« 未来館でプログラミング教室 | トップページ | 高専ロボコン関東甲信越地区大会 観戦 »

2009年10月22日 (木)

FRPパーツ

P10204671

オサルは今、
11月1日のスパイダー全国大会に向けて、スパイダーの外装の作り直しをしているが
これはオサルからネタばれ禁止令が出ているので、ここに画像を掲載することができず。

そこで、相変わらずのテーマで恐縮ですが
オサル制作のロボノバパーツをご紹介。

今度のは、秋葉原のVSTONEロボットセンターで購入した「FRP(ガラス繊維の入った強化プラスチック)」という素材を使用
(右がFRP製パーツ、左はお手本のロボノバ付属パーツ)。

お店でなぜかこの素材が気に入り、「これを外装に使いたい!」というオサルにマネージャーが
「ガラス繊維が入っていて切り口がちくちくするから、十分気をつけるように」
と、念には念を入れて注意して下さったのに・・

何を思ったか、オサルはこの素材で、外装を作らずまたお気に入りのロボノバパーツのコピーを。
さっそく「指にとげが刺さった!!」と言ってきたが、
でも自分で選んで買って作業した手前大騒ぎするわけにもいかず、黙って自分で刺抜きで抜いていた(苦笑)

この素材って、ほんとは
こんなロボットパーツ用に使うものではないんじゃないでしょうか

|

« 未来館でプログラミング教室 | トップページ | 高専ロボコン関東甲信越地区大会 観戦 »

ロボット・こんなの作りました(小5)」カテゴリの記事

コメント

あんまり使う物では無いですよ。
私のカンタンクはたまたま超低価格で大量に材料を仕入れたので使ってるだけです。

材料のストックが切れたら早々にガラス繊維の入ってないプラスチックに変更する予定です。


ガラス繊維が入ってますから、削りカス等は十分管理して下さい。
私の場合、犠牲の掃除機を用意して、綺麗に吸い取ってます。

FRPの日本名称は繊維強化プラスチックなので、
このFRPの本当の名称はGFRPと言います。
G(ガラス)F(ファイバ・繊維)R(レインフォート・強化)P(プラスチック・樹脂)です。
カーボン繊維の物(良くF1マシンに使われている黒い奴)はC(カーボン)FRPと言います。

更に言いますと GFRP・CFRP自体はとんでも無く難切削材です。(加工し難い材料)
プラスチックの部分は簡単に加工可能なのですが、ガラス繊維部分がとんでも無く硬いので加工し難いのです。
私のフレーム一枚加工する為に 超鋼(ステンレスまで加工可能)刃物が犠牲になってます。
ドリル等は簡単に磨耗して使い捨てになります。

以上の事を理解して使わないと大変な事になる材質です。

強度の面では引張に対する強度は鉄並ですが、曲げる力に対する強度はプラスチックに毛が生えた程度です。

使いこなせば強い味方ですが、最初は振り回されます。 
長々と失礼しました。

投稿: カンタンク | 2009年10月23日 (金) 00時38分

FRPは、私も使いたいと思っていましたが、これではまるで超合金Zかウルバリーの金属骨格ですね~(爆)

車のバンパーなどにも使われていますが、使い方を考えねば!

投稿: タカノ146 | 2009年10月23日 (金) 04時19分

カンタンクさん

FRPについての素晴らしい解説、ありがとうございましたm(_ _)m
オサルが頂いたコメントを読んで、しみじみ
「カンタンクさん、すげぇ・・・(尊敬)」と。
お陰さまで、オサルも難しい素材FRPを、前よりはうまく使ってくれると思います

投稿: オサルのハハ | 2009年10月24日 (土) 10時54分

タカノ146さん

秋葉原のお店などでは、結構扱いの難しそうな素材とかも
値段がお手ごろであればオサルでも買えちゃうので、
オサルが選ぶのを見ながら
「それ本当に扱えるの?」
と、ヒヤヒヤしています・・・
Vstoneロボットセンターでは、いつも素材の扱い方について大変細かく注意をして頂けるので
(素材によっては「それはまだ止めた方がいい」と言ってくださることも)
いつも大変助かっております。

投稿: オサルのハハ | 2009年10月24日 (土) 10時59分

うはぁ.....見ているだけでカユくなってきます(^_^;)。FRPに使われてるガラス繊維ってのは、解り易く言えばいわゆる「グラスウール」そのものです。それを樹脂で固めたものなので、切り口から出てくるのはつまり「グラスウールの粉末」なんですね(^_^;)。

下手にカーペットとかに撒いてしまうと、永遠にチクチクしたりカユかったりしますんで、ご注意ください。また、刺さったのが抜けなくなってしまうコトもあり、ヲイラの手にもそういうのがあって、時々思い出したようにチクっとします(^_^;)。

投稿: Zak | 2009年10月26日 (月) 12時52分

オサル君のように手工具での加工しか道が無い人は
A7075(超ジュラルミン)やA2017(ジュラルミン)または繊維の入ってない樹脂、
(紙や布繊維入りは大丈夫だと思います。)
等のロボット大会では普通の素材を使いこなした方が良いと思ってます。
理由は既に出ている中に入っているファイバーの問題です。
私の加工では、全てcncで加工しているので。
加工中の切削粉は全て掃除機で回収しています。(加工機全体も覆ってあるので、多少の飛び散りはあるものの限定的)
また、手加工をする場合は、ゴム手袋か皮手袋を装着して、繊維対策を、また作業用BOX(ダンボールに手を入れる穴+除き窓にサランラップを付けた物)の中で作業する事で飛び散りを減らしてやってます。
以上の面倒な処理まで考えると
簡単にダンボール箱の上で加工して、掃除機で簡単に回収出来るアルミ等の方が適していると思ってます。

投稿: カンタンク | 2009年10月26日 (月) 21時30分

Zakさん

やはりFRPは、加工の際は要注意ですね。

ところで、Zakさんの手の中には、いまだにグラスウールがお住まいで、時々自己主張されると・・・
うはぁ・・・考えると、私までカユくなってきそうです~

投稿: オサルのハハ | 2009年10月26日 (月) 22時18分

カンタンクさん

オサルにも扱いやすい素材の御提案、ありがとうございます。

>作業用BOX(ダンボールに手を入れる穴+覗き窓にサランラップを付けた物)
FRPは、こういうものを用意して、その中で作業した方がよいものなのですね~。
オサルにも、加工中の飛び散りには注意させます。

投稿: オサルのハハ | 2009年10月26日 (月) 22時23分

オサルのハハさん
>FRPは、こういうものを用意して、その中で作業した方がよいものなのですね~。
>オサルにも、加工中の飛び散りには注意させます。

特にFRPは注意した方が良いのですが、通常の作業も作業BOXを使って作業する癖を付けると良いですよ。(何と言っても掃除が楽ですから)
特に小物のヤスリがけではbox内で作業が終わりますからね。

投稿: カンタンク | 2009年10月27日 (火) 00時24分

今までFRPの注意点について書きましたので。
FRPに関する話。
FRPと言うのは、大抵繊維(布)かフェルト状のガラス・カーボン繊維を樹脂で固めた物です。
フェルト状の物は厚みと全方向の強さを出す為。繊維状の物は表面の綺麗さと丈夫さを出す為です。
強度の出方では、フェルト状<布状の繊維方向に沿った物です。
FRPの模様は表面近くに使われている布状の繊維の模様です。(特別に作られるFRPは繊維状の物だを重ねた物もあります。逆にフェルト状の物だけの物やバラバラの繊維を樹脂に混ぜて加工した物もあります、自動車のバンパー等はバラバラの繊維と一緒に樹脂を整形した物です。)
FRPの強さは繊維の方向で決まりますから。十に見える繊維方向の引っ張りには強いですが、斜め方向の強さは樹脂に毛が生えた程度、更に言うと繊維が分断されるような加工物では、frpはその強度を発揮しません。(布状の繊維方向を45度ずつ傾けて重ねた物は全ての方向に対して平均した強さを誇ります。)

ここで何回も出てますが、繊維を重ねているので、
FRPって厚み方向で剥がれやすいのです。
対策として、切り口にささくれ防止+剥がれ防止に瞬間接着剤を流し込むと良いですよ。

100円ショップではけ付きの物を買うと作業しやすくて良いですよ。

投稿: カンタンク | 2009年10月27日 (火) 00時39分

カンタンクさん

引き続き、FRPについて素材の説明&扱い方の解説、ありがとうございます。

なんだか、ここで
「カンタンク氏の素材講座」が開かれているような気になって参りました・・・
コメントに置いておくのがもったいないです!
素材の特質を理解したうえで、その弱点の補い方まで教えて頂き
勉強になります。ありがとうございますm(_ _)m

投稿: オサルのハハ | 2009年10月27日 (火) 19時11分

オサルのハハ さん
>コメントに置いておくのがもったいないです!

この程度の事はコメントで大丈夫かと思いますよ。

後、ダイブ前に私も2足ロボットを作りたくーみたいな事を言ってましたが、
軽く検討だけするとこんな感じです。
大体1時間位でこんな感じまで行きます。
レベルはオサル君が書くであろう、アイデアスケッチをただcad上でやってるだけです。
http://blogs.yahoo.co.jp/moritakeyasuo/30101399.html

作るかどうか未定ですし、中身は空っぽです。
ただ3D-CADを使うとこんな感じで配置・レイアウトを決めて、だんだん作りこんで行くんですみたいな感じをオサル君に知って貰えればと思い、
乗せてみました。

投稿: カンタンク | 2009年10月28日 (水) 22時23分

カンタンクさん

1時間で、ここまでできるんですか~(驚)
すごいですね!もう、すぐにも出来ちゃいそうじゃないですか
早速オサルにも見せました!自分も3Dすぐやりたいみたいなこと言ってたけど、しばらく無理かと

カンタンクさんの二足・・・もしできたら、どんなのかな。
わくわく♪

投稿: オサルのハハ | 2009年10月29日 (木) 12時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FRPパーツ:

« 未来館でプログラミング教室 | トップページ | 高専ロボコン関東甲信越地区大会 観戦 »