とかのイメージが強いですけど
>もっと人にとって「なじみやすい」「好きになれる」要素も
>これから必要かもしれませんね。

エンジニア的考えでは。
[なじみやすい・好きになれる]要素も[機能]に入ります。
最初に出ている要求の中に [なじみやすく・好きになれる事]とあれば全力でそのように設計・外形を変えます。
滑らかな曲線に丸みを帯びた外見に。
ただ無ければ箱や角ばったカクカクした外見にします。
(カクカクしてた方が設計・製造が容易だから)
カンタンクがそれで。
元々滑らかな曲線・好きになれる事と言う必要性が無いので戦いに必要な機能を並べ、それを適当に繋げるとあのような形となります
多分ルール上見た目の美しさを求められれば
もっと曲線的な丸みのあるデザインとなったでしょう。
カンタンクは90%機能優先によって出来た外見で、残り10%は私の多少の遊び心です。

投稿: カンタンク | 2009年10月28日 (水) 23時07分

Zakさん

>雛も、元を辿れば高橋さんに行き着くようです

そうなんですか~。
やはり、すごい影響力ですね。
高橋さんの影響で、親しみやすいロボットがどんどん出てきてくれると楽しそうですね!


ごーすとさん

やっぱり会場にいらっしゃったのですね。
サレジオ高専、残念でしたね。特に、最初に出場して動かなかったロボット。さぞ無念でしたでしょうと、お察しします
無線がうまくいかなかったのでしょうかね?

全国大会も、ぜひ見に行きたいと思います。


カンタンクさん

「ルール上見た目の美しさを求められ」たときに、
カンタンクさんがどういうものをおつくりになるのかも
見てみたいですね!
また違った難しさが出てくるのでしょうね。


投稿: オサルのハハ | 2009年10月29日 (木) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高専ロボコン関東甲信越地区大会 観戦:

« FRPパーツ | トップページ | 足にベルトコンベア? »