« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月27日 (月)

ありがとうございます

わんだほーでご一緒したc4cronoさんから、「遊休機」を譲っていただいてしまった

P10201441

「使わないロボット」っていうからどんなのかと思ったら、いやいや立派なものではないですか
たくさんの冊子やDVD、ネジ、サーボ、etc・・・本当に頂いていいのでしょうか。
ありがとうございます!!

思えば今までも

「わんだほー・ぷち」で、実力が無いのにロボマガに取り上げて頂いたり、
しまけんさんにご自宅に招いて頂いたり、
今回のわんだほーではパソコンは頂くし、
そしてc4cronoさんからも。
「最年少だから」「小学生だけどがんばってるから」と、いろいろモノを頂いたり教えて頂いたり
もう申し訳ないくらいで、皆さまにはなんとお礼を申し上げてよいかわかりません。

今のオサルには(もちろんオサルのハハにもsweat02)お返しできるモノ・ことなんか何もない・・・

モノもお知恵も、頂くものはずうずうしく頂き、
そしてそのお返しは、オサルが大人になったとき、また次代の若い人にモノも知恵も与えていくことでお返しとするしかないんでしょうね

すみません。何かお返しできることがあったら言ってください。

皆さま本当にありがとうございます。
c4cronoさん、ありがとうございます!

Pict06722

↑ロボットを見て喜ぶオサル。手の位置が「ボクのロボット。誰にもあげない!!」と、語っている(笑)

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

夏休みの予定

抽選結果待ちだった、日本科学未来館での「夏休みロボットセミナー2009」・スパイダーのコース。
無事、受講できるとの連絡を頂いて、ひと安心。
これで、夏休みの予定はほぼ固まった。

8月3日は未来館にて「ロボット研究室」、自律ロボットのプログラミング教室で初めてのプレミアコース(ブロック式でなく、C言語でのプログラミングになる)

8月6日・7日は同じく未来館で8本脚ロボットのスパイダー作り。
8月27日には各自工夫を凝らしたスパイダーでピンポン玉を運ぶ競技をし、上位入賞者は全国大会に出場できる。
もちろん、オサルは全国大会を目指してます。

8月の21-23日は、「かわさきロボット大会を3日とも見に行く!」とオサルが言い張っているsweat02
22日は大学ロボコンのアジア大会も開催されるので、またBuckeyeさんたちと観にいくつもりでいたのに
かわロボとぶつかってしまった。
かわさきロボットの方が見たいというオサルの希望なので、大学ロボコンはあきらめることになりそうです。ばっかいさんごめんなさい。

あとは、ねじあさいさんのねじ工場を見に行きたいという話もあるし・・・
夏休み中に行けるかな?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

秋葉原ふたたび

今日は夏休み企画第2弾!(第1弾はもちろんわんだほー)
オサルとともに、再び秋葉原へ(この前行ったような気がするんだけど・・・)

この前来たときは、プリントアウトしたグーグルマップを握り締め、オサルのハハが必死で1店1店ロボットショップを探したものだが、
今日はオサルがさっさと先導して歩いていく。さすが、オイシイもののあるところは覚えるのが早い・・・。

まっすぐオサルはヴイストンロボットセンターへ。

P10201291

↑お!今回は入り口にオレンジ色メインのポスターが貼ってあってわかりやすい。でもまだまだだなあ、道に看板をドンと出してほしいなあ。

前回大変お世話になった井高マネージャーが今日もたまたまいらっしゃいました。持参したオサルの最新二足歩行ロボを見て頂いたり、店内のものについてオサルの質問に丁寧に答えて頂いたり、大変勉強になる時間を過ごさせて頂きました。
(井高マネージャーはこのブログもときどき見て下さってるそうで、うれしいです♪)
ここで、「VS-WRC003スタータキット」なるマイコンを購入。ブロック式・C言語、どちらのプログラミングもできるとのこと。

次に、ツクモロボット王国に行ってロボットコーナーを見ていたら、いきなり「吉日ブギウギ」が流れてびっくり。奥の大画面に、わんだほーの予告画面が流れていました。オサル、大喜び。

この後は千石電商。ここではオサルは散々店内で迷って、やっと出てきて買ってハイ終わりと思ったら隣の店に入ってしまうので、待っているしかないオサルのハハには大変キビシイ場所です(笑)

疲れて、ファミリーレストランで昼食休憩。
飲み放題のドリンクバーを頼んだら、オサルが
「ジュース全種類、混ぜてみていい?」
またか。オサルのハハはいつものごとく
「誰もドリンクバーにいないときなら、少量ならやっていい。ただし、入れた分はまずくても全部飲むこと
オサルは「わかったっ」と言ってドリンクバーへ、オレンジジュースととぶどうジュースとウーロン茶を混ぜて持ってきて、飲んで悶絶bomb
ま、いつものことですgawkもちろん、全部飲んでもらいましたとも

気を取り直して、Robospotへ。
練習スペースを見てオサル「なんで今日は誰もいないの?」←だから~、今日は平日だってば

ちょうどスタッフの方が金属板をパーツの形に加工中だったので、見せて頂きました

P10201341

オサルの悩み多そうな首振り二足歩行ロボも、KHR-2HVと光栄なるツーショット。

P10201321

お店には3HVもあったけど、残念ながら動くところを見ることはできませんでした

この後高架下で真剣に小さなパーツを選んで買い、秋葉原での買物終了。
帰りに新宿の東急ハンズで、工作用のABS樹脂と、秋葉原用(?)の大きなしっかりしたリュック(笑)を買って、本日の買物終了

ほんとに秋葉原での買物では、大きなリュックは必需品です。ついつい荷物がおおくなっちゃって・・・今はハハが荷物持ちをやってやれるけど、一人で来るようになったら大変そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

タミヤの二足歩行ロボ

わんだほーでたくさんの賞品を頂き夢のような思いのオサル、「目が覚めたら本当に夢だったらどうしよう」と、
19日の晩はミニパソとMA-VINとロボット本を丁寧に重ねて枕元に置いて寝るという思い入れぶり(笑)
朝になってもちゃんと枕元にあって一安心。夢でなくてよかったねhappy01
:
そして、
わんだほーも終了したというのに、オサルは今頃になって、人間型二足歩行ロボを熱心に作り始めた。
・・・遅いよっangryannoy
でも、オサルとしてみればわんだほー当日が一番いろいろ知識を得、刺激を受け、勉強になる日なのだから、
終わった後に学んだものから何か作ってみたくなるのも流れとしては仕方がないのかも。
:
動画は、二足歩行ロボの本を参考にして作ったロボット。
左右に首を振って重心移動をして歩きます。
一応カーブして歩くこともできるのでわんだほーでパイロンは回れると思うけど、
ボトル台車を押す力はないし、サイコロを取り合うのも無理そう・・・

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

わんだほー・ろぼっと・か~にばる 参戦!

今回のわんだほー、「第7回」ということですがオサルにとって二足の「わんだほー」は今回が初参加。
お台場のテレコムセンター21階展望台という場所と、前回初めて参加した「ぷち」よりさらに多くのロボットビルダーの中での参加に、オサルのハハはドキドキ。

でも、オサル当人は余裕しゃくしゃく・・・関係ないのに持ってきた自分の手作りマシンガンをKinopyに持ってもらって写真撮影したり、

P10200931

身長120センチ超のロボット「ドカはるみ」と一緒に記念撮影したり、
(ちなみに、ドカはるみの着ている服は子どもの150センチサイズだそう。オサルの今日着てる服も150センチサイズです・・・笑)

P10201121



おっと、もちろん競技もがんばらなくちゃ。
まずは1メートル先のパイロンを回って帰ってくる「ダッシュ2000」から。

Pict06371

今回のオサルのロボット「オサル2号」は、内側の足と外側の輪状態の足を変わりばんこに付けて、ぺったん、ぺったん歩きます。スピードは出ないけど確実にパイロンを回って帰ったのでまぁ合格。

次は台車に乗せたペットボトルの数と押せた距離を競う「ボトルトラクション」。
オサル2号は押すパワーもあまり無いので、小さい缶を4つだけ。しかも機体がすべるのを防ぐため、機体の上にも缶をひとつ乗せると言う反則ぶり(この1缶は当然、運んだ数に入りません)。
横で一緒にスタートしたメイドスタイルの「ロボ子」が、お盆に載せて運んでいたヤクルト1本を、倒れてぶちまけ大騒ぎ。

Pict06411

↑背の高いロボ子。この高さからすごい勢いで倒れたヤクルトの容器はつぶれ、大変なことに。
オサルはそれを見て爆笑しながら、マイペースでなんとかゴール。自分が悪さばかりして怒られてるから、大人の人がやらかしてくれるとうれしいんでしょうねえcoldsweats01
ロボ子はスタッフの人から「運んでるものをこぼすメイドは失格!!」って言われてたけどほんとに失格になったのでしょうか(笑)

さて問題の「サイコロシュート」。
これは成績順に対戦相手が決まります。なんと対戦相手はたまたま準備の席がお隣だった零型さんの「Eorz」。かろやかな動きのロボットです。
ここでいきなり、オサル2号にギザギザの歯がついた恐竜風の頭が付いた。

Pict06451

この歯でサイコロに食いついてしまおうという作戦。サッカーじゃないじゃん!これは反則だとオサルのハハは思うのですが(対戦相手の零型さんもきっと思っただろうな)、どうもわんだほーでは面白ければ多少の反則はOKらしい。
対戦が始まってオサル2号がサイコロに食いつくと会場が「おお~」と・・・いいのかな(笑)Eorzがかろやかに動いてサイコロを叩き落そうとするがオサル2号の食いつきもしつこく、ゆっくりゆっくり運んでゴール(最後はコートの外で「口あ~ん」してサイコロを落とす。)
結局この出目の5がポイントとなりました。

次の競技は「キューブ」これは初めて経験する競技。コート中央に詰まれた数個の「キューブ」を、どれだけ自分の陣地に持ち込めるかというゲーム。
3人のチームで対戦するとのことで、オサルはマンボーと、アニメイダーさんのマノイオーとのチームに。キューブを熟知するアニメイダーさんの作戦で、動きの遅いオサル2号は敵陣地に突っ込んでいって敵陣地のキューブをコート外に落とす(落ちたキューブはコート中央に戻ってまた取り合いをすることができる)という役割に。
対戦が始まったが戦いは他の動きの早い2体に任せて、オサル2号はゆっくり敵陣地へ。マイペースに敵陣地のキューブをコート外に押し出す。キューブが落ちたのが終了ギリギリだったけど、おまけで?OKにしてくれたみたいで、2対2の同点に。アニメイダーさんの作戦、大当たり!


上位入賞者が決まり、入賞者以外でバトルし残ったロボットが勝ちという「ランブル」に。オサル2号はケーブルがつながっている関係で、あまり動き回れず隅っこでおとなしくしてたらなぜかランブル決勝戦に進出(これも反則ですね)。決勝ではメロンまんに軽く跳ね飛ばされ、落ちて終了。まあこんなもんでしょう。


上位入賞の決勝戦が終わり、優勝はまたまたサアガでした。
ロボット全員集まり記念撮影。

P10201161

↑オサル2号がどこにいるかわかるかな?(一応矢印付けといたけど、ほとんどディスプレー用の置き台にしか見えません)

さて、
楽しくて興奮し続けたオサルはこの頃もう疲労困憊状態。
「表彰式なんて出なくていい・・・帰る!」と、ゴネ出すのを、「せっかくここまで居たのだから、ちゃんと表彰式も見て、お世話になった人にご挨拶して帰ろうね」
と諭したのだが・・・
表彰式でサプライズ!

わんだほーって参加者全員に何かしら参加賞が出るんですね(知らなかった・・・)。13位のオサルが頂いたのは

Pict06631

奥:13位の賞品「HP Mini 1000」ネットブック!!
手前の左:Kinopy作者の小田さんに譲って頂いた賞品「HITEC MA-VIN」←早速作ってもう完成品が写ってます
手前の右:えまのんさんが「最年少ビルダーにあげて下さい」と賞品提供してくれたロボット本

どれもうれしい~~
ミニパソコンは、わんだほーに参戦するたび大人の方々が会場でぱかっと開くかっこいい小さなパソコンに憧れていたオサルには、夢のような賞品。
MA-VINはライントレースの勉強ができるし、本は参考になる情報がいっぱい。
さっさと帰らなくてよかったねえ、オサル君

というわけで疲れてぶーたれてたのはどこへやら、ニコニコ帰宅の途に付いたのでした。
しかし、帰りの電車の中で、私にパソコンを持たせておきながら

「おかあさん、手から離さないでよ!電車に忘れないでよ!」

とハハに向かって注意を連発(だったら自分で持ちなさいよpout

大満足のわんだほー参加でした。主催の石川さま、スタッフの皆さま、参加者の皆さま、ありがとうございました。
ぴしいさん、同走ありがとうございました。零型さん、反則技で誠にすみませんsweat02

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月16日 (木)

もうすぐわんだほーなのに・・・

オサルは毎日、夕方、宿題をすませた後にC言語の練習。
といえばかっこいいけど、ハハと一緒に「あれ?あれ?」と言いながら、テキストエディタに本のプログラムを丸写ししているだけの状態。

指定した日本語を画面に表示させる、というプログラムのようで
本の通りにやって四苦八苦の末、なんとか表示に成功した。

するとオサルは喜んで、
早速同じプログラムを何度も打ち込んでは、日本語の部分を「オサル天才」とか「扇風機はすずしい」とかに変えて、表示させては
「わーはははは!!」
と、パソコンに向かって勝ち誇ったように爆笑している

傍目から見て、おかしいよそれは(笑)

C言語の練習が終わると、二足歩行の本を熟読したり、
借りてきた「ターミネーター2」のDVDを見て、「あのロボットの手の骨組みの仕組みを作りたい!」と言い出したり・・・

わんだほー3日前。相変わらず、出場ロボットに触れもせず(泣)

この3連休は父方のおじいちゃんが上京してきてくれるので(余力があればわんだほーも最初だけ観戦してくれる予定)、土曜日はおじいちゃんを迎えて楽しくて、ロボットの練習なんかできないのは目に見えているのにgawk

さて当日、どうなりますことやら。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

わんだほー・一週間前

いよいよ、7月19日のわんだほーまであと一週間。

オサルはといえば、
突然、以前コメントでご紹介頂いた「これで歩く!二足歩行ロボット入門」を買って欲しいと言い出し、今日届いたので熟読中。
わんだほー出場用のロボットは最近さっぱり動かしていない。
大丈夫なのか?

ハハの心配をよそに、オサルは本を読み進めては「おかあさん、○○買って!ロボット作るのに必要だから買って!」
まさか、本を読んだ勢いで、「一週間後のわんだほーに向けて今から新作作る!」と言い出さないかとハラハラしたが、
本に載っている材料が近場で買えないので、本に載っているロボットの制作はわんだほーの終了後ということになりそう(ほっ)。

わんだほーではぴしいさんと対戦のようです。
ぴしいさんのメイドロボット製作記を見ては、ただ並んで競技をするだけとはいえ、こんな立派なロボットとオサルのタミヤの有線お弁当箱型ロボが「対戦」してよいものかと赤面coldsweats01
でもそれができちゃうのが「わんだほー」なんですね。

わんだほー・ろぼっと・か~にばる

7月19日(日)13:00~19:00(開場は12:00)

<場所> テレコムセンタービル・21階(テレコムセンター展望台)
<最寄> ゆりかもめ 「テレコムセンター駅」

くわしくは、わんだほーのページをご覧下さい。
どうぞ、楽しいロボットのイベントを観に来て下さいね。
インターネットのライブ中継や、秋葉原のツクモロボット王国でのライブ中継もあるそうです(詳細は上記わんだほーのページでどうぞ)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

はじめまして、C言語

申し込み多数の場合は抽選があるからまだわからないけれど、もし今度の未来館の「ロボット研究室」に参加できることになれば、8月最初にオサルはC言語でのプログラミングに取り組まなければならなくなる。

オサルはまだローマ字と英語のスペルの区別もついていない・・・というよりアルファベットがまだ完璧に書けない状態。
箸にも棒にもかからない状態で、ロボット教室に行って初めてC言語プログラミング・・・これは無理でしょ。

というわけで、当日までに予習をするべし!

まずは予習の予習から。
オサルにつきっきりで、アルファベットとローマ字の復習coldsweats01
ローマ字はもう学校で習ったので、しっかり授業を聞いていればらくらく書けるはずなんだけどな~・・・とアルファベットを書かせてみれば、案の定、怪しいところをいくつも発見。
ローマ字の復習だけで意外と時間をとられてしまったcrying

それと並行して、実際にC言語を練習するためのパソコン環境づくり。
これはオサルはできないのでオサルのハハがやるしかありません・・・
C言語入門の本に書いてある通りに、まずテキストエディタとCコンパイラ(書いたプログラムを機械語に翻訳するソフト)をダウンロード、設定と、確認・・・
オサルのハハはパソコン設定が得意ではないので、ひとつの処理をするにも大苦戦。

長い入力が必要になると、めんどくさいので、オサルを読んできて入力させます(笑)
アルファベットが怪しい割には、意外と正確な入力で感心。
でも惜しいことに、Cの大文字と小文字をいつも間違えていた。Cは大文字も小文字も同じ形だから間違えやすいんですね。

今日は母子で「あれ?」「何で?」「動かないよ~」と言い続け、何とか設定が完了したところでおしまい。
明日またがんばりましょう~happy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

コロコロゲーム・くぎバージョン

Pict06221

学校の「工作クラブ」で作ってきたオサルの作品。

小さい頃から、ケースの中で玉を転がすゲーム作りはオサルの好きなテーマのひとつ。
今回は迷路の壁が釘になっているもので、左下のスタートから始まって、釘の道を通り、上半分の”森”を通過して、中心のゴールへ行くゲーム。

それにしても、この釘の数って・・・。
工作クラブの担当の先生、こんなに釘を打たせて下さってありがとうございますm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

サーボロボットを目指して

P10200671

↑知らないうちに、オサルがこんなのを作っていた。

ロボコンマガジンでサーボの大きさを調べ、工作用紙で何やらやっていたのは知っていたけど・・・

Kinopyの作者の小田さんも、最初Kinopyを作り始めたときはまずイラストを描き、その後そのイメージを紙か何かで立体に制作してから、ロボットを組んだようです(Kinopyのできるまで)。
オサルは小田さんのページを見ていないのに、期せずして同じようなことをやっている。

それにしても、そこまでサーボ欲しいかなあ、オサルくん。

でも、まずはC言語をマスターしてから、サーボの話をしようねsmile

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

箱好き

我が家に宅配便が届くと、
オサルのハハは中身を見て喜ぶが、
オサルは箱を見て喜ぶ。「ボクの工作に使う!!」

工作材料を入れたり、バラバラに解体して箱自体がオサルの工作材料になったり、
使い方はいろいろ。

Pict06141
↑私が捨てようとしていたのをオサルが拾って「ロボット工作材料入れ」箱にしたもの。
わかりやすいように、ロボットの顔までついている。

マジンガーみたいな強そうなロボットの顔が多いけど、
オサルのハハはこんな顔も好きだなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »