« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月)

さよなら夏休み

オサルは明日から新学期。

今年の夏休みは、わんだほーに始まり、
サーボロボット・ロボノバとの出会い。
ねじあさいさんのねじ工場見学。
かわさきロボットバトルの見学。
ロボット練習会。
そして、スパイダー競技の優勝(まだ、全国大会がありますけど)。

わんだほーやロボット練習会でいろいろと大変お世話になりました先輩ロボットビルダーの皆さま、
ロボノバを譲って下さいましたc4cronoさん、
大変ご親切に工場を案内して下さったねじあさいさん、
かわさきロボット大会で、お忙しいのにオサルにいろいろ教えて下さいましたB作さんご夫妻、カンタンクさん、UE村さん
スパイダー競技でお世話になった未来館スタッフの皆さま、芝浦工大生涯学習センタースタッフの方々&学生の皆さま

本当にありがとうございましたm(_ _)m

皆さまのお陰さまで、オサルの11歳の夏休みは、最高に充実したものとなりましたsun

そして、夏休みの最後はこの画像で。

P10203091

お台場でスパイダーの競技終了後、見学に。
夕日を背に受けて立つガンダム。

いい夏休みでした。

| | コメント (14) | トラックバック (1)

2009年8月29日 (土)

歩いたぁ

8月13日「動いたぁ」の続編です(笑)
:
ロボノバの予備パーツを使ってできた「ジュニアシグマ(仮称)」に、
ロボノバ付属のCD-ROMを使い、オサルがプログラミングしたもの。
:
「動き出して止まる」を4回繰り返しているが、
最初に「歩いて止まる」動作が、オサルがロボットを歩かせるために一番最初に組んだプログラム。
じたばたしてるだけで思ったように歩かないので、また改良したのが、次の「歩いて止まる」動作。
一応歩いたがまだまだ動作が小ぶりで進まないので、思い切って大またにさせたのが、3回目・4回目の動き。
最後のが一番良いみたい。
オサルの試行錯誤の様子をご覧下さい(笑)
:
なんとか歩くことができたので、オサルは「これで、わんだほー・ぷちに出る!」と、すっかりその気に(←ぷち、あるんですか?!いしかわさんsweat01
それはさておき、このロボット、いつまでもしまけんさんの「シグマ」の名前をお借りしているわけにもいかないので、
何かいい名前を付けてやらなければならないなあthink

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2009年8月28日 (金)

オサルの「スパイダー競技会」裏話

未来館で開催されたロボットセミナーについて、
昨日は競技の話ばかり書いたので、
今日はそれ以外のお話をいくつか。

■その1■

競技会の日はまず「デザインコンテスト」の投票のため、ロボットを並べる。
作者の名前は出さず、ロボット名だけが表示される。

デザインコンテストのためロボットを並べ終わったオサルが、ハハのもとへやって来た。
「がんばるぞ!」くらい言うのかと思ったら、一言

「『しょう』って、どう書くんだっけ」

そう、自分のロボット「必勝くん」の「勝」が、書けなかったのでしたshock小学5年生なのに、どうしよ~~(号泣)

■その2■

めでたくスパイダー小学生の部で優勝したオサル。
表彰式で、司会の方が、
「このロボットは工夫がしてあるね。
これは、自分で考えて作ったの?」
と、質問をして下さった。

答えてオサル「ハイ・・・布団の中で・・・」

司会の方「ひらめいた?」

オサル「・・・思いついて・・・」

(オサル一瞬詰まって、ニカッと笑って)

オサル 「思い立ったが吉日」

coldsweats02・・・しっかりマイクに入って、会場は笑いに包まれました・・・

わんだほー・ろぼっと・か~にばる主催のいしかわさんのHPでおなじみの台詞「思い立ったが吉日」ですが、
まさかこんなところで出てくると思いませんでした(笑)
そして、出てきたとたん会場に笑いを巻き起こしました。さすが、吉日パワー(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

ロボットセミナー「スパイダー」競技大会・未来館にて

今日はお台場の「日本科学未来館」にて、
8月の6.7日に作ったロボット「スパイダー」の競技会を行う日。

昨年参加した「ボクサー」はリングの上での相撲なのでまさに「バトル」だが、
今年の「スパイダー」は、相手のロボットとは戦わず、
自分のエリアのピンポン玉を、コートの反対側のゴールエリアに何個入れられるかを競う競技。
完全な個人競技である。

P10201791

↑スパイダー。8本足のロボット。
この上に、ピンポン玉を運ぶために各自工夫してデコレーションをする。

結果から言うと、オサルのロボット「必勝くん」(←去年と同じ名前だぁcoldsweats02)は、スパイダー小学生の部参加者7人の中で予選を勝ち抜き、
決勝リーグも勝利して優勝。
対戦中、1回失敗した以外は全ての対戦でピンポン玉20個全てを5点ゴールに入れ、パーフェクト達成。

さて、そのロボットは?と、紹介したいところですが・・・

オサルが画像掲載を許してくれないんですcoldsweats01
「全国大会間際になるまでは、ないしょ」と、ネタばれ禁止令が出てしまいました
そこまでやりますか、オサルさん(笑)

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

競技終了後は、毎度恒例、かわさきロボットの紹介。
昨年かわロボ大会に参加したという、芝浦工大関連の機体が登場。

子どもたちからの
「かわロボは、ボクサーを倒せますか?」
の質問がきっかけで、
今年はなんと、ボクサー5台vsかわさきロボットのバトルが実現。
子どもたちは「ボクサー、5台もあって大丈夫なの~?」なんて無邪気に騒いでいるが、あの荒々しいかわロボ大会を見てしまった人間としては、本当に大丈夫なのか逆の意味で心配。

P10202921_2

↑かわロボ、ものすごく気を使ってボクサーを吊り上げるの図(笑)

かわロボ、お相撲さんが子どもを相手にするように、1台1台すごく丁寧に転がしてました(笑)操縦された方、お疲れ様でした。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

さて、以上でロボットセミナーは終了し、
無事オサルの、スパイダーロボットでの全国大会が決定。
全国大会は11月1日、芝浦工大豊洲校舎にて。文化祭も行われているので遊びに来てくださいとのこと。

以下、オサルのハハの感想。

今回のスパイダーは小学生の部も中学生の部も、ピンポン玉を運べる子と運べない子の差が大きすぎて、見ていて「なんだかなあ・・・みんな、もっとがんばれ!」という感じだった。

昨年作ったボクサーの場合は、
ロボットを作ってしまえばすぐバトルができるので、
極端な話いろいろデコレーションをして強化をしなくても試合ができた
(実際、昨年は全く飾り付けをしないロボットに「そのまんま号」だかなんだかという名前を付けてバトルに出た子がいて、しかも結構善戦していたcoldsweats01 )。

ところがスパイダーは、出来上がっただけではただ歩くだけで、ピンポン玉をすくったり保って運んだりする機能はない。
あとから子どもが必要な機能を自分で付け加えない限り競技ができないわけで、
そこからの取り組み方で随分差がついてしまったのかなと思う。
全く玉が取れなければ、せっかくの競技も楽しむことができない。
ピンポン玉を取れないロボットも、もう少し、あともう少し工夫すれば玉がとれるのに・・・。
あともう少しの工夫を、見たかったなあwink

今日の競技会でオサルは優勝したとはいえ、失敗もあったし
危なっかしい面も、改善しなければならない問題も見つかった。
11月の全国大会に向け、さらにハイレベルになれるようオサルもがんばります!

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2009年8月25日 (火)

来年はボクも・・・。

23日、かわロボ決勝観戦を断念して、
オサルが家で熱心に書いていたものをのぞいてみると

Pict00041

かわロボの設計図・・・らしきもの(笑)

いずれはCADなんてカッコいいものも使えるようになるのだろうが、
もちろん今はまだ、このレベルですcoldsweats01

ところで、
かわロボ決勝リーグに出場された
カンタンクさん、UE村さんは、上位3位入賞はならなかったものの
カンタンクさんはユニーク賞
UE村さんは伊吹電子賞を受賞されました。
B作さんは決勝リーグ出場はなりませんでしたが、小さい機体でなめらかな走りで健闘されました。
こんな方々に、いろいろ教えて頂けたのですから、オサルがその気になるのも無理はありません。

・・・でも今日になったら・・・
オサルはかわロボの設計を放り出して、ロボノバのモーション作り。

「だって、いしかわさんに勝たなきゃ!!」

・・・忙しいねえ、アナタも ┐(´д`)┌ヤレヤレ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

かわロボ大会3日目・決勝観戦・・・のはずが。

今日はかわロボの決勝を見に、
観覧席でよい場所が取れるように早めに行くつもりだったのに・・・

オサルが2日間のかわロボ大会と昨日のロボット練習会で、楽しさうれしさのあまり過放電を続け
今朝、バッテリー切れでダウン。
体が重くて寒い、とのことで、観戦断念。あたたかくして寝かせました。

カンタンクさんや、B作さんUE村さんが
「あのオサル小僧は今日どうしたんだろう?」
なんて考えて下さってたら、誠にすみませんm(_ _)m
オサルがここまで体力を使い果たすと思わず・・・オサルのハハの配慮が足りませんでした。
もっと早めにブレーキをかけるべきでした。母として反省。

朝起きて「寒い」と言うので、「すわ、新型インフルか?!」と余計な心配をしてしまったが、寝かせて何回か目に様子を見に行ったら
今まできれいに何も無かった枕元に、サーボやケーブルが散らばっている。
なんだ、活動開始。ただ疲れていただけだった様子。
ゆっくり休んで、お昼過ぎには元気を取り戻しましたので、どうぞご心配なく。
今(夕方)は、何やら次に作るロボットの設計図をおとなしく書いています(笑)

ここまで見たからには決勝も見たかったのに・・・残念無念。

カンタンクさん、今日お伺いして改めてお礼を申し上げようと思いましたが、こんな事情ですのでこちらでのお礼で申し訳ございません。
お忙しい中いろいろとオサルに教えて頂きまして、また工具と工具箱を譲って頂きありがとうございました。
B作さん(奥さまも)、UE村さん、
誠にお世話になりありがとうございました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

かわロボ大会2日目・本戦予選

今日もオサルはかわロボの本戦を観に、川崎へ。
(大学ロボコンも見たかったなぁ・・・なんで同じ日なんだろう・・・)とあきらめ悪く思いつつ、オサルのハハもお供を。

本戦予選会場は、4つのリングとたくさんの人で、大混雑。
到着して早々、B作さんの試合があり、残念ながら「ファイティングさとぼ」はひっくり返されて負けてしまいました。
まだ敗者復活戦があるので、そちらに期待!

こんな中で、今日初めてお会いするカンタンクさんを見つけることはできるのかな・・・と余計な心配をしていたら、
いつの間にかゼッケンを付けたカンタンクさんが横にいらっしゃいました(笑)
カンタンクさんについては、いつも頂くコメントが大変理路整然としていらっしゃるので、なんとなく、分厚いメガネの奥から冷静に相手を見る・・・ような方をイメージしていましたが、
がっしりした体で、楽しそうにニコニコお話をして下さる、大変きさくな方でした。
やはり、お会いしてみないとわかりませんね~

P10202101

↑カンタンクさんの「カンタンク6」。
リングサイドに入ってからも必死に微調整を繰り返す参加者が多い中、カンタンクさんはロボットを置いて、ゆったりとスタートを待ちます。
もうやるべきことは全て終わっているのだそうです。
そのくらいでないと上位は狙えないとのこと。
オサルにもかくあって欲しいものです

初戦を勝利したカンタンクさんにくっついて控え室に行き、丈夫そうな工具箱をオサルに譲って頂きましたm(_ _)mありがとうございます。
オサルがロボットについて質問を始めると、カンタンクさんは、ぱっと足部分を解体coldsweats02
(えっ!まだ試合があるのにいいんですか!?)
外したパーツを手に、オサルにいろいろ説明して下さり、終わるとぱっと元通りにしてしまいました。カッコイ~

カンタンクさんやB作さんの控え室にお邪魔したり、会場に戻ってバトルを見学したりで、お昼すぎにオサルも疲れたようなので、会場を後に。
カンタンクさん、B作さん、お忙しいところお邪魔しすみませんでした。

お昼を食べて、水道橋へ移動。
ジェットコースターの悲鳴の聞こえる遊園地の横を抜けて、文京シビックセンターへ。

練習会会場に着き、
オサルは早速、頂いたロボノバと、わんだほーでゲットしたミニパソコンを机に並べ、形だけはいっちょ前のロボットビルダー。
しかし、ミニパソコンからロボノバへプログラムを通信するケーブルを忘れ、ダメダメさを露呈sad
それ忘れちゃ、なんにもできないじゃないsweat02

仕方なく、オサルがロボノバに今できる動きをさせていると、いしかわさんのレイズナーが参戦。
弱々しいオサルのロボノバと、動きがかわいらしいいしかわさんのレイズナー、意外と力が釣り合ったみたいで、お互いマイペースな戦いを展開。

P10202541

↑オサルのロボがレイズナーをパンチしているように見えますが、実は空振り(笑)
レイズナーも、攻撃を仕掛けつつ自分で倒れています(笑)

練習会に参加されていたタカノさんが、ロボノバベースのロボットをお持ちで、いろいろと教えて下さいました。
ロボノバを譲って下さったc4cronoさんにも、ねじのことなど、いろいろ教えて頂きました。
しまけんさんからは「ジュニアシグマ」の4本足の歩き方の考え方について、具体的にいろいろヒントを頂きました。
他にも練習会に参加した方々、いろいろ教えて頂き、ありがとうございました。

コメントを何度か頂いた ごーすとさんにも、初めてお会いできました。
短い時間でしたが、
「手に入れやすい材料で、安価な、作りやすい二足歩行のロボット」を考えていらっしゃるのがよくわかる、発泡塩ビの二足をいくつも見せて頂きました。

オサルのハハとしては、今日1日で、コメントを頂いたけれどまだお会いしたことのない方に2人もお会いできて、とてもうれしいですhappy01

帰りたがらないオサルをやっと引き剥がし帰宅の途に。
電車の中でオサルは爆睡し、下車駅の近くで起こすと、うれしそうに一言

「こんどはいしかわさんのロボットに勝ってやる」

アナタの今日1日の感想は、それですか・・・coldsweats02

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

かわロボ大会1日目・かわロボJr.とB予選

はるばる川崎まで、見に行って参りました。
かわロボ大会。
今日は子ども部門の「かわロボJr」をメインで見るつもりだったので、
Jr開会の1時に合わせてのんびり出かけました。

さて、会場に入ると、
出場する子どもよりはその保護者の方からすごい緊迫した雰囲気が流れてくるという、子どものロボット大会ならではの雰囲気がここにも漂っておりました。

基本的に、川崎市の子どもを対象にかわロボ制作のロボット教室があって、それで制作されたロボットがここに出てるんですね。
多足の足があって、手があって、使ってある素材なんかを見ていると、前にオサルが芝浦工大主催で未来館教室で作った「ボクサー」に近い感じのロボットでした。
段ボールかぶってるのあり、発泡スチロールの箱をかぶってるのあり、子どもたちののデコレーションは相変わらず楽しい。

オサルがかわロボJrをへばりついて見ている間、オサルのハハはぶらっと4階の「B予選」を見学に。
「B予選」とは何か?と思っていたけど、「事前提出書類に不備のある人の救済処置の競技」なんだそうです

エレベーターの扉が開いたとたん、そこは今までと別世界。
部屋にてんこ盛りで、ひたすらメカに取り組む男性、男性、男性・・・非常に、男むさい世界でございました(笑)

やがて、Jrを一通り見たオサルも4階に合流。
B予選に出場のはずのB作さんの姿が見えないのでどうしたのかなと思っていると・・・受付終了直前に登場。お仕事だったんですって。お疲れ様ですconfident

P10201961

↑受付開始。まず、計量など。横で興味しんしんのオサル(笑)

P10201971

↑写真撮影。カッコイ~

他にもいろいろ手続きの後、急いで予選コートへ。

P10202001

↑予選コート。デコボコを越え、対角線にあるブロックを倒して赤い部分に確実に乗せ、またスタート地点に戻るまでのタイムを競う。
2回行い速いタイムを採用し、タイムが早いチームから予選通過となる。

B作さんの「ファイティングさとぼ」、速かったですよ!

B作さんと、初めてお話しするUE村さん(ロボット名:クシザシタロウ)のお二人に、かわロボについていろいろ質問。お二人とも、お忙しいのにすみませんでしたsweat01

最後に、川崎市以外に在住の子どもがかわロボJrに出場することについて質問しようとJr大会の会場に戻ると、もう誰もいなくて撤収作業中でしたcoldsweats01
でも、問い合わせ先のお名刺を頂いたので、あとで問合せてみようと思います。

今日は午後からの観戦だったのに、帰り道疲労困憊のオサル。テンションが上がり切っちゃって自分でもどうにもならず、疲れ切ってしまうらしい。
そんなわけで、明日1日のかわロボ観戦はオサルの体力的に無理だろうと判断。
それと、
新しく得た知識についてオサルに怒涛のように語られてもオサルのハハはわからず困るので、
明日はお昼過ぎまでかわロボ本戦を見て、
その後、春日で行われるロボット練習会に移動しようかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

金属パーツが欲しい

Pict07001

↑少し前になるが、
サーボのための金属パーツがもっと欲しくて、
オサルが作ったもの。

右:頂いた金属パーツ(型を取るため平たくされている)
左:型をとって、ABS樹脂でオサルが制作したもの

一生懸命作ったはいいものの、
やっぱり部品としては使えなかったそうだ・・・

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

動いたぁ

オサルが言うには
「右手をフリフリしてから、歩く」というモーションを作ったということだが
・・・
「歩く」というより「やっとのことで一歩にじり出た」、ですね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

ジュニアシグマ

頂いたロボノバの予備パーツを利用して
「サーボを使って、オリジナルの四本足のトカゲロボットを作る!」と、意気込んでいたオサル。

Pict06871

一応形になったが・・・トカゲではなく・・・これは、クモ型ですな?
何やら、しまけんさんのシグマにそっくり(しまけんさんのHPの、一番上の画像がシグマです)

このロボット、形はなかなかかっこよくできたが、
・・・動かない(苦笑)

さらにオサルはどこからか丸いパーツを持ってきて、上に乗せる(ほんとにただ乗っかってるだけ)

Pict06981

「ジュニア・シグマだ!」オサル、大満足

・・・でもやっぱり、動かない(笑)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

未来館で「スパイダー」ロボット製作 2日目

今日も1日、未来館7階でスパイダーロボット製作。

オサルは昨日でほぼロボットの組立ては終わってしまったので、今日はピンポン玉を正確に運ぶためのデザインを考える日。
そのために、昨日帰宅途中ハンズに立ち寄りいろいろと材料を購入したので、今日はさぞりっぱなものができると思いきや・・・

なんと、ロボットの先に付いたショベルの材料は、ギヤボックスが入っていたタミヤの空き箱。
その上に補強か?デコレーションか?ベタベタにビニールテープが貼ってあり、なんともお粗末な出来sweat02

P10201841

オサルはそのシャベルの付いたロボットで散々ピンポン玉をすくって遊び、他の子の作ったロボットが次々練習用コートにやってくるのにちょっかいを出し、
1日楽しく遊んで、2日目は終わってしまいましたcoldsweats02

オサルいわく
「考えている案があって、今日作るとマネされちゃうから、27日の試合当日までに家で作るんだ」
とのこと
そういう作戦だったのか?それとも、今日何もしなかったことへの、単なる言い訳か?
よくわからないが、まあ今後の制作を楽しみにすることにしましょう

ところで、今日全国大会についての説明があり、
スパイダーは小学生から上位3人、中学生から上位3人、
合計6人が全国大会に出場できるということだった。
小学生と中学生一緒にバトルした中から上位3人だったら絶望的だけど、
小学生の中からだったらなんとかなるかも・・・

いや、やっぱり、どんなロボットができあがるかによるから、何ともいえませんcoldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年8月 6日 (木)

未来館で「スパイダー」ロボット製作 1日目

今日は未来館で「スパイダー」ロボット製作。

P10201781

1日目の今日はひたすらロボットの組立てなので、保護者の出る幕は全くなし。
オサルのハハの役目は、
1)お昼の休憩時間になったらオサルをロボットから引き剥がし食事をさせ、
2)終了時間になったらオサルをロボットから引き剥がし連れ帰る、
この二つだけsweat02

いつもロボットの組立てが早くて正確なのが自慢のオサル、
しかしスパイダーロボットの組立ては手順が多いようで、意外と手間取っている・・・

その間に、いつのまにかあっさりとロボットを仕上げてしまっている子が!
と思ったら、確か昨年のスパイダーのバトルで未来館で優勝した中学生でした。
今年で3回目の参加だそうなsweat02

オサルも終了時間ギリギリになんとかロボットを完成させ、早速試運転。

P1020181

さて、今回のスパイダーの参加者は20名、うち、スパイダーロボット製作3回目のベテランが2人いるようだ。
他にもロボット作りが上手そうな中学生らしき参加者がちらほら・・・

全国大会に出場できるのは上位3人。
事実上、残ったコマはひとつだけ(ひとつあるかも怪しいsweat01

オサル、全国大会出場危うし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

ねじあさいさんの、ねじ工場見学

ねじあさいさんから
ねじ工場を見学においで、と前回のロボット練習会で誘って頂いたのがきっかけで、
今日はねじ工場の見学に。

なんだか私たちの住んでる八王子よりものどかじゃない?と思えるような緑多い住宅街を歩いて、ねじあさいさんの工場に到着。
ご自宅と一緒に建っている、工場というより「ねじこうば」というのがぴったりなコンパクトな工場でした。

工場に入ったとたん、すごい機械の音量と、油の匂いにびっくり。

P10201621

↑たくさんの機械が動く中で、全てに興味しんしんのオサル

昭和40年代のものだという、使い込まれて油で光った機械たちがジャンジャン動く中を、慣れた動作で動き回る浅井さん。カッコイ~

ねじの作り方について、オサルのハハは、金属の塊からねじがガリガリ掘り出されて金属の破片がいっぱい散ってるみたいなイメージを考えてたのですが
全然違いました。
ではどうやって作ってるか・・・それは、ここで書いちゃうより、「見に来てください」ってねじあさいさんもおっしゃると思うので書きません
興味のある方はぜひ見学に行ってみて下さい。
オサルもとても勉強になったみたいです。

工場見学のあとは、ねじあさいさんの工場見学恒例らしい
「ねじ狩り(ぶどう狩りのねじ版・・・笑)」
ねじの倉庫にご案内頂き、
浅井さんが「これもいいよ、これもいいよ」とおっしゃるので、オサルは自分が使いそうなネジを大喜びで袋に入れる。
浅井さんが「このネジ面白いよ。話のタネにどう?」と見せてくれるものは、オサルは自分で使わないからとさっぱり興味を示さないので(笑)、
話のタネ系のねじはオサルのハハが引き受けて袋に入れることに。

Pict06821

↑頂いた、「話のタネ系」のねじ。
左から、ねじあさいさんのところで一番小さいねじ・ほんものの金でメッキしたねじ・ねじの頭が面白いもの三種・加工途中で色の黒いねじ

すてきなねじがいっぱい揃いました。するとオサルが欲しそうに横目で見る・・・今更何よ。私のだからあげないよpout

たくさんねじのお土産を頂いて、お話もお伺いして、長々とお邪魔をしてしまいました。浅井さん、どうもありがとうございました。

帰り道、「すごく楽しかった。また行きたい」とオサル。
短い間に思えたけど充実した時間だったよう。

この経験を、夏休みの自由研究で学校で発表してくれたら、成績も上がりそうでバッチリなんだけど・・・
オサルは頂いたねじを使うことに夢中で、研究発表をまとめる時間は無さそうcoldsweats02

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

未来館でC言語プログラムに挑戦!

今日は、オサルのハハがこの夏一番心配なイベント。
日本科学未来館での「ロボット研究室」は、自律ロボットにプログラミングをして課題をこなしていく教室。
今までブロック式のプログラムでやっていたのだが、オサルは今回初めてC言語でのプログラミングに挑戦。
オサル本人が「C言語でやる!」と言ったので、やる気をかって申し込んではみたものの、「本当にできるのかなあ、途中で立ち往生したりしないかなあ」と、オサルのハハは取り越し苦労ばかり。

10時45分に未来館7階で始まった「ロボット研究室」は、北原先生が30分くらいお話をした後、作業開始。
いつもならオサルは使い慣れたブロック式のプログラムをすぐ組んで、ペアを組んだ友達と、ロボット試走のためコースに飛び出していくのに、
今日のオサルはひとりでパソコンの前にずっと座り続ける(C言語のクラスはふたり一組ではなくなり、ひとりで黙々とプログラムに取り組みます)。
保護者は少し離れて会場の後ろで見ているだけなので、オサルが何をやっているかはよくわかりません。

オサルはマニュアルを一生懸命見ている・・・何やらたどたどしくパソコンに入力している・・・首をひねっている・・・アシスタントの学生さんに質問して教えてもらっている・・・「ローマ字がまだ・・・」と、よせばいいのに学生さんに余計なことを言っているオサルの声が聞こえる(突然他人のふりをするオサルのハハcoldsweats01)・・・

やっと、プログラムを入れたロボットを持って椅子から立ち上がったのが、12時を10分ほど過ぎた頃。時間、かかりすぎ(苦笑)

ところが、
最初こそうまくいかずにすぐ椅子に戻ったものの、その後悪戦苦闘しているうちに、黒い輪のラインをライントレースで一周させる課題をクリアしてしまった。
後で「プログラム丸写ししたの?」と訊いてみたら、そうではなく、簡単なサンプルプログラムはマニュアルに載っていたので、それを元に自分で考えてやってみたそう。
「ダメだろうな~、と思って試してみたら、ライントレースできちゃった」のだそうだ。

次の課題は、S字のライントレース!と張り切ったところで、終了時間、時間切れ~。

P10201491

↑教室終了後、みんなが帰ってしまったあとも、ひとり黙々と、作ったプログラムをノートに書き写すオサル。
プログラムを一行書くと、その後に「これは何のプログラムか」忘れないための解説をつけるので、時間が2倍かかる・・・

教室終了後、うんざりしたかと思って感想をオサルに訊いてみると、
「おもしろかった!C言語って、そんなにコワくない。」
元気な答えが返って来た。
次回のロボット研究室は、C言語のコースで、午前・午後続けて受講したいそうだ。

オサルのハハの心配は、取り越し苦労でした・・・よかった、よかった。
オサルは何とか、C言語と仲良しになれそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

ROBOTWATCHに

ROBOTWATCHに、わんだほー7のレポートが掲載されました。

今回は、ボトルトラクションの部の動画に、同走のロボ子P1の派手なパフォーマンスのお陰さまでsweat02
そして、サイコロシュートの部の動画に、ここだけ頭部を装着するという反則技のお陰でsweat02
取り上げていただいています

素晴らしい成績で堂々と・・・取り上げて頂いたわけではないのが悲しいんですがcoldsweats01
興味があればご覧になってみて下さいね

さて、
譲って頂いたロボット「ロボノバ」
動きをプログラミングできるCD-ROMがうちのパソコンの不具合で読み込めないようで、オサルとオサルの父でパソコンと取り組んでいるが、どうもうまくいかないみたい。
解決にはもう少しかかりそうで、
オサルは待ちきれず、
今度は外見をいじり始めた。

Pict06811

胸の部分が赤く・・・(なんと、カラー工作用紙貼り付け!)

このロボノバの、今後の運命は如何に?!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »