« AERA with Kids | トップページ | うらめしや~ »

2009年1月 6日 (火)

巨大ダイヤモンド

Pict01801

オサルが、カラー工作用紙で制作。特に本をみたわけではなく、こんな形に作りたいと思いながら工作用紙の升目に展開図を引いて、切って組み立てて、こういう形ができたそうだ。

|

« AERA with Kids | トップページ | うらめしや~ »

こんなの作りました(ロボット以外)」カテゴリの記事

コメント

 島根大学客員教授の久保田邦親博士は、ロボットの巨大化にかかわるブレークスルーに関する理論を発表した。
従来より、ロボットの関節機構は巨大化すればするほど、自重のほうが面積より大きくなるので、関節機構が
ネックになり開発が困難と考えられていた。その境界潤滑問題にナノレベルのメカニズムを明らかにした。
それを炭素結晶の競合モデル(CCSCモデル)というのだが、摩擦面圧を上げるとダイヤモンドが生成しやすく
なり、機械の摩擦損傷が激しくなるのでロボットは巨大化できないとする原因を解明したことになる。
 これに従えば、ダイヤモンドをつくらないトライボシステムを界面にデザインすることでガンダムみたいな
巨大モビルスーツが出来る可能性があることになる。

投稿: 臨時ニュース | 2018年3月 9日 (金) 08時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1059378/26853576

この記事へのトラックバック一覧です: 巨大ダイヤモンド:

« AERA with Kids | トップページ | うらめしや~ »