« やめられない止まらない・・・試作機4号 | トップページ | オサルのファンタジー »

2009年5月19日 (火)

マイコン・プログラミングを目指して

週末、わんだほー・ぷちに6足ロボット「シグマ」で参加されていた、しまけんさんのところへお邪魔し、マイコンやプログラミングについていろいろ教えて頂いた。

コメントや掲示板でたくさんの貴重な情報を頂きながら、処理しきれず行き詰まっているオサルとそのハハの素人っぷりを、しまけんさんは見ていられなくなったのでしょう。本当にありがとうございますm(_ _)m

さて、いろいろとご相談頂いた結果、大体の方向として、

*7月にモーターをマイコンで動かしてわんだほーに出場することは、どー考えても無理(←でもオサルは、「じゃ、手動で出る!」。オサルにとって、「わんだほーに出場することをあきらめる」という選択肢は無い模様)

*いずれは自作のロボットをマイコンにつなげるように、今から少しずつC言語の勉強をして行く

というところ。そのほか、しまけんさん作のロボットや、様々な部品を見せて頂き、オサルは大喜び。しまいには、自分で部品を棚から出しては「コレは何?コレは何?」その都度答えて下さるしまけんさん、お手数かけて申し訳ないと思って見ていたハハだが、何だか訊く方も答える方もうれしそう(笑)そのことについて話しているだけで楽しいなんて、好きなことがあるって、いいなあ。

帰宅の途中、最寄り駅の本屋で「これならわかるC 入門の入門」という本をオサルに買わされた。こんな小さな駅の本屋にもC言語解説の本がこれだけあるのだから、世の中にC言語で苦しんでいる方が相当数いる模様sweat02

オサルは、ブロックで操作するプログラミングは、日本科学未来館のロボット教室で何度かやったことがある。このロボット教室では進級していくと最後はブロックを使わずC言語で操作するコースになるのだが、オサルはまだそこへ到達していない(最近、未来館でこの講座、開催されないなあ・・・待ってるんですけど)ブロックからはじめても、いずれはC言語そのものを理解しないといけなくなるのだろう。ロボットへの情熱で、オサルはC言語と言う壁を突破できるのか?

と書いている横で、「おかあさーん、カ○カナのモって、どうやって書くんだっけ~」というオサルの声が・・・(←注:オサルは、ロボット関係以外の学習はこのレベルですsad

小5で新しく習う学習、4年までの学習の復習(特に漢字)、そしてロボット製作に、C言語・・・オサル、がんばれ~

|

« やめられない止まらない・・・試作機4号 | トップページ | オサルのファンタジー »

ロボット・その他」カテゴリの記事

コメント

マイコンですかぁ^^やってみたいまのです^^C言語はさどかしむずかしいことでしょうでも、がんばってください!!
 中学いったらお話したいですねえ^^

投稿: ダイヤ | 2009年5月19日 (火) 18時45分

C言語がんばってください!

わんだほーなら手動でも出場は大丈夫だと思いますよ。
むずかしいのは、エントリーが限定40台なので、
エントリー開始直後に、すばやくエントリーすることが出場のコツ?です。

自分は周りに機械制御のプログラマーがいなかったので
自力で簡単なアセンブリ言語から入りました。
その後で、基本はC言語かぁ~と変更して、その便利さに感動しました。世界が格段に広がり、一時はコレなら全てが思いのまま!と思ったくらいです。
プログラム言語は、ただの日本語や英語のような世界共通言語だと思います。機械としゃべったり、命令する為の…
ブロックでのプログラムでは無駄に通訳が何人もいるようなものです。
言い換えれば、C言語の本が多いのは『初めての英語』『日常会話の英語』『ビジネス英語』『専門的な職場での英語』のように言葉遣いが色々あるからかなぁと思います。
言葉の使い方を覚えるのは、オサルくんならやっているうちに出来ちゃうでしょう。英語覚えるより早いんじゃないかなぁ?しまけんさんもいるし!
それよりも難関なのは、思い通り、プログラム通りに動いてくれない時に何が原因かを探りだすことだと思います。ここはもう経験値だとも思うので、小学生からはじめてるオサル君が羨ましい!
僕ん家の近所にも、しまけんさんにいて欲しかった(≧ヘ≦)
偉そうにまた書き込んでしまってすいません。ホントお節介でごめんなさい。本当のことはしまけんさんに聞いてください。

投稿: アニメイダー | 2009年5月19日 (火) 19時30分

オサルのハハさんへ

まだ、チーム名などは決まってないです。
決まったら、また書き込ませていただきますね。

投稿: AID | 2009年5月19日 (火) 23時59分

前回紹介しました
http://www.vstone.co.jp/top/products/robot/beauto/cspec.html
のマイコンでしたら簡易言語(パネルを使ってプログラムを作る)ことも可能です。
説明が下のほうにしか出ていませんが(^^;)
また、Vstone社の秋葉原のお店も出来たようなので
東京でしたら一度覗いてみてはいかがでしょう。
http://www.vstone.co.jp/top/robotcenter/
なんか、工作教室もやるみたいです。

投稿: ほり | 2009年5月20日 (水) 02時25分

ダイヤさん

中学くらいになれば、新潟行ったり、東京行ったり、あるいはその中間くらいの場所で開催されるイベントに行ったり、できるかもしれませんね。
そのうちお話できますよね。楽しみにしています♪

投稿: オサルのハハ | 2009年5月20日 (水) 17時28分

アニメイダーさん

アニメイダーさんがぼろぼろになるまで読んだと言うプログラミングの本、うちも買いました。
でも突然プログラムが出てくるので、ローマ字と英語の区別もついていない(笑)オサルには、難しかったようです・・・
今、「入門の入門」と言う本をオサルが一生懸命読んでいるので、それが終わってからご紹介頂いた本に移るのがいいかなという感じです。

いろいろとわかりやすく教えて頂いてありがとうございます。

投稿: オサルのハハ | 2009年5月20日 (水) 17時33分

AIDさん

はい、ぜひチーム名など教えて下さい!
今年の高専ロボコン、ますます楽しみだな♪

投稿: オサルのハハ | 2009年5月20日 (水) 17時34分

ほりさん

先日頂いたコメントのお陰さまで、オサルが試作機4号を作ることができました。ありがとうございますm(_ _)m

秋葉原のVstone、ほかにも、秋葉原のロボットのお店が皆さまのお陰さまでだんだんわかってきました。
オサルを連れて、1回見に行こうと思っています。
Vstone、工作教室もあるんですね!オサルを参加させてみたいなあ。
いろいろと情報をありがとうございます。

投稿: オサルのハハ | 2009年5月20日 (水) 17時42分

僕の二足歩行ロボットも、ロボコンマガジン風にしますた

投稿: ダイヤ | 2009年5月20日 (水) 18時48分

いまさらでごめんなさい!

前回お勧めした本は、周りに知っている人がいなかった自分が、ゼロから始めてマイコンに慣れた本です。
自分はマイコンに慣れてから、C言語の勉強を始めたクチです。

しまけんさんの助言やロボット仲間がいるオサル君の場合は、それをスッとばしてATmega32マイコンとC言語に突入なので(両方とも、その本より高度な技術です)必要ないかも知れません。
その本はC言語ではありませんし、マイコンに慣れるための本です。何よりその本のマイコンが低価格だったので良いかなとお勧めしました。
お会いしたときにその本の内容とかを説明(弁解?)させてください。

本当に申し訳ありません。

あと、C言語はいろいろなものに使われているのでC言語の本の内容は、マイコンを制御することに全く触れていないかも知れません。パソコン画面に文字を出すとかかな?
はじめはパソコン用のプログラムしか書いていないC言語の本を不思議に思ったものです。ある程度慣れたら、C言語でのマイコン制御の入門書を色々見てください。

ああっ、的確な助言が出来ない自分がふがいないです
(ノ_-。)ロボット作りがんばってください。

投稿: アニメイダー | 2009年5月21日 (木) 02時14分

確かにご想像のとおり、「それだけ多くのC言語で苦しむ人」がいます(^_^;)。でも、ほんの25年ほど前は、同様な感じでBASICという言語に関して同じようなコトになってました。

で、当時ヲイラは中二でしたが、サワリの部分ではあるものの、少しずつBASICをイジってプログラミングを始めたりしておりました。まだ元祖ファミコンが世に出たかどうかという時代でした。

今はこういったゲーム機もありますし、なによりPC環境が普通に扱える時代ですから、ヲイラの頃よりもプログラミングを開始できる年齢というのは低年齢化しているのではないかと思います。

ただし、これもご想像のとおり結構なイバラの道でもあります。できるかぎり身近にサポート役がいてくれないと、簡単に挫折してしまうコトにもなります。ヲイラはソレを求めて高専の門を叩いたクチでしたし(^_^;)。

そして、あの当時そういうコトをやっていた人はみんな苦労した覚えがあるため、今は逆にダレか苦労してる人を見ると、手を出さないではいられないのだと思います。

そうですよね(^_^;)?>しまけんさん

投稿: Zak | 2009年5月21日 (木) 08時50分

ダイヤさん

「ロボコンマガジン風にした」というのは、ロボコンマガジンに載っていた二足歩行ロボットと同じ方式で作ったということでしょうか?
見てみたいですねlovelyオサルのロボットとバトルさせてみたいですね
でも、オサルの試作機4号は、どうも昨日動かなくなっちゃったみたいですけどsweat02・・まだまだレベルアップが必要ですね

投稿: オサルのハハ | 2009年5月22日 (金) 08時30分

アニメイダーさん

そんなに謝って頂かなくて大丈夫ですよ~(^-^;
好きな分野の本は、決して無駄にならないと思っていますので。

おっしゃるとおり、最近買ったC言語入門の本は、マイコンとは何の関係もない模様ですが、
英語を勉強するにもまずABC覚えるのからはじめなければいけませんから
順を追って進めていくしかないですよね。

ではお言葉に甘えて、お会いしたときにはいろいろ教えて下さい。
いい先生がたくさんいて、オサルは幸せものですhappy01

投稿: オサルのハハ | 2009年5月22日 (金) 08時43分

Zakさん

オサルはパソコンがそばにあるのが当たり前の時代に生まれておりますから、
昔より格段にプログラミングに取り付きやすくはなっているんでしょうが・・・
素人ながら、私も「これは習得に大変な時間がかかるぞ」とは感じています。まあオサルはまだ子どもですから、まだまだ時間はたっぷりありますが・・・

オサルのロボットへの情熱で、なんとか少しずつでも進んでいって欲しいと思います。
何かの機会には、ぜひご助言をお願い致しますm(_ _)m

投稿: オサルのハハ | 2009年5月22日 (金) 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1059378/29675952

この記事へのトラックバック一覧です: マイコン・プログラミングを目指して:

« やめられない止まらない・・・試作機4号 | トップページ | オサルのファンタジー »