« これは二足? | トップページ | はんだ付けとコントローラー »

2009年5月31日 (日)

秋葉原めぐり

今日は以前皆さまから頂いた情報をしっかり書き込んだグーグルマップアキバ版を手に、オサルとハハで秋葉原ロボットショップめぐり。ロボットのことは詳しいがその他のことはろくにできないオサルと、一応大人だけどロボットの知識と方向感覚がまるでないハハの、二人でやっと一人前(いや二人でも半人前?)の旅。

まずはオサルの希望で、ツクモロボット王国へ。4階の半分がロボット王国で、店員さんがKONDOの二足歩行ロボットを動かして下さりオサルは大喜び。たっぷり見学してちょっと買物して、外に出たらさっき店員さんが動かして下さったロボットKHR-1HVが、店の入り口のところでデモをしていました。

P10109821

↑ずっと歩いたり、片腕で腕立て伏せをしたり、バンザイしたり・・・周りにはたくさんの人だかりが。ロボットくん、お店の宣伝ご苦労様happy01

次に、すぐそばのビルの4階、VSTONE ROBOT CENTERへ。

様々な二足ロボが展示してあり、オサルの目は釘付け。工作教室で使うビュートチェイサーらしきものがテーブルに置いてあるので、工作教室について尋ねてみると、教材で使うプログラミングはブロック式のもので、オサルが以前エレキットのキロボで使ったのとほぼ同じやり方のものだそう・・・C言語の教室であればとひそかに期待していたのに、残念。

でも、やさしい大阪弁の井高マネージャーは話をそこで終わらせず、ブロック式プログラムのC言語版をオサルに見せて、いろいろ解説までして下さいましたm(_ _)mありがとうございます。居心地が良くて長居してしまってすみません。

オサルはここでロボコンマガジンのバックナンバーがずらりと並んでいるのを見つけ、一時は全部買い占めそうな勢いだったが(買えませんってばcoldsweats01)しぶしぶ3冊選んで購入。店員さんが「今度来るときにはリュックしょって来て下さいね」と。アキバの人たちがみんなリュックしょってるのはみんなガッツリ買物をするからなのね・・またひとつ勉強。

次に向かったのはちょっと離れたテクノロジア。ここではマネージャーの方が先ほどのKONDOのロボット KHR-1HVをオサルに操縦させて下さり、オサルは操縦をほとんどマスター。店長にも二足歩行ロボについてご助言を頂きました。

ここで、ぐずついていた空模様が大雨に・・・にも構わず、ROBOSPOTへ。ここは、念のため石川さんのHPの「行きかた」をプリントアウトしていなかったら行けなかったかも・・・と思うくらい引っ込んだ場所に。でも着いたら、ぷちでご一緒させて頂いた方のお顔がたくさん。お名前だけは聞いていたビスコさんともお話ができました。皆さん本当に熱心にロボットを動かしていました。

オサルもスタッフの方に貸して頂いたKHR-1HVで練習に乱入し、よせばいいのにサアガを後ろから何度も蹴飛ばしたりしたために、その後サアガにもの凄い勢いで追いかけられ、「きゃーんコワい~!!」と悲鳴を上げる羽目に・・・自業自得ですなgawk

P10109831

↑次々ロボットをなぎ倒すサアガ(左・白。強いっ!)と、自分で勝手に倒れてるオサル操縦のKHR-1HV(右・オレンジ)

ここで夢中になりあまりに時間をかけすぎたので、千石電商にたどりついて買物し、さあ秋月だ、と思ったら、閉店~。

結局、最後は時間切れとなりました。高架下やラジオデパートも見たかったんだけどなあ~。でも、ここまでアキバのロボット店を残さず見て回れたのは、情報を下さった方々のお陰です。皆さま、改めまして御礼を申し上げますm(_ _)m

オサルの印象に残ったのは、期せずしてロボット試合が体験できた「ロボスポット」と、マネージャーがすごく親切に対応して下さった「ヴイストン」のようだ。・・・そういえばVSTONEさん、すごくよいお店なのに、入り口に何も出ていないので見つけづらいですweep次回オサルが行ったときにすぐわかるように、ぜひ入り口に大きな看板か何か出して下さいませ(^-^)

|

« これは二足? | トップページ | はんだ付けとコントローラー »

ロボット・その他」カテゴリの記事

コメント

オサルくん、オサルのハハさん
はじめまして。
桃色兎と言います。

BeautoChaserのC言語プログラムについて興味があるようで
BeautoChaserユーザーでVstoneファンの私としては
凄く嬉しいです。

小学生がC言語でプログラムを勉強するのは
少しハードルが高いかもしれませんが、
オサルくんほどロボット製作に熱心なら
大丈夫かもしれないですね。

RobotWatchや
http://robot.watch.impress.co.jp/docs/column/vstone/20090529_170134.html
エレキジャックの
http://www.eleki-jack.com/h8/2009/05/h8-3usb.html
ホームページにはBeautoChaserを使った
C言語プログラムについて連載されていますから
チェックしてみると良いかと思います。

最初はチンプンカンプンでもロボットセンターや
関東練習会などで質問すれば皆さんフォローしてくれるハズ。
一つ一つ確実に技術を身に付けて
もっともっとロボットを作ってほしいです。

投稿: 桃色兎 | 2009年6月 1日 (月) 02時08分

桃色兎さん

はじめまして、コメントありがとうございます。

ご紹介頂いたRobotWatchの記事は、プリントアウトされてヴイストンの店内にファイルに入って下がっていたものかも(imokenpiという名前に覚えがあります)。
詳しく読む暇がなかったので、ありがたいですhappy01

Vstone、ロボット好きなら入っただけでウキウキするお店ですね・・・オサルもなかなか帰らず、帰るときも引き剥がすのが大変でした(笑)
店員さんがすごくフレンドリーで親切なので、わからないことがあったとき気軽に質問しに行ける感じがしました。
こういうお店があると、オサルのような子どもを持ったメカ音痴の母としては大変うれしいです。

投稿: オサルのハハ | 2009年6月 2日 (火) 18時23分

はじめまして、株式会社エンカフェ(http://www.encafe.jp/)の
小島英生と申します。
突然のご連絡にて失礼致します。
(メールの連絡先が見当たらず、書き込みにてご連絡させて
 いただきました。万一ご迷惑でしたら、お手数をおかけして
 申し訳ございませんが、削除いただければ幸いです。)

弊社では、C言語を使うエンジニアを対象に、
教育用ロボットキット「Beauto Chaser」を活用した、
エンジニアの自己研鑽の場としてのコンテスト
『エンジニア・アワード』(http://www.engineeraward.jp/robot/)を
開催予定です。

BeautoChaserをお持ちの方や、ご興味のおありの方々に、
おひとりずつ、参加のご案内をさせていただいております。

ブログ上で、BeautoChaserの記事を拝見し、大会にご興味を持っていただけるのでは?
と思い、ご連絡させていただきました。

BeautoChaserのヘビーユーザーの方のご参加はもちろんのこと、
入門者の方々にもご参加いただきやすいよう、
勉強会などを開催していたり、キットを新規購入される方には、
先着20名様に限り、キャッシュバックもしております。

もしご興味がございましたら、ぜひご参加をご検討いただければと
存じます。


また、本コンテストの案内を、ご自身のブログでご紹介いただける場合、
弊社のコンテストの公式サイトで、ブログをご紹介させていただきます。


コンテストへの参加にご興味がない方でも、
多くのエンジニアが情報交換・交流する場としてのSNS(http://encafe.jp/)を
弊社で運営しておりますので、そちらのご登録もよろしければどうぞ。

本件、ご興味がございましたら、お手数ですが、
下記までご連絡いただければ幸いです。


kojima@encafe.jp 担当:小島

投稿: 小島英生 | 2009年8月 4日 (火) 14時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1059378/29886282

この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉原めぐり:

« これは二足? | トップページ | はんだ付けとコントローラー »