« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

未来館でロボット教室・ボクサー 3日目

いよいよ今日はロボット競技会。前回2日間で作ったロボットでバトルをして、上位3位を決める。「ボクサー」の競技は、四角い土俵(真ん中にも四角い穴が空いている)の上で2台が相撲をして、ひっくり返ったり落ちたりしたほうが負け。

Pict00711

オサルのボクサー、ロボット名は「必勝くん」。前々回の「ビートル」大会では3位になり全国大会参加権を得たものの当日に風邪で欠場、前回「タスカー」ではベスト8で敗退と無念が続いていただけに、本人としてはどうしても勝ちたいという思いが強いらしい。ロボットデザインも、「勝ち」を優先する彼はデザインには関心がなく、厚紙で箱を作ってつけただけで終わりにするつもりだったらしいが、余りに思った私が口出しをして、家にちょっとずつ残っていたきれいな色紙を切って貼り付けた結果できたもの。

Pict00511

バトルの様子。真ん中の穴が意外とクセモノである。

バトルの結果。オサルはベスト12に勝ち上がり、トーナメント戦で準決勝まで進んだもののそこで敗退してしまった。そこで敗者復活戦にまわり(オリンピックを思い出しますな)準決勝敗退者どうしで対戦して、1回引き分けたものの2回戦で何とか勝利することができ、3位が決定した。念願の全国大会出場権をゲット!!

小学校4年から中学生までが対象の講座だったのに、上位3位は皆小学生だった。その時々の運もあるけれど、つくることに年齢は関係ないのですね。

ボクサーロボット全国大会は、11月1日、豊洲の芝浦工大キャンパスにて。「芝浦祭」も開催されいろいろなイベントがあるそうなので、試合の参加者でなくても遊びに来て下さいとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

ものを運ぶロボット・最終ヴァージョン

Pochiv4

作者本人いわく、「片側しか付いてなかったベルトを両側に増やしたのですごく安定した」だの「モーターを替えたら先端のはさむ部分がすごく良くなった」だのと書いてくれとのご注文だが、そんな細かいこと、見る人にはわかりませんってgawk

改良前の「ヴァージョン2」ロボは、物をつかむために先端のハサミが動き出してからつかんで持ち上げるまでものすごい時間がかかり、おまけに物が重いとばったり前に倒れたまま動かない、最大の弱点は地面に落ちているものが拾えない(はさみ部分が地面に付かない)という、ほとんど「ギャグロボ」だった。

この最終ヴァージョンロボは、頭部分が下に下がったため安定感が増し、はさみが地面にぴったり沿うので地面に落ちたものもちゃんと拾える。はさみ部分の動きもスピードアップして、かなり早くものをつかんで運んでいくことができるようになった。

夏休み明けに小学校の「夏休みの工作展」に出品する予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

夏休みの工作

おじいちゃんおばあちゃんにレゴをしこたま買ってもらい、オサルはしばらくネジや工具に見向きもせずレゴの人形で戦いごっこをして遊び続け、「大きくなったらコイツは「ロボット博士」ではなく「レゴマニア」になるのでは?」と周囲がいぶかり始めた頃、

突然、モーレツな勢いでロボットを作り始めた。

Pochiv1

「ものを運ぶロボット」ヴァージョン1。頭部にはベルトコンベアーのようなものが付いていてかっこよくグルグル回るが、このコンベアーが何に使われるのかがいまいち不明。

製作者も満足がいかないらしく、さらに一部を改造・・・

Pochiv2

「ものを運ぶロボット」ヴァージョン2。頭部のコンベアーが消えて、クワガタの角のような挟む形に。でもこいつは頭部が重く、重いものを挟んで持ち上げるとそのまま前に倒れて動けなくなる弱点あり。

これではならじと、さらに改造を始めるオサル。ロボットは出来上がるのか?・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

オフロにはいるヒト

07ohuro1

ただ今、息子はオットの両親宅へ行っていて不在。そのため今回は過去の作品の紹介。

題名「オフロにはいるヒト」。紙粘土で製作。昨年5月ごろ作ったもの。

あるときいきなりちょろっと作り出して、これだけのレベルのものを作ってしまい(親バカだろうか・・・しかし、大人でもなかなかこれは作れないと思う)、しかも出来上がってしまうと、それからしばらくは忘れたように紙粘土に触らなくなる・・・子どもって不思議。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

Wiiのつもり

Pict07911

オサルはパソコンを検索したい一心でローマ字をどうにかこうにかマスターし、ロボットだのレゴだの検索して遊んでいるが、レゴのページを閲覧していたとき、レゴで出来たWiiを見つけたらしい。早速自分で作ってみた。

オサル家では父も母も元気な子どもが家でじっとゲームをしている姿が大嫌いなので、ゲームがない。Wiiで体を動かそうがどうしようが、現実体験の少ない子どもを仮想現実に放り込んでいることには変わりない。もう少し現実を経験するまで、オサル家ではゲームを購入する予定なし

せめてこれで、うちにもゲームがあるつもりになっておくれdespair

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

未来館でロボット教室・ボクサー 2日目

「夏休みロボットセミナー」2日目、それぞれ昨日の続きを製作。

ボクサー完成品↓

Pict08651

オサルはもうロボットが完成してしまったので、第2段階としてロボットの飾り付けに入る。

それぞれが製作したロボットは最終日3日目に競技会を行い、所定の土台の上でロボット相撲をして勝ち上がった3名が、後日行われる芝浦工業大学のロボット全国大会の出場権をもらえる。
だが競技の結果とは別に、子どもたちや保護者、会場スタッフの投票によるデザインコンテストも同時に行い、評価が多かったロボットの製作者3名も全国大会に行ける。だからデザインも非常に重要だ。
だがオサルはロボットを飾り立てることに興味がない。「ボクはロボットバトルで勝つから、デザインはやらないの!」と、あっさりしたものだ。

***************************************************************************

今年3月に参加させて頂いた、同じく日本科学未来館開催で芝浦工大協力の「親子で楽しむロボットセミナー・タスカー」のときでも、
ロボットを早々完成させたのはいいもののちっとも飾り付けをする様子がなかった。この時は親子での参加だったので、仕方なく母の私がテキトーに思いつきでいろいろ貼り付けてみたら、なぜかこんなロボットになった↓

Pict05241_2

このサカナロボットはベスト8まで進出したが、トーナメント戦初戦で強いロボットに当たり敗退。口をぱっくりあけたまま、強いロボットに無力に押されていく姿が会場の爆笑を呼んだhappy01

***************************************************************************

話を元に戻して、今回は親の参加は無いのでデザインも子どもがしなければならない。オサルは目を引くデザインはせず、あくまで強さを追及するつもりらしいgawkせっかくデザインでの評価もされるのだから、もっとがんばればいいのに・・・と思っても、今回親の出番はないので最終的には子どもにお任せ。

別室に競技会に使うのと同じ競技台が用意されていて、ロボットが完成した子どもはそこで練習ができる。

Pict08701

最初は数台でバトルの練習をしていたロボットたちだが、やがて後から完成したロボットが我も我もと乱入するので、やがて1対1で対戦するはずの競技台の上には無数のロボットたちが・・・こんがらがって、他のロボットの上に乗り上げるヤツ、落っこちるヤツ、ネジが落ちるは腕が取れるは、大変な騒ぎに。

今日はロボットを持って帰宅し、家でそれぞれ工夫をこらしてデザイン・飾り付けをし、最終日3日目にバトルとデザインコンテストが行われる。それぞれのロボットがどんな姿で現れるか楽しみ。最終日・3日目は8月30日開催。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

未来館でロボット教室・ボクサー 1日目

「夏休みロボットセミナー2008(場所:日本科学未来館、協力:芝浦工業大学)」に参加。昨年からずっと、「小4になったら参加するんだ!」とオサルが楽しみにしていたこのセミナー、定員40名のところへ応募者が100名ほどあったというが、幸いに抽選で当たることができ、今日参加の運びとなった。

最初にロボットについての講演が40分ほどあった後、重点のみの説明がありいよいよロボット製作開始。ここでは、途中の説明は一切なく各自自分のペースで終了時間まで作り続けるやり方。そのため、途中進め方がわからなくなった参加者の手助けをするため、芝浦工業大学の先生、学生さん、それに日本科学未来館のボランティアスタッフさんが大勢会場に待機。どんな質問にもすぐ対応してもらえる。

いよいよ製作開始!

V40100371

製作開始が12時前頃なので、すぐお昼の時間になってしまうが、「お昼ご飯の時間です」と言われても手を止めない子が多い。そそくさと昼食を済ませて、またロボット製作に戻る子も・・・みんな熱心。

夕方4時を過ぎた頃、オサルのロボットはほとんど完成・・・また一番乗りだ。

V40100391

オサルは「仕組み好き」なので、こういうパーツの組立てにはめっぽう強い。ロボット製作の時間は今日と明日の2日間とってあるのに、こんなに早く作り上げてどうするのかcoldsweats01

ともかく、各自それぞれの進行段階で5時前に製作はストップ、ロボットを会場に置いて今日は解散。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »