トップページ | 2008年7月 »

2008年6月29日 (日)

仕組みが好き

Pict05552_2

少し前に作った「時計の仕組み」。

食品トレーを根気良く歯車の形に切り取り、自宅にあるパーツを組み合わせて制作。

最初は時計の針がついていたが、いつのまにかなくなり、この作品自体もしばらくしてから作者によってバラバラに解体されてしまった。部品を、新しく作るものに使いたいからだそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

スライム・・・

4年から始まったクラブ活動で、オサルは、「自然科学クラブ」に入っている。

今日、クラブで「スライム」作りをしたらしい。夕方オサルのハハが少し遅く帰宅すると、彼はもう友達の家に遊びに行っていて、居間のテーブルの上にはベットリした物体と、大きな置手紙。

「ともだちのいえにいってきます。スライム、捨てないで!」

「捨てないで」、と、わざわざ大きな字で書いてあっても、それでも捨てたくてたまらなくさせるもの・・・それがスライム・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

ロボット研究室

P10002001

東京・お台場の日本科学未来館で、ロボットプログラム教室に参加。

(画像は、この研究室のマスコット・火星人クン↑)

参加するのは子どものみ。保護者は会場後ろの椅子で見守るだけ。

子どもたちはその日初対面の子とふたり一組になり、「火星で働くロボットを作ろう!」というテーマで、いろいろな条件に合わせて動くように、協力してロボットをプログラミングしなければならない。

1度作ったプログラムをロボットにダウンロードして、実際に動かしてみて、思ったとおり動かなかったら予想と違ったところをまた考えて手直しして・・・の繰り返し。顔を真っ赤にしてパソコンと試運転場を往復する彼を見ていると、「これくらい学校の勉強も熱心にしてくれれば・・・」と、母としては思わずにいられないcoldsweats01

奮闘の甲斐あって、今回とうとう「アドバンスコース」をクリア、次回は「スーパーアドバンスコース」へ進むことになった。「作って終わり」の1回きりのイベントではなく、こうしてレベルアップしながら続けていける教室は、本当にありがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年7月 »