2017年7月18日 (火)

サルの習性

1



2



3



4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

トウモロコシ

1



2



3



4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

オサルのPDCA

1



2



3


4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水)

自作全方位カメラの作り方について

7370c9e6


オサル力作のブログ記事が完成致しました。



Self-made 360°Camera for RoboCupJunior2017


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月)

オサル、高専4年

P11007381


ロボカップジュニア日本大会を7位で終えたオサル。

なんとか高専4年に進級できたものの、今後学業はますます忙しくなる見込み。

今後のロボット活動をオサルと財務省オサルのハハで話し合った結果、

オサルの強い希望で、5月連休のロボカップジュニアせとうちオープンに向け

日本大会では実施できなかった
全方位カメラのデモ

実施することに焦点を絞り、作業を進めることとなりました。




最初の作業は、オサルの部屋に、カメラテストのためのフィールドを作成すること。

場所をとる布団類は、とりあえず問答無用でオサルのハハの部屋に放り込まれ

大騒ぎでもろもろを片づけた(というか端に寄せた)後、グリーンのシートがひかれ

なんとかフィールドが出来上がりました。



どたばたの作業は夜中に渡り、オサルのハハは先に就寝。

オサルはその後寝ようとしたものの、布団はハハの部屋。

「ハハが寝てるのに悪いから」60%、「めんどくさい」40%くらいだったそうですが

自室にあった寝袋を引っ張り出して、普段通学に使っているリュックを枕に就寝。



・・・家の中で野宿してどうするんですか(-_-X)



そんな彼の背中を、オレンジボールがじっと見守っています・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月28日 (火)

ロボカップジュニアジャパンオープン2017

P1140057

タイトルの言葉、やたら長いのですが・・・


ロボカップジュニアは、19歳未満の人たちが自分で考えて作成した

自律ロボットによる競技大会。

ジャパンオープンとは、各地域から勝ち上がってきた選抜チームが競って

日本一を決める、日本大会のことです。



自律ロボット競技では、参加者がすることはロボットの最初のスイッチを入れるのみ。

後はロボットに働きかけることはできません。

競技スタート後はロボット内の設定だけで全ての動作を行わなければなりません。




ロボカップジュニアにはサッカー・レスキュー・ダンスの3種類があり、

サッカーには機体の重量によって「オープン」と「ライトウェイト」があります。




やれやれ説明だけでこれだけになっちゃった。これから本題です。




サッカーのオープン部門に、、オサルとM氏によるチーム「Mavericks(マーべリックス)」が、

関東ブロック代表として出場しました。



オサルももうすぐ19歳。19になると年齢制限を超えてしまうので、

世界大会進出がなければ今回が最後のロボカップジュニア大会になります。

しかも、今回オサルは大会直前に2週間ほど、相方のM氏の自宅に泊まりこんでの

共同製作という気合の入りよう。



そんなわけで、「勝つロボットを作る!!」と息巻くオサルに

いろいろお金の支出を強いられた財務省オサルのハハも、出来は如何に?と、

岐阜県の中津川まで大会を見物に出かけました。



出かけて行って競技を観戦した結果は・・・

おや?7位?・・・という、微妙な結果に終わりました。



オサルの機体は、

カーブを描くシュートをしたり、世界大会仕様を組み込む等の新ネタがてんこ盛りの割に、

「まっすぐシュートを打つ」「ラインを割らない」等の基本的なことができない、微妙に残念な仕上がりに・・・




ここで公開説教。




オサルさん、某所で「親(スポンサー)に負けたことを散々怒られた」てつぶやいてますけど、

ハハは負けたことを怒ってるんじゃないんですよー。



アナタは散々「勝つロボットを作る」と言っていたのに、

実際の機体は、見たところ勝ちたいのか、

強くなくてもいいから新ネタをデモしたいんだかがよくわからなかったから、

アナタが本当にやりたいことは何なのか、を訊いてるんですよー。



限られた製作時間の中で、どうせやりたいこと全部はできないのだから、

少なくともこれだけは実現したいということは何なのかを、よくよく考えてはっきりさせてから

始めなさいと言っているんですよー。

そうしないと、アナタのように「毎回新しいことを取り入れたい」と思っている人は、

夢中で作っているうちについつい最初の意図を逸れて、迷子になっちゃうから。





日本大会に出場が初めてだったら「間に合わなかった、くやしい、でも楽しかった♪」でいいけど、

アナタの場合もうそんなレベルは許しませんよ。



まずは今回の試合動画を百万回見て反省して下さい。



せとうちオープンの予算折衝については、その後だ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月28日 (土)

オサルのブログ更新のお知らせ

「ブログ書く書く詐欺」のオサルが、

3月のロボカップ大会への機体作成が順調に遅延する中、

本日、貴重な土曜日の5時間を費やしてブログを更新したそうなので

よろしければご覧下さい
m(_ _)m


モータ・ギアヘッドまとめ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

もうすぐ高専4年(※予定)

ご無沙汰しております、オサルのハハです。

新年明けのことになりますが、オサルのツイッターで妙に反響が大きかったものをご紹介します。

P1130503


ここにオサルが書いたことを読む限り、

オサルは学ぶべきところを学び、苦労すべきところで苦労しているな、と

ハハとしても安堵しているところでございます。


この文章前半の話ですよ。

後半は、ただの心の叫びです(笑)



皆さまのお陰さまでございます。

心より感謝申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 4日 (水)

高専3年次開始

2年時の単位を取りこぼした分を拾いつつ、より厳しい3年次の単位を取得しなければならない、オサルの高専3年めが開始致しました。

オサルいわく「大丈夫今年はちゃんとする」。

「ちゃんとする」とは具体的にどうするのかと問いただしたところ、オサルの答えは以下のとおり。


1 今年度は、授業は寝ないで聴く


2 今年度は、試験前には勉強する

3 今年度は、試験範囲を確認する

以上3点を今年度はちゃんとするから、大丈夫なんだそうです。

えーっと・・・(-゛-メ)

息子の好きなことを尊重して、伸び伸びと育てましたら、このようなお子さんに育ちました。どうしたらよいでしょうか(号泣)

昨年度留年だと騒いでいたときは、それなりに、「3年次はロボット活動を抑えて、勉強に集中する」と言っていたオサルですが、その後喉元過ぎれば何とやら、だいぶ言うことの風向きが変わってきました。
ロボカップジュニアの活動を続けたいと言い出し、さらに、ロボカップジュニアの活動を通して全国(海外も、か)に大事な仲間ができたらしく、オサルは定期的に広島と大阪と北九州の大会に行きたがるようになりました。
もしかしたら、道楽、さんみたいに、「日本全国どこの大会にも、何故か居る人」になりつつあるのかもしれない。

行きたいなら行っていいんだよ。
やるべきことをちゃんとやってくれればね( ̄ー ̄)ニヤリ



この1年も、なかなかしんどそうな予感がしますヽ(´▽`)/説教ガンバルゾー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年4月23日 (土)

RCJジャパンオープン(愛知工大)

3/26-27日、ロボカップジュニア(RCJ)ジャパンオープンが愛知工大八草キャンパスで開催されました。
オサルのハハは、1日めのみ観戦してきました。

P1100347

結果は、「11位」という微妙な順位でした。
まあ・・・何回もラインアウトしてたら、勝てないよねオサルくん。

言い訳としては、会場が体育館やホールなどではなく、普通の大学教室を出たところにある踊り場みたいな場所であったこと。
太い柱ありエレベーターありで、それらが結構ロボットの動きに影響を与えるらしいのです(磁場とかいう。オサルのハハにはよくわからん。エレベーターは試合中はずっと停止されていて、試合と試合の間の時間にオサルのハハがちょっと休憩に1階のカフェに行こうとすれば5回分の階段の上り下りが発生するという、なかなか健康によい状態でしたよ(^-^;)

見ていて、特に太い柱の近くに設置されたBコートは、ラインアウトの確立が高いようにみえた。
だからと言って、それを負けた言い訳にはできませんな。魔物が住んでいたBコートでも、ちゃんと動いて勝ったチームがいるんだから。


もう一つのネタは、オサルが大会開催の前日準備日の調整中、コート調整にて指を負傷したこと。

P1100358

↑土曜日の朝はこんな状態でした。
スタッフの方、迅速なご対応とご連絡をありがとうございました。

コート練習中、オサルがコート上のボールに手を出したところ、ボールに反応し接近したマカオチームの機体で指を切ってしまったとのこと。
マカオチームの機体のある部分(説明されたけどオサルのハハにはわからず)がむき出しになっていて、車検を受けていれば指摘があったところでしょうが、前日の準備日だったため、機体チェックもないまま練習試合をしていたようで。
今後、安全性についてはまたルールの変更があるのでしょう。

よかったことは、オサルが、これをきっかけにマカオチームメンバーと仲良くなったこと。オサルのツイッターによると、
「(オサルの怪我の後)メンバーの一人が僕にずっと付き添って、ごめんなさいを言ってくれてます。(中略)彼らに悪意がないことは確かです。問題があったとすれば、単なる能力不足です」
と、いうことで、カタコトの英語で随分話をしたようで、仲良くなり、今でも時々連絡を取り合い情報交換をしているようです。

P1100375

↑傷は5針縫ったそうですが、問題なく治りました。画像は、抜糸後の状態のもの。

オサルが小さい頃、カッターでペットボトルを切ろうとして自分の足を一緒にサックリやった傷跡がまだオサルの足に残っていますが、今回また新たな傷跡を作成してしまいました(^-^;
今後ロボカップジュニアの審判をすることもあるでしょうが、オサルは今後必ず手袋をすると言っています。

さて最後に、今回大会のオサル機への感想。


あの支出の結果の11位は誠に遺憾であります

今後の予算折衝は、さらに慎重に進めさせて頂きます   財務省より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«進級報告と、ロボカップジャパンオープン進捗